テーマ:書籍・書評

「山の仕事、山の暮らし」高桑信一著(山と渓谷社 998円)

「山の仕事、山の暮らし」高桑信一著(山と渓谷社 998円) 【書籍・書評】 日刊ゲンダイ2013年4月9日 掲載 <ゼンマイ採り、シカ撃ちの暮らし>  山に生きる人々を追ったルポルタージュ。  会津と越後の国境の深い谷々に点在するゼンマイ小屋。ゼンマイ採りたちは、春先の1カ月間、小屋を拠点…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「I LOVE TRAIN アジア・レイル・ライフ」米屋こうじ著(ころから 2310円)

「I LOVE TRAIN アジア・レイル・ライフ」米屋こうじ著(ころから 2310円) 【書籍・書評】 日刊ゲンダイ2013年4月4日 掲載 <人の暮らしと近いアジアの鉄道>  アジア各国の鉄道風景を撮影した写真集。  表紙にもなっている、走る列車の乗降口に腰かけ、並走する列車から著者が構えるカメラに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「SLUM 世界のスラム街探訪」小神野真弘 (彩図社 1890円)

「SLUM 世界のスラム街探訪」小神野真弘 (彩図社 1890円) . 【書籍・書評】 日刊ゲンダイ2013年3月21日 掲載  世界有数の経済大国になったインドの中でもムンバイは、国際的金融機関や多国籍企業の拠点が集結する「インディアンドリーム」の舞台として発展を続けている。その一等地に広がるのが「ダーラーヴィ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「消えたなでしこ 十津川警部シリーズ」西村京太郎著(文藝春秋 860円)

「消えたなでしこ  十津川警部シリーズ」西村京太郎著(文藝春秋 860円) 【書籍・書評】 日刊ゲンダイ2013年3月19日 掲載 <人気シリーズ最新刊>  岡山県人会の催しに招かれた女子サッカーの後藤由紀選手が会場から何者かに連れ去られる。由紀は、なでしこジャパンのゴールキーパーを務めているが大会社の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「県民性マンガうちのトコでは 3」もぐら著(飛鳥新社 1260円)

「県民性マンガうちのトコでは3」もぐら著(飛鳥新社 1260円) 【書籍・書評】 日刊ゲンダイ2013年3月19日 掲載 <愛知が鹿児島のみそを食べて「甘い!」>  過去の因習にこだわらず開放的な「北海道」、人見知りで照れ屋の「青森」、いつも過労死寸前の「東京」、日本でいちばん空気が読める「京都」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「猫はときどき旅に出る」高橋三千綱著(集英社 1785円)

「猫はときどき旅に出る」高橋三千綱著(集英社 1785円) 【書籍・書評】 東京新聞2013年3月15日 掲載 <発表から11年かけて完成した円熟の作品>  楠三十郎は作家。物書きの父を持ち、10代の終わりから22歳までサンフランシスコに住む。  日本に帰ってきてから作家としてデビュー、ほ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「大人気!ご当地料理大図鑑 関東甲信越編」全国地方料理研究会編(平凡社 1260円)

「大人気!ご当地料理大図鑑 関東甲信越編」全国地方料理研究会編(平凡社 1260円) 【書籍・書評】 東京新聞2013年3月11日 掲載 <次にブレークするB級グルメはコレだ!>  B級グルメを利用した町おこしイベントが盛んになっている。地元に住んでいても意外と知らない料理があって楽しく、高級料理とは違い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ローカル線で行こう!」真保裕一著 (講談社 1575円)

「ローカル線で行こう!」真保裕一著 (講談社 1575円) . 【書籍・書評】 日刊ゲンダイ2013年3月12日 掲載 <赤字脱却も夢ではない、と思った矢先に、駅舎が火事に…>  年間赤字2億円を超える宮城県のローカル線・もりはら鉄道。社内はやる気のない沈滞ムードが漂い、県庁から出向している副社長の鵜沢…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more