【週替わりランチ】 キッチンカー 屋台のランチ トンポー(オリジナルトンポー)

【週替わりランチ】
キッチンカー 屋台のランチ トンポー(オリジナルトンポー)
日刊ゲンダイ2013年12月13日

http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokyoguide/gourmet/lunch/CK2013121302000179.html


画像


◆人気空弁はここの味

 トンポーロウ(中華風豚の角煮)をアレンジした独自のメニュー「トンポー」の専門店。豚肉の臭みを消すのに、香辛料を使わず、「蒸す」「焼く」「煮る」と多様な調理法を駆使し、手間暇掛けて仕上げている。角煮のようなとろとろさはないが、ジューシーで柔らかく、余分な脂が落ちているおかげで、さっぱりと食べやすい。紅しょうが、高菜、煮卵入り「オリジナルトンポー」で650円。キムチと温泉卵がのった「キムチトンポー」も同額。

 代表の市川勢子さんは、料理コーディネーターとして活躍。結婚後、開いた料理教室でトンポーを開発し「お客さんの反応が見たくて」移動販売を始めた。それが16年前。同時期に、航空会社の関係者も食べて気に入ったことから羽田空港でも販売。「トンポー蒸籠(せいろ)」の名で長年、人気の“空弁(そらべん)”となっている。

 キッチンカーでは、蒸し器から、ほかほかのトンポーを取り出して盛り付け、無料トッピングで干しエビ入り自家製ラー油もかけてくれる。香ばしくて辛さも絶妙。夏場は激辛の青唐辛子に変わるが、それを心待ちにする激辛ファンも多いそうだ。 (さりあ)

【出没先】 虎ノ門、青山一丁目、赤坂、麹町、千駄ケ谷など。毎日4台が稼働中。(電)03・3718・0104

"【週替わりランチ】 キッチンカー 屋台のランチ トンポー(オリジナルトンポー)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント