テーマ:歴史

「ウィーン栄光・黄昏・亡命」ポール・ホフマン著、持田鋼一郎訳(作品社 3,888円税込)

「ウィーン栄光・黄昏・亡命」ポール・ホフマン著、持田鋼一郎訳(作品社 3600円) 日刊ゲンダイ2014年10月4日 http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/book/153817 「ウィーン 栄光・黄昏・亡命」ポール・ホフマン著, 持田鋼一郎訳(作品社 3,888円税…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ビールの世界史こぼれ話」端田晶著 (ジョルダン 1030円)

【土曜新刊あらかると】 「ビールの世界史こぼれ話」端田晶著 (ジョルダン 1030円) 【書籍・書評】 日刊ゲンダイ2013年8月10日 掲載 http://gendai.net/articles/view/book/143955 <王冠のひだが21の理由> 「ビールの世界史こぼれ話」(ジョルダンブックス)(ジョ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「世田谷代官が見た幕末の江戸」 安藤 優一郎 著 (角川マガジンズ 819円)

「世田谷代官が見た幕末の江戸  日記が語るもう一つの維新」 (角川SSC新書)安藤 優一郎 (著) (角川マガジンズ 819円) 幕末の動乱の中、江戸に近い世田谷の地で、時代の移り変わりを冷静に見つめていた代官大場与一と妻の美佐。彼らの日記を通して、知られざる代官の暮らしぶりや、豪農と武士との本当の力関係、下級武…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

陵墓立ち入り、壱与の墓?も調査 卑弥呼の後継者 (東京新聞2013年2月20日 19時01分)

【話題のニュース】 陵墓立ち入り、壱与の墓?も調査 卑弥呼の後継者 東京新聞2013年2月20日 19時01分  研究者団体による立ち入り調査が行われた西殿塚古墳=奈良県天理市で共同通信社ヘリから  日本考古学協会など考古・歴史学系の15の研究者団体による陵墓への立ち入り調査は20日午後も続き、邪馬台国…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

墳丘外に堤?や石敷き 菖蒲池古墳、見た目を重視 (東京新聞2013年2月20日 17時26分)

【話題のニュース】 墳丘外に堤?や石敷き 菖蒲池古墳、見た目を重視 東京新聞2013年2月20日 17時26分  菖蒲池古墳の堤とみられる盛り土の外側で見つかった石敷き=20日、奈良県橿原市  奈良県橿原市の菖蒲池古墳(7世紀半ば、方墳)で、墳丘を囲む堤とみられる盛り土や、その外側に施された石敷きが見つ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

奈良、卑弥呼の墓?立ち入り調査 考古学者らが初めて (東京新聞2013年2月20日 13時47分)

【話題のニュース】 奈良、卑弥呼の墓?立ち入り調査 考古学者らが初めて 東京新聞2013年2月20日 13時47分  奈良県桜井市の箸墓古墳=共同通信社ヘリから  邪馬台国の女王卑弥呼の墓説もあり、一般の関心も高い奈良県桜井市の箸墓古墳(3世紀)で、日本考古学協会など15の考古・歴史学系の研究者団体が2…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more