テーマ:江戸東京 町歩き

【江戸東京 町歩き】 世田谷区とは思えない <三軒茶屋> (日刊ゲンダイ2013年7月18日)

【江戸東京 町歩き】 世田谷区とは思えない<三軒茶屋> 【話題】 日刊ゲンダイ2013年7月18日 掲載 http://gendai.net/articles/view/kenko/143501  大阪人なので“三茶”には疎かったのだが、オモロイ店がありそうと思ったのは、数年前。 「三和会アーケード街」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【江戸東京 町歩き】 そこにあるのは、愛 <歌舞伎町1丁目> (日刊ゲンダイ2013年6月26日)

【江戸東京 町歩き】 そこにあるのは、愛<歌舞伎町1丁目> 【話題】 日刊ゲンダイ2013年6月26日 掲載 http://gendai.net/articles/view/kenko/143117  なぜ、歌舞伎町ではなく「1丁目」と限定したのか? それは、そこにあるゴールデン街(G街)を愛しているからだ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【江戸東京 町歩き】 ネパールから下町へ<新大久保・百人町> (日刊ゲンダイ2013年6月19日)

【江戸東京 町歩き】 ネパールから下町へ<新大久保・百人町> 【話題】 日刊ゲンダイ2013年6月19日 掲載 http://gendai.net/articles/view/kenko/143003  最初はネパール料理を食べるのが目的だった。駅を出て「百人町文化通り」にはいってすぐのところにある「モモ」。“…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【江戸東京 町歩き】 宮崎映画の草原にいる感じ<仙川> (日刊ゲンダイ2013年6月12日)

【江戸東京 町歩き】 宮崎映画の草原にいる感じ<仙川> 【話題】 日刊ゲンダイ2013年6月12日 掲載 http://gendai.net/articles/view/kenko/142869  川沿いの道を歩くのは、なんて気持ちいいのだろう。葉の緑色が濃くなる今の季節は、なおのこと。東京都内に川はいくつもあ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【江戸東京 町歩き】 「あっ、ここは確か!」<池上>

【江戸東京 町歩き】 「あっ、ここは確か!」<池上> 【話題】 日刊ゲンダイ2013年6月5日 掲載  前々回、戸越銀座で大興奮の散歩をして以来、東急池上線の沿線に俄然興味がわいてきた。「古い電車のドアのそば 2人は黙って立っていた~」と、かつて大ヒットした西島三重子の歌「池上線」を頭の中でハミングしながら、池上…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【江戸東京 町歩き】 模型と古本と映画、そして…<代々木八幡>

【江戸東京 町歩き】 模型と古本と映画、そして…<代々木八幡> 【話題】 日刊ゲンダイ2013年5月29日 掲載 「なんか、すごそうな店を見つけた」  弊紙カメラマンから興奮した声で電話がかかってきた。代々木八幡駅周辺を歩いていたところ、大量のプラモデルで店内が埋め尽くされた店が目に留まったという。それは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【江戸東京 町歩き】 二大不思議がある <戸越銀座>

【江戸東京 町歩き】 二大不思議がある<戸越銀座> 【話題】 日刊ゲンダイ2013年5月22日 掲載 「戸越銀座には二大不思議があるんだよね」と、戸越銀座で生まれ育ったIさん(63)。その二大不思議を見に、東京一長いといわれる戸越銀座商店街を共に歩いた。  駅を背中にして左の方向へ。Iさんによれば、「パチ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【江戸東京 町歩き】 街角で見かけた家族ドラマ <神保町>

【江戸東京 町歩き】 街角で見かけた家族ドラマ<神保町> 【話題】 日刊ゲンダイ2013年5月15日 掲載 「古本とカレーの町」で知られる神保町だが、あえて古本とカレーを省いて歩いてみた。江戸時代は一帯、武家屋敷だった白山通り沿いを。  数年前、神保町の白山通りをぶらぶらしていて、見つけたのがイタリア料理…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【江戸東京 町歩き】 濡れて艶めかしく <渋谷・桜丘町>

【江戸東京 町歩き】 濡れて艶めかしく<渋谷・桜丘町> 【話題】 日刊ゲンダイ2013年5月8日 掲載  渋谷駅南口の歩道橋を渡って国道246号を越えた辺りが、桜丘町だ。渋谷で食事などをするなら、松涛・神山町方面か、この桜丘町方面と決めている。なぜなら、“子供”が比較的少ないように思うから。 「さくら坂」…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

【江戸東京 町歩き】 君は自由そうでエエのう<山下> (日刊ゲンダイ2013年5月1日)

【江戸東京 町歩き】 君は自由そうでエエのう<山下> 【話題】 日刊ゲンダイ2013年5月1日 掲載  世田谷線・山下駅近くには、招き猫発祥の地といわれる豪徳寺がある。  井伊直孝が猫によって寺の門内に招き入れられ、落雷を逃れることができて大層喜んだ――という説があるらしい。  豪徳寺の中には招き…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【江戸東京 町歩き】 人の気配を感じる<祖師ヶ谷大蔵> (日刊ゲンダイ2013年4月24日)

【江戸東京 町歩き】 人の気配を感じる<祖師ヶ谷大蔵> 【話題】 日刊ゲンダイ2013年4月24日 掲載  ワインとビールの専門店を、世田谷の「祖師谷商店街」をゆっくり15分ほど歩いたところで発見! 「もとは50年くらいやっている普通の酒屋だったんです。父が他界し、家を改築する時に、好きなイタリアワイン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【江戸東京 町歩き】 お墓の向こうに高層ビル<六本木3丁目> (日刊ゲンダイ2013年4月17日 )

【江戸東京 町歩き】 お墓の向こうに高層ビル<六本木3丁目> 【話題】 日刊ゲンダイ2013年4月17日 掲載 http://gendai.net/articles/view/kenko/141988 「夜は六本木にはあんまり行きたくないんですよ。酔っぱらった客が多くて、怖くてね……」と、昔、乗ったタクシーの運…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【江戸東京 町歩き】 美人が集う焼き肉店<立石> (日刊ゲンダイ2013年4月10日)

【江戸東京 町歩き】 美人が集う焼き肉店<立石> 【話題】 日刊ゲンダイ2013年4月10日 掲載  新宿ゴールデン街のとある店のマスター、ママさん、そして常連客たちと、何度か訪れているのが立石。目当ては、焼き肉だ。 「ウチの妹の友達は美人ぞろい」と話すK・Hさんのご実家が営む「プルコギ」で、昼からビ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【江戸東京 町歩き】 男ならハマってしまう<恵比寿> (日刊ゲンダイ2013年4月3日)

【江戸東京 町歩き】 男ならハマってしまう<恵比寿> 【話題】 日刊ゲンダイ2013年4月3日 掲載  八百屋や魚屋などがゴチャゴチャ入る「えびすストア」の一角に、つい最近オープンした「恵比寿時計修理工房」。 「食材を運ぶ会社に入ったんですが、時計販売の部門に配属になり20年。勤めていた会社が解散したんで、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【江戸東京 町歩き】 「同期の桜」を思い出して<千鳥ケ淵> (日刊ゲンダイ2013年3月28日)

【江戸東京 町歩き】 「同期の桜」を思い出して<千鳥ケ淵> 【話題】 日刊ゲンダイ2013年3月28日 掲載  今年の桜は急ぎすぎているような気がする。1日早く咲けば、散るのも1日早まるだけだ。  70年前にも同じ気持ちの人たちがいた。 「貴様と俺とは同期の桜 同じ兵学校の庭に咲く 咲いた花なら散るのは覚悟 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【江戸東京 町歩き】見て、触って、動かして<渋谷 道玄坂> (日刊ゲンダイ2013年3月27日 )

【江戸東京 町歩き】 見て、触って、動かして<渋谷 道玄坂> 【話題】 日刊ゲンダイ2013年3月27日 掲載  バイブレーター300本以上!  カウンターの上にも、奥の壁にも、形や大きさがさまざまな色とりどりのバイブがずら~り。一緒に行った美女F果さんは、「きれい! かわいい!」と叫んでいた。渋谷から徒歩1分…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【江戸東京 町歩き】 中村主水もいたかな<八丁堀> (日刊ゲンダイ2013年3月21日)

【江戸東京 町歩き】 中村主水もいたかな<八丁堀> 【話題】 日刊ゲンダイ2013年3月21日 掲載 〈中村の旦那、勘弁してくださいよ〉  八丁堀といえば、与力・同心の町である。  無論、中村主水はいなかったが、江戸時代に与力で300~500坪、同心でも100坪の屋敷地が与えられていた。現在の八…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【江戸東京 町歩き】 誰が呼んだか、泪橋<立会川> (日刊ゲンダイ2013年3月14日)

【江戸東京 町歩き】 誰が呼んだか、泪橋<立会川> 【話題】 日刊ゲンダイ2013年3月14日 掲載  誰が呼んだか、泪橋。京浜急行「立会川駅」近くに、10メートルほどの舗装された橋がある。  気付かずに通り過ぎるところだったが、江戸時代、この先には鈴ケ森刑場があり、立会川に架かるこの橋で罪人と家…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【江戸東京 町歩き】 美人奥さんのワンタンと梅を愛でに<蒲田> (日刊ゲンダイ2013年3月13日)

【江戸東京 町歩き】 美人奥さんのワンタンと梅を愛でに<蒲田> 【話題】 日刊ゲンダイ2013年3月13日 掲載  蒲田には取材でよく来る。いつも通る「御成橋通り」は、何もないと言っては失礼だが、普通の住宅街の中の道。定食屋などポツポツあるものの、あえて、わざわざ来るところではないように、普通は思うだろう。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【江戸東京 町歩き】 清楚な娘を探して<品川シーサイド> (日刊ゲンダイ2013年3月7日)

【江戸東京 町歩き】 清楚な娘を探して<品川シーサイド> 【話題】 日刊ゲンダイ2013年3月7日 掲載  おじさんでも、晴れた日の休日に「イパネマの娘」を聴くのが好きだ。  アントニオ・カルロス・ジョビン作曲のボサノバの名曲だが、この曲が出来上がったエピソードを知って余計に好きになった。  ジ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【江戸東京 町歩き】建物は生活してこそ『生きる』<阿佐ケ谷> (日刊ゲンダイ2013年3月6日)

【江戸東京 町歩き】 建物は生活してこそ『生きる』<阿佐ケ谷> 【話題】 日刊ゲンダイ2013年3月6日 掲載  阿佐ケ谷住宅(阿佐ケ谷団地)は、“団地好きの聖地”ともいわれる団地。有名建築家の前川国男氏が設計し、三角屋根のテラスハウスが特徴だ。  最初に見たのは、写真で。どこか外国の建物か、または映画…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【江戸東京 町歩き】梅のシャワーを浴びる<小村井> (日刊ゲンダイ2013年2月28日)

【江戸東京 町歩き】 梅のシャワーを浴びる<小村井> 【話題】 日刊ゲンダイ2013年2月28日 掲載  墨田の春は梅からはじまる。東武亀戸線「小村井駅」は、小さな駅だ。  そこから明治通りを200メートルほど進み、右手に折れると、小村井香取神社がひっそりたたずむ。  その境内の「香梅園」は、知…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【江戸東京 町歩き】 いろんな欲を満たせた<東中野>  (日刊ゲンダイ2013年2月27日)

【江戸東京 町歩き】 いろんな欲を満たせた<東中野> 【話題】 日刊ゲンダイ2013年2月27日 掲載  東中野に行こう、と思った時から、「タンメンを食べよう」と決めていた。「十番」という昔ながらの中華料理屋があるのだが、そこのタンメンがお気に入りなのだ。  軟らかく、クタッとなっているゆえに甘さが引き…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【江戸東京 町歩き】  東京マラソンを歩いて応援<有明> (日刊ゲンダイ2013年2月21日)

【江戸東京 町歩き】 東京マラソンを歩いて応援<有明> 【話題】 日刊ゲンダイ2013年2月21日 掲載  普段は人けのない沿道をカラフルなウエアの女性が走り過ぎる。  答えは、簡単だ。24日の日曜日に開催される「東京マラソン」の下見なのである。どの顔も自分が完走することを信じて疑っていない。  ここ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【江戸東京 町歩き】 ママさんとオモニ<高田馬場> (日刊ゲンダイ2013年2月20日)

【江戸東京 町歩き】 ママさんとオモニ<高田馬場> 【話題】 日刊ゲンダイ2013年2月20日 掲載 「この通りはバーばっかりで、“親不孝通り”っていわれたくらいだったのに、今はほとんどなくなったわねぇ」と話すのは、「純喫茶プランタン」の色っぽくオシャレなママさん。  高田馬場の「さかえ通り」を歩くと、チェ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

江戸東京 町歩き…雨雪の中でも温かい<麻布十番>  (日刊ゲンダイ2013年2月14日)

【江戸東京 町歩き】 雨雪の中でも温かい<麻布十番> 【話題】 日刊ゲンダイ2013年2月14日 掲載  寒い。東京に大雪予報が流れた先週水曜日、温かい場所はどこかと電車の中で考えた。  浅草仲見世通りのアーケードなら雨風に強いし、お台場の大江戸温泉は確かに温かいだろうが、どれもしっくり来ない。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

江戸東京 町歩き…異空間を漂っている<江戸川橋> (日刊ゲンダイ2013年2月13日)

【江戸東京 町歩き】 異空間を漂っている<江戸川橋> 【話題】 日刊ゲンダイ2013年2月13日 掲載 「なんてったって、アーイドール!」と、キョンキョンの歌が流れてきた。江戸川橋の地蔵通り商店街だ。  時刻は11時半。年季の入った店構えにひかれて「中華・洋食 善の家」へ入った。カウンターとテーブル2卓の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

江戸東京 町歩き…元気になる水辺の散歩道<住吉>  (日刊ゲンダイ2013年2月7日)

【江戸東京 町歩き】 元気になる水辺の散歩道<住吉> 【話題】 日刊ゲンダイ2013年2月7日 掲載  日本人10人が犠牲となったアルジェリアの天然ガス施設には、ないものが2つあった。  安全と、そして子どもたちの笑い声だ。  駐在員のため、宿泊施設には娯楽スペースのほか、運動場まで用意されていたと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【江戸東京 町歩き】 犬好きがうじゃうじゃ<駒沢公園> (日刊ゲンダイ2013年2月6日)

【江戸東京 町歩き】 犬好きがうじゃうじゃ<駒沢公園> 【話題】 日刊ゲンダイ2013年2月6日 掲載  駒沢大学駅で降りたのは初めてだった。駒沢大学が近くなので、“女子大生がわんさかいる町”をイメージしていたが、歩いているのはサラリーマンか住民らしき人か工事関係者(工事が行われていたため)。受験の春休みで学生が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

江戸東京 町歩き…飯場のにぎわいと路地裏の静けさ<月島> (日刊ゲンダイ2013年1月31日)

【江戸東京 町歩き】 飯場のにぎわいと路地裏の静けさ<月島> 【話題】 日刊ゲンダイ2013年1月31日 掲載  月島はニュータウンである。明治25(1892)年に東京1号埋立地として誕生したばかり。以降、27年に2号地(勝どき)、29年に新佃島(佃2、3丁目)も埋め立てられ、ほぼ今の形になった。  明…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more