こんなところにあった!? “なんちゃって”世界遺産  (週刊朝日 2014年5月30日号)

こんなところにあった!? “なんちゃって”世界遺産
http://dot.asahi.com/photos/photogallery/archives/8376/

一度は見てみたいあの世界遺産。
そんな人に朗報!
実は、日本でも見られるんです。


画像

日本の“モンサンミッシェル”
竹原港の沖合4キロに位置する契島。島全体が亜鉛の製錬などをする東邦亜鉛の工場のため、島内への立ち入りは禁止されている(撮影/写真部・松永卓也)
[本物]フランス モンサンミッシェルとその湾


湯坂温泉 かんぽの宿竹原
楽天トラベル
瀬戸内の旬の食材が堪能でき、2か所の大浴場と介護浴室を備えた天然温泉とバリアフリー対応の宿。


楽天市場 by 湯坂温泉 かんぽの宿竹原 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




画像

日本の“マチュピチュ”
玖珠町(くすまち)との境に近い国道387号の上野地高架橋から見た院内町の西椎屋地区。円錐形の山と棚田がそっくり!?(撮影/写真部・小林修)
[本物]ペルー マチュピチュの歴史保護区


画像

日本の“コルディリェーラの棚田”
熊野市丸山地区に広がる、その数1300枚とも言われる棚田。どっちが本物かわからない!? (c)朝日新聞社
[本物]フィリピン コルディリェーラの棚田群


かんぽの宿 熊野
楽天トラベル
眺望絶景の高台にあり、熊野灘から昇る朝陽はとてもきれい。世界遺産「熊野古道」散策の拠点に最適!


楽天市場 by かんぽの宿 熊野 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




画像

日本の“カッパドキア”
郡山市逢瀬町の浄土松公園内のきのこ岩。福島県の名勝天然記念物にも指定されている(撮影/写真部・東川哲也)
[本物]トルコ ギョレメ国立公園とカッパドキアの岩窟群


郡山三穂田温泉
楽天トラベル
郡山南ICから車で5分!田園地帯に佇む一軒宿。源泉掛け流しの加熱・循環をしない天然温泉です☆


楽天市場 by 郡山三穂田温泉 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




画像

日本の“クロンボー城”
五稜郭タワーから望む五稜郭。もともと西洋の星形城郭をまねたものだ(撮影/写真部・小林修)
[本物]デンマーク クロンボー城


函館天然温泉ルートイングランティア函館五稜郭(旧:函館天然温泉ホテルグランティア函館五稜郭)
楽天トラベル
繁華街で函館の味覚堪能!函館五稜郭エリアで唯一の天然温泉大浴場あり!全室個別空調で快適


楽天市場 by 函館天然温泉ルートイングランティア函館五稜郭(旧:函館天然温泉ホテルグランティア函館五稜郭) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




画像

日本の“レーティッシュ鉄道”
今年4月に復活した「SL銀河」が走る、国道283号と宮守川をまたぐ宮守川橋梁。「めがね橋」の愛称で親しまれている (c)朝日新聞社
[本物]スイス レーティッシュ鉄道 アルブラ線・ベルニナ線と周囲の景観


フォルクローロ遠野<JR東日本ホテルズ>
楽天トラベル
「遠野物語」のちょっと摩訶不思議な世界を旅するのに最適の拠点です。


楽天市場 by フォルクローロ遠野<JR東日本ホテルズ> の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



語り部の聴ける宿 あえりあ遠野
楽天トラベル
~語り部の昔話が聴ける宿~角閃石大浴場・月替り和会席も評判。全室インターネット無料(有線LAN)


楽天市場 by 語り部の聴ける宿 あえりあ遠野 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



写真・小林修、東川哲也、松永卓也(写真部)、朝日新聞社

【関連記事】

本なのにまるでモンサンミッシェル! なんちゃって世界遺産とは?
(更新 dot.asahi.com2014/5/23 11:30)

http://dot.asahi.com/wa/2014052100069.html


画像

日本の“モンサンミッシェル”
竹原港の沖合4キロに位置する契島。島全体が亜鉛の製錬などをする東邦亜鉛の工場のため、島内への立ち入りは禁止されている(撮影/写真部・松永卓也)

「世界遺産」の言葉には、人を惹きつける魅力があるらしい。

 先日のゴールデンウイーク、富岡製糸場などが世界遺産に登録される見通しとなり、群馬県に観光客がどっと押し寄せた。ただ、海外となると行きたくてもなかなか行けない。「それでも見たい」というあなたに、海外にある世界遺産そっくりの場所を厳選しました。

 広島県大崎上島町の白水港から約30分。乗船してしばらくすると、日本のモンサンミッシェルこと契島が見えてくる。あれっ? どう見てもモンサンミッシェルに見えない。予想とは違う……と焦りを感じるも、じっと凝視しているうちにそれらしく見えてきた。

「軍艦島とは言われるけど、モンサンミッシェルとは……」と口を濁すのは、契島行きの町営フェリー「さざなみ」機関長の保名満さん(59)。

 訪れる時は、本物を思い浮かべながら見ることが楽しむコツ。あくまでも、「クリソツ」な“なんちゃって”世界遺産ということをお忘れなく。

※週刊朝日  2014年5月30日号









"こんなところにあった!? “なんちゃって”世界遺産  (週刊朝日 2014年5月30日号)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント