テーマ:東京

植樹以来 最高の花付き 小金井・緑小の紅フジが最盛期  (東京新聞2013年4月27日 東京)

【東京】 植樹以来 最高の花付き 小金井・緑小の紅フジが最盛期 東京新聞2013年4月27日 http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokyo/20130427/CK2013042702000109.html 校舎の壁面に広がった紅フジのカーテン。ベランダで手を振るのは杉山利男さん=小…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

城主の生活の場跡 一部復元して公開 秀吉の攻撃で焼失の八王子城 (東京新聞2013年4月21日)

【東京】 城主の生活の場跡 一部復元して公開 秀吉の攻撃で焼失の八王子城 東京新聞2013年4月21日 床部分が復元された会所跡などを見学する人たち=八王子市の八王子城跡で  八王子市教育委員会は、国史跡の八王子城跡(元八王子町三)で、城主北条氏照の政治や生活の場だった御主殿跡を一部復元し、無料公開して…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

独建築家手掛けた 100年前の洋館復元 江戸東京たてもの園 (東京新聞2013年4月18日 小金井)

【東京】 独建築家手掛けた 100年前の洋館復元 江戸東京たてもの園 東京新聞2013年4月18日 一般公開されるデ・ラランデ邸=小金井市の江戸東京たてもの園で  十九世紀末にドイツで流行した青春様式を今に伝える西洋式住宅「デ・ラランデ邸」が小金井市桜町三の「江戸東京たてもの園」で復元され、二十日から一般…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【新刊紹介 】「むかしまち地名事典」森まゆみ著(大和書房 1680円)

新刊紹介 「むかしまち地名事典」森まゆみ著(大和書房 1680円) 東京新聞2013年4月13日 「むかしまち地名事典」森まゆみ著(大和書房 1680円) むかしまち地名事典大和書房 森 まゆみ Amazonアソシエイト by むかしまち地名事典 [ 森まゆみ ]楽天ブックス 森まゆみ 大…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

将軍家ゆかりの「おとめ山」再生 新宿できょう開園 (東京新聞2013年4月13日 東京)

【東京】 将軍家ゆかりの「おとめ山」再生 新宿できょう開園 東京新聞2013年4月13日 斜面地を復元した拡張区域。湧水が流れる音に包まれている=新宿区で  江戸時代、将軍家の狩猟地だった「御留(おとめ)山」と呼ばれた新宿区下落合の区立おとめ山公園が、拡大する。かつての斜面地を復活させ、湧水を生かして谷間を再生。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

淡い緑色の桜 御衣黄(ぎょいこう)見ごろ (東京新聞2013年4月10日 東京)

【東京】 淡い緑色の桜 御衣黄(ぎょいこう)見ごろ 東京新聞2013年4月10日 見ごろを迎えている雷公園の御衣黄=江戸川区で(区提供)  江戸川区の雷(いかずち)公園(東葛西九)と、北区の飛鳥山公園(王子一)で、淡い緑色の花を咲かせる珍しい八重桜「御衣黄(ぎょいこう)」が見ごろを迎え、訪れる人たちの目…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

神輿の担ぎ方教えます 神田学会 「祭入門」など勉強会 (東京新聞2013年4月6日)

【東京】 神輿の担ぎ方教えます 神田学会 「祭入門」など勉強会 東京新聞2013年4月6日 4年ぶりの神田祭を前に、「ワテラス」に展示される地元の淡路町二丁目町会神輿(2007年5月13日撮影)  千代田区神田の新旧住民をつなぐイベントの一環として地元を学ぶ勉強会「神田学会」が十九、二十の両日、「神田祭…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

川から眺めるスカイツリー (東京新聞2013年4月2日 東京)

【東京】 川から眺めるスカイツリー 東京新聞2013年4月2日 遊覧船が到着して開かれたオープニングセレモニー=墨田区で  川から眺めるスカイツリーはいかが? 東京スカイツリーの足元につくられたおしなり公園船着き場が一日、一般開放された。観光客誘致のため、墨田区がつくった。北十間川周辺を巡る観光船の乗客…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

街盛り上げ 「新富の日」 飲食店など15店サービス (東京新聞2013年4月2日 東京)

街盛り上げ 「新富の日」 飲食店など15店サービス 東京新聞2013年4月2日 「『新富の日』を機に新富町を訪れてほしい」と呼びかける長谷川聡子さん(左)と夫の豊弥さん=中央区で  中央区の新富町周辺のレストランやギャラリー十五店舗は語呂合わせで、四月十三日を「新富の日」と名付け、この日を中心にイベントを開く…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

常磐橋 再び歩けるように 国史跡 変形進み大規模修復 (東京新聞2013年3月27日 東京)

【東京】 常磐橋 再び歩けるように 国史跡 変形進み大規模修復 東京新聞2013年3月27日 安全のため、鉄の枠組みなどの設置工事が行われている国史跡の「常磐橋」。  日本橋川に架かり、架橋から百三十年以上たつ国史跡「常磐橋」(千代田区大手町二)の傷みが激しく、東日本大震災で橋の変形も進んだことから、千…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「文学散歩」が人気 明治~昭和 作家の旧居跡残る田端 (東京新聞2013年3月26日)

【東京】 「文学散歩」が人気 明治~昭和 作家の旧居跡残る田端 東京新聞2013年3月26日   住宅街の中にある芥川龍之介旧居跡の看板を見て回る団体客=北区田端で  芥川龍之介に菊池寛、室生犀星、サトウハチロー…。北区田端かいわいを歩いて回る「文学散歩」が人気だ。明治から昭和にかけて活躍した作家や芸…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

“夫婦梅”とお別れ 青梅の吉川英治記念館 ウイルス感染で伐採 (東京新聞2013年3月26日)

【東京】 “夫婦梅”とお別れ 青梅の吉川英治記念館 ウイルス感染で伐採 東京新聞2013年3月26日   吉川英治記念館の庭で伐採される夫婦梅=青梅市で  大衆文学の巨匠、吉川英治が、夫婦(めおと)に見立てて歌に詠んだ青梅市の旧宅(現・吉川英治記念館)の紅梅と白梅が二十五日、植物ウイルス感染のため伐採…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

世田谷で暮らした斎藤茂吉 代田川の歌 歌碑建つ (東京新聞2013年3月23日 世田谷)

【東京】 世田谷で暮らした斎藤茂吉 代田川の歌 歌碑建つ 東京新聞2013年3月23日 写真は、北沢川緑道に斎藤茂吉の歌碑を建てた伊藤さん(右)と林さん=世田谷区で  歌人斎藤茂吉(1882~1953年)が、65歳から3年間過ごした世田谷区代田。近くを流れる北沢川緑道に、住民らの寄付で茂吉の歌碑が完成し…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

浮世絵や版画 描かれた杉並 区立郷土博物館 (東京新聞2013年3月24日 東京)

【東京】 浮世絵や版画 描かれた杉並 区立郷土博物館 東京新聞2013年3月24日 二代目歌川広重の浮世絵「江戸名所堀の内妙法寺祖師詣」  杉並区立郷土博物館(大宮一)で、区内の風景が描かれた浮世絵や版画などを展示する収蔵資料展「描かれた杉並」が開催されている。  江戸時代の杉並では浅草寺と並び称…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

巨大絵馬の迫力に圧倒 浅草寺で「寺宝展」 (東京新聞2013年3月22日 東京)

【東京】 巨大絵馬の迫力に圧倒 浅草寺で「寺宝展」 東京新聞2013年3月22日 浅草寺の「大絵馬寺宝展」に展示された巨大な絵に見入る来場者ら=台東区で  台東区の浅草寺で二十一日、江戸時代などに奉納された「大絵馬」をはじめ約六十点を展示した「大絵馬寺宝展」が始まった。通常は公開されていない伝法院庭園も…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ツリーと浅草結ぶアートライン完成 芸大生ら観光モニュメント設置 (東京新聞2013年3月20日)

【東京】 ツリーと浅草結ぶアートライン完成 芸大生ら観光モニュメント設置 東京新聞2013年3月20日 スカイツリーが逆立ちしたような形の「ゆらぎツリー」  東京スカイツリー(墨田区)と浅草(台東区)をアートでつなごうと、東京芸術大と両区は三年がかりで、散策道「GTS観光アートライン」を完成させた。  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

きらびやかに金龍の舞奉納 浅草寺 (東京新聞2013年3月19日 東京)

【東京】 きらびやかに金龍の舞奉納 浅草寺 東京新聞2013年3月19日 金龍の舞を奉納した後、浅草寺の境内を練り歩く龍=台東区で  台東区の浅草寺で十八日、勇壮で華麗な「金龍(りゅう)の舞」が奉納された。飛鳥時代の六二八年三月十八日、隅田川から本尊の観音様が現れた縁起にちなむ「本尊示現会(じげんえ)」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

浅草を一巡 神輿行列 示現会で「堂下げ」 (東京新聞2013年3月18日 浅草)

【東京】 浅草を一巡 神輿行列 示現会で「堂下げ」 東京新聞2013年3月18日 本堂から堂下げされた後に仲見世を練り歩く神輿=台東区で  浅草神社(台東区)の三基の宮神輿(みこし)に御霊を入れ、隣の浅草寺本堂に一晩安置する「浅草寺本尊示現会(じげんえ)」二日目の十七日、宮神輿が本堂を出る「堂下げ」が行…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

神輿3基 浅草寺に 浅草神社から「堂上げ」 (東京新聞2013年3月17日 浅草)

【東京】 神輿3基 浅草寺に 浅草神社から「堂上げ」 東京新聞2013年3月17日 浅草寺本尊示現会で、本堂に上げられる一之宮の神輿=台東区で  台東区の浅草神社の宮神輿(みこし)三基を、隣接する浅草寺の本堂に移す「堂上げ」が十六日行われた。寺の起源にかかわった三人の御霊を入れた三基の宮神輿が寺の本堂の階段を上…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

昭和の面影継ぐ 浅草の老舗鰻店「小柳」改築へ (東京新聞2013年3月9日 夕刊)

【社会】 昭和の面影継ぐ 浅草の老舗鰻店「小柳」改築へ 東京新聞2013年3月9日 夕刊 長年親しんだ店の改築を惜しみ、常連客が店内で記念に写した女将の写真(昨年12月)  風情ある昭和の和風店舗がまた一つ消える。NHK連続テレビ小説「こころ」の舞台にもなった東京都台東区浅草の老舗鰻(うなぎ)店「小柳」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福生神明社の梅の木 見ごろに (東京新聞2013年3月6日)

【東京】 福生神明社の梅の木 見ごろに 東京新聞2013年3月6日 春を思わせる陽気の中、見ごろを迎えつつある福生神明社のしだれ梅=福生市で  福生市の福生神明(しんめい)社の梅の木が、まもなく見ごろを迎える。九日と十日、十六日と十七日の土日にそれぞれ梅まつりを開く。  しだれ梅のほか、白梅と紅梅の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

卵から4カ月 サケ稚魚放流  荒川区立第二日暮里小で (東京新聞2013年3月6日 東京)

【東京】 卵から4カ月 サケ稚魚放流 東京新聞2013年3月6日 体長4~5センチに育った稚魚=荒川区立第二日暮里小で  サケを卵から育ててきた荒川区立第二日暮里小(東日暮里五)と尾久宮前小(西尾久一)は五日、稚魚を生まれ故郷の山形県鮭川村に返す「お別れ会」を開いた。児童らは、四カ月近く一緒に過ごしたサ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シネマの灯、もう一度 先月閉館した「三軒茶屋中央劇場」 (東京新聞2013年3月5日 夕刊)

【社会】 シネマの灯、もう一度 先月閉館した「三軒茶屋中央劇場」 東京新聞2013年3月5日 夕刊 劇場の存続を願い署名集めをする青木潔子さん=東京都世田谷区三軒茶屋で(石井裕之撮影)  東京都世田谷区の三軒茶屋駅前で、六十年にわたり営業を続けてきた映画館「三軒茶屋中央劇場」が、先月十四日に閉館した…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

1955年創刊「銀座百点」700号 タウン誌先駆け (東京新聞2013年3月5日 夕刊)

【社会】 1955年創刊「銀座百点」700号 タウン誌先駆け 東京新聞2013年3月5日 夕刊 700号を迎える冊子「銀座百点」。左手前の創刊号から反時計回りに100号ごとの記念号  銀座を訪れる買い物客らに親しまれる月刊タウン誌「銀座百点」が三月で七百号に達した。店頭での無料配布だが、執筆陣には著名な作…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

銀座で見つけた古いもの 明治7年設置ガス灯や京橋の親柱等 (週刊ポスト2013年3月8日号)

銀座で見つけた古いもの 明治7年設置ガス灯や京橋の親柱等 NEWSポストセブン2013.03.04 07:00 【明治7年に設置された銀座のガス灯】  普段は見慣れないマンホール、壁、石碑……。古地図を手に東京の街をぶらり歩くと、意外なものが目にとまる。特に銀座エリアでは、戦火を免れた通りに文化発信の情緒も見て取…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

紅白ウメの花見ごろ 世田谷・羽根木公園 (東京新聞2013年3月3日 東京)

【東京】 紅白ウメの花見ごろ 世田谷・羽根木公園 東京新聞2013年3月3日 ほのかな香りを漂わせ、見ごろを迎えたウメ=世田谷区の羽根木公園で  世田谷区の羽根木公園で、紅白のウメの花が見ごろを迎えた。二日も多くの散策者でにぎわい、春の訪れを告げていた。  約六十種、計六百五十本と、都内有数の梅林…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山本有三記念館が展示場 きょうから企画展「三鷹の家のものがたり」 (東京新聞2013年3月2日)

【東京】 山本有三記念館が展示場 きょうから企画展「三鷹の家のものがたり」 東京新聞2013年3月2日 大正ロマンを感じさせる三鷹市山本有三記念館。企画展でその魅力を伝える=三鷹市で  作家山本有三(一八八七~一九七四年)が小説「路傍の石」などを執筆し、今は文学館として一般公開されている西洋建築風の「三…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more