テーマ:茨城県

六角堂 再建の調べ 復元の端材で「コカリナ」 東京新聞2013年1月28日 夕刊

【社会】 六角堂 再建の調べ 復元の端材で「コカリナ」 東京新聞2013年1月28日 夕刊 六角堂の原木で作ったコカリナを演奏する黒坂さん(右)と矢口さん=茨城県北茨城市で  明治期の思想家・岡倉天心が設計し、東日本大震災の津波で流失した六角堂(茨城県北茨城市)を再建した茨城大が、復元に使った杉の端材を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

碑文から筑西再読 漢文の顕彰碑を現代語訳…水戸市の市民グループ「水府金石文研究所」

【茨城】 碑文から筑西再読 漢文の顕彰碑を現代語訳 東京新聞2012年10月31日 玉水嘉水の碑の前に立つ研究所のメンバーたち=筑西市で  水戸市の市民グループ「水府金石文研究所」は、筑西市内にある漢文体で刻まれた三十二基の碑文を現代語に訳した。大学の研究者の協力を得て冊子「碑文は語る 筑西市の歴史」にま…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more