テーマ:吉田類 大衆酒場100選

【吉田類 大衆酒場100選】 新橋でオール300円。飲んべえ天国の10傑の意気と空気に酔いしれて…

【吉田類 大衆酒場100選】 新橋でオール300円。飲んべえ天国の10傑の意気と空気に酔いしれて… 【食・レジャー】 日刊ゲンダイ2013年7月4日 掲載 http://gendai.net/articles/view/syoku/143262 <大露路 新橋>  サラリーマンの聖地、新橋は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【吉田類 大衆酒場100選】 静謐に、冗舌に…極上焼き鳥を味わいつくす  <鳥しづ 神楽坂>

【吉田類 大衆酒場100選】 静謐に、冗舌に…極上焼き鳥を味わいつくす 【食・レジャー】 日刊ゲンダイ2013年6月27日 掲載 http://gendai.net/articles/view/syoku/143139 <鳥しづ 神楽坂>  神楽坂は、観光客で賑わう本多横丁から路地に一本入ると、ひっそり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【吉田類 大衆酒場100選】 全品320円ながら味は割烹並み、秘密を探ると…  <しげきん 新小岩>

【吉田類 大衆酒場100選】 全品320円ながら味は割烹並み、秘密を探ると… 【食・レジャー】 日刊ゲンダイ2013年6月20日 掲載 http://gendai.net/articles/view/syoku/143026 <しげきん 新小岩>  新小岩駅は南口を出て、一番通りの1本目の路地を左へ曲が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【吉田類 大衆酒場100選】 路地裏で半世紀、郷愁酒場の灯は優しく…  <焼鳥かとりや 溝の口>

【吉田類 大衆酒場100選】 路地裏で半世紀、郷愁酒場の灯は優しく… 【食・レジャー】 日刊ゲンダイ2013年6月13日 掲載 http://gendai.net/articles/view/syoku/142899 <焼鳥かとりや 溝の口>  田園都市線と南武線の交錯するベッドタウンにも、再開発の波が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【吉田類 大衆酒場100選】 老舗の飲んべえ天国は地下にある  <居酒屋 鼎 新宿三丁目>

【吉田類 大衆酒場100選】 老舗の飲んべえ天国は地下にある 【食・レジャー】 日刊ゲンダイ2013年5月30日 掲載 <居酒屋 鼎 新宿三丁目>  再開発の進む歌舞伎町と同様、新宿三丁目もその貌(かお)を変えていく。久々に足を向ければ、末広亭を中心に雑然と広がる街に、オープンエアのテラス席でワインを飲む…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【吉田類 大衆酒場100選】対面型の名物カウンターで飲んべえがほほ笑み合う 市民酒蔵 諸星 新子安 

【吉田類 大衆酒場100選】 対面型の名物カウンターで飲んべえがほほ笑み合う 【食・レジャー】 日刊ゲンダイ2013年6月6日 掲載 <市民酒蔵 諸星 新子安>  一見客のほとんどが、暖簾をくぐった瞬間、目を丸くするという。何にといえば、一直線にのびる木製カウンターだ。入り口から約7メートルもある。幅40…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【吉田類 大衆酒場100選】 下町に暖簾を掲げて百余年の貫禄と味わい  <山城屋酒場 南砂>

【吉田類 大衆酒場100選】 下町に暖簾を掲げて百余年の貫禄と味わい 【食・レジャー】 日刊ゲンダイ2013年5月23日 掲載 <山城屋酒場 南砂>  東京の大衆酒場の元祖ではないか。創業は明治30(1897)年。両国の川開きに見物人が殺到し、両国橋の欄干が崩れて多数の死傷者が出た年である。  暖…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

【吉田類 大衆酒場100選】 中高年男のロマン煌めく俳人バー  <銀漢亭 神保町>

【吉田類 大衆酒場100選】 中高年男のロマン煌めく俳人バー 【食・レジャー】 日刊ゲンダイ2013年5月16日 掲載 http://gendai.net/articles/view/syoku/142393 <銀漢亭 神保町>  文壇バーならぬ、俳人バーである。神保町の交差点から白山通りをJR水道橋駅…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【吉田類 大衆酒場100選】古くて新しい、飲んべえたちの憩いの場 (日刊ゲンダイ2013年5月9日)

【吉田類 大衆酒場100選】 古くて新しい、飲んべえたちの憩いの場 【食・レジャー】 日刊ゲンダイ2013年5月9日 掲載 http://gendai.net/articles/view/syoku/142281# <たちのみや 喜平 池袋>  池袋駅東口からグリーン大通りを直進し、東池袋の…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

【吉田類 大衆酒場100選】 元祖レモンサワーと「とんび豆腐」魅惑の二重奏よ永遠に

【吉田類 大衆酒場100選】 元祖レモンサワーと「とんび豆腐」魅惑の二重奏よ永遠に 【食・レジャー】 日刊ゲンダイ2013年4月25日 掲載 <もつやき ばん 祐天寺>  サワー発祥の店である。時をさかのぼること昭和は30年代、焼酎といえば梅割りが主流で、炭酸で割る飲み方もなくはなかったが、「炭酎(たん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【吉田類 大衆酒場100選】 街に寄り添い80年!秘伝ダレで食らう煮込みとやきとん <あべちゃん>

【吉田類 大衆酒場100選】 街に寄り添い80年!秘伝ダレで食らう煮込みとやきとん 【食・レジャー】 日刊ゲンダイ2013年4月11日 掲載 <あべちゃん 麻布十番>  飲んべえたちに名を馳せる酒場と聞いていたが、目に飛び込んできたのは意外な光景だった。地下鉄麻布十番駅4番出口を出て、十番大通りを100…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【吉田類 大衆酒場100選】 新鮮魚をたらふく、心ゆくまで堪能する  <魚河岸料理 初恋屋 田端>

【吉田類 大衆酒場100選】 新鮮魚をたらふく、心ゆくまで堪能する 【食・レジャー】 日刊ゲンダイ2013年4月4日 掲載 <魚河岸料理 初恋屋 田端>  飲んべえの春は宵の口だ。JR田端駅北口の駅ビルから吹き下ろすビル風に肩をすぼめ、どこも再開発だなとため息をついていたのが、嘘のように気分がいい。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【吉田類 大衆酒場100選】 売り切れ御免!極上もつ焼きにかぶりつく <三平 雑色>

【吉田類 大衆酒場100選】 売り切れ御免!極上もつ焼きにかぶりつく 【食・レジャー】 日刊ゲンダイ2013年3月28日 掲載 <三平 雑色>  京急線の雑色駅から歩いて10分ほど。商店街から外れ、見渡せば住宅や町工場ばかりである。酒場として恵まれた立地とは言い難いが、開店の14時を回った途端、今や遅しと飲…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

【吉田類 大衆酒場100選】 煮込み横丁の最古参の煮込みは格が違う <正ちゃん 浅草>

【吉田類 大衆酒場100選】 煮込み横丁の最古参の煮込みは格が違う 【食・レジャー】 日刊ゲンダイ2013年3月14日 掲載 <正ちゃん 浅草> 「一杯どうですか~」 「煮込みおいしいよ~」  そこかしこから威勢の良い声がかかり、うまそうな匂いが漂っている。ここ、浅草は伝法院の西側に走る通称…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【吉田類 大衆酒場100選】変わりゆく街で変わらぬ笑顔の女将に癒やされる  <三四郎 錦糸町>

【吉田類 大衆酒場100選】 変わりゆく街で変わらぬ笑顔の女将に癒やされる 【食・レジャー】 日刊ゲンダイ2013年3月21日 掲載 <三四郎 錦糸町>  東東京の有数の歓楽街である錦糸町。夜ともなれば、総武線、半蔵門線で千葉、埼玉へと帰るサラリーマンが降り立ち、酒や遊びを求めて、ネオンの海へと泳ぎだす…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【吉田類 大衆酒場100選】飲んべえの心を落ち着かせる季節料理と心意気 <和来路 茗荷谷>

【吉田類 大衆酒場100選】 飲んべえの心を落ち着かせる季節料理と心意気 【食・レジャー】 日刊ゲンダイ2013年3月7日 掲載 <和来路 茗荷谷>  茗荷谷といえば、学生街である。周辺にはお茶の水女子大に跡見学園女子、東洋大などが点在し、夕暮れの駅前に立つと、本やテニスラケットを抱えた学生たちが行き交…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

【吉田類 大衆酒場100選】 大人の街で、恋した彼女と再会したくなるハイボール

【吉田類 大衆酒場100選】 大人の街で、恋した彼女と再会したくなるハイボール 【食・レジャー】 日刊ゲンダイ2013年2月28日 掲載 <ロックフィッシュ 銀座>  銀座は7丁目、コリドー街にある雑居ビルの2階にその店はある。人呼んで、「ハイボールの名店」。バーでありながら、客のほとんどがハイボールを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【吉田類 大衆酒場100選】 安くて、うまい!サラリーマン御用達の河岸

【吉田類 大衆酒場100選】 安くて、うまい!サラリーマン御用達の河岸 【食・レジャー】 日刊ゲンダイ2013年2月21日 掲載 <味の笛 神田店>  カウンターを埋め尽くす刺し身に焼き魚、煮物といった肴を眺めていたら、自然と懐かしさが込み上げてきた。そう、幼少の頃、駄菓子屋で味わったあの瞬間。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

吉田類 大衆酒場100選…新鮮、絶品、極ウマ若鳥をしゃぶり尽くす  <鳥樹 旗の台> 

【吉田類 大衆酒場100選】 新鮮、絶品、極ウマ若鳥をしゃぶり尽くす 【食・レジャー】 日刊ゲンダイ2013年2月14日 掲載 <鳥樹 旗の台>  鳥料理の名店である。店は東急大井町線と池上線の交差する旗の台駅東口を出てすぐ。ケンタッキーの脇の路地を奥へと進めば、突き当たりに赤ちょうちんが見えてくる。暖…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

吉田類 大衆酒場100選…混沌の雑踏で嗤ってる。デジタル社会のレジスタンスたち

【吉田類 大衆酒場100選】 混沌の雑踏で嗤ってる。デジタル社会のレジスタンスたち 【食・レジャー】 日刊ゲンダイ2013年2月7日 掲載 <もつ焼 大統領 上野>  上野の良いところは、疲れた中高年男が疲れた風体のまんま、ひとりそぞろ歩けることだ。大きな買い物袋をいくつも提げてアメ横を闊歩(かっぽ)す…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

吉田類 大衆酒場100選…マグロ刺しと生ビールで480円!「千べろ酒場」の意気に酔う

【吉田類 大衆酒場100選】 マグロ刺しと生ビールで480円!「千べろ酒場」の意気に酔う 【食・レジャー】 日刊ゲンダイ2013年1月31日 掲載 <立ち飲みいこい 赤羽>  もともと全国の飲んべえたちに知られた酒場である。最近は1000円札1枚あれば満足できる「千べろ酒場」という呼称とともに知名度が一…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

吉田類 大衆酒場100選…東京三大煮込みの一角は酒も刺し身もうまい  大はし 北千住

【吉田類 大衆酒場100選】 東京三大煮込みの一角は酒も刺し身もうまい 【食・レジャー】 日刊ゲンダイ2013年1月24日 掲載 <大はし 北千住>  月島の岸田屋、森下の山利喜と並ぶ東京三大煮込みの一角である。だからというわけじゃないだろうが、店には開店前から行列ができ、夕方4時半の開店直前には20人…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

吉田類 大衆酒場100選…宿場町の囲炉裏端で、時の流れを止めてしまう  <炉ばた 大山>

【吉田類 大衆酒場100選】 宿場町の囲炉裏端で、時の流れを止めてしまう 【食・レジャー】 日刊ゲンダイ2013年1月17日 掲載 <炉ばた 大山>  東武東上線は大山駅を出て、ハッピーロード商店街を南へ。コンビニのある小さな十字路を左に折れると、そこだけ時計の針を止めてしまったような酒場がある。  …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

吉田類 大衆酒場100選…全国の希少地酒と手作り料理でつむぐ「左党の縁」 (日刊ゲンダイ)

【吉田類 大衆酒場100選】 全国の希少地酒と手作り料理でつむぐ「左党の縁」 【食・レジャー】 日刊ゲンダイ2013年1月10日 掲載 <酒縁川島 武蔵小山>  新年最初の酒はここで、と決めていた。ちょいと値は張るものの、厳選された日本酒とそれに合わせてやる手作りの肴が、とにかく最高なのだ。  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

吉田類 大衆酒場100選…人の流れに疲れた男たちをいつも優しく迎えてくれる  千登利 池袋

【吉田類 大衆酒場100選】 人の流れに疲れた男たちをいつも優しく迎えてくれる 【食・レジャー】 日刊ゲンダイ2012年12月27日 掲載 <千登利 池袋>  クリスマスが終わったと思ったら、今度は正月へ向けて、街は大わらわである。若い頃は、やれ忘年会だ、年忘れだと浮かれたものだが、そうした人の流れに、…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

吉田類 大衆酒場100選…冷たい世間の風もはねつける立ち飲みの名店 (日刊ゲンダイ)

【吉田類 大衆酒場100選】 冷たい世間の風もはねつける立ち飲みの名店 【食・レジャー】 日刊ゲンダイ2012年12月20日 掲載 <西口やきとん 浅草橋>  JR浅草橋駅は西口を出て、すぐの路地に入ると、うまそうな匂いが鼻腔をくすぐる。この界隈での知名度は言わずもがな、全国の飲んべえにその名がとどろく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日刊ゲンダイ 吉田類 大衆酒場100選…都会の片隅で男たちが羽を休めるオアシス

【吉田類 大衆酒場100選】 都会の片隅で男たちが羽を休めるオアシス 【食・レジャー】 日刊ゲンダイ2012年12月13日 掲載 <みたかや酒場 森下>  東京の下町、森下は3丁目界隈をそぞろ歩くと、住宅街の中に小さなビジネスホテルが点々としている。日雇いの仕事目当ての労働者と求人業者でにぎわった戦後の寄せ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

吉田類 大衆酒場100選…東京の「漁師小屋」で絶品肴に舌鼓を打つ

【吉田類 大衆酒場100選】 東京の「漁師小屋」で絶品肴に舌鼓を打つ 【食・レジャー】 日刊ゲンダイ2012年12月6日 掲載 <酒喰洲 人形町> 「日本橋に魚のうまい立ち飲み酒場があるんだ」  と、飲み歩き好きのサラリーマンが噂するのを何度も耳にした。噂の的は、東日本橋駅から歩いて5分ほどの路地裏…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

吉田類 大衆酒場100選…飲んだくれの聖地で朝っぱらから酒をあおる<まるます家 赤羽>

【吉田類 大衆酒場100選】 飲んだくれの聖地で朝っぱらから酒をあおる<まるます家 赤羽> 【食・レジャー】 日刊ゲンダイ2012年11月29日 掲載  わりあいすいている時間帯と聞いて、昼の2時過ぎに暖簾をくぐったところ、ぶったまげた。赤ら顔でジョッキをあおり、肴をつつき、声高にしゃべる飲んべえたちで店はほぼ満…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more