【限定 要チェック!】 東京港の森 あなたの手で 「海の森」植樹まつり

【限定 要チェック!】
東京港の森 あなたの手で 「海の森」植樹まつり

東京新聞2013年9月6日

http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokyoguide/info/check/CK2013090602000186.html


画像

手前は昨秋植えた苗木、奥は3年前。すくすくと育っている


 東京ゲートブリッジを間近に望み、見上げれば羽田空港に向かう旅客機が横切る。東京港の真ん中にある「海の森」公園予定地は、2016年度の一部開園に向けて着々と緑地を広げている。青々と育つ約50種類、15万本の樹木は、一般公募による有志の手で植えられてきた。10月25~27日にも「植樹まつり」を予定。9月20日まで参加申し込みを受け付けている。


 ここは1973~87年にかけて1230万トンのごみと土のサンドイッチ構造で造成した約88ヘクタール(日比谷公園の約5・5倍)の埋め立て地。「海の森」プロジェクトは、建築家の安藤忠雄氏を委員長として2007年から始まった。「都心に向かう風の道をつくる」「新しい資源循環型の森づくり」「市民参加による協働」が三本柱だ。


 使用する土は河川工事や再開発の際に出た“建設発生土”。堆肥には公園や街路樹の剪定(せんてい)枝葉を利用。リサイクルに努め、苗木もボランティアがドングリを拾って育てた。まさに手づくりの森だ。


 潮風に強いタブノキやクロマツ、花が待ち遠しいオオシマザクラ、果実で鳥を呼び込むヤマモモなど多種多彩。関東に自生する樹種から選択。高さもまちまちの複層林にし、防風&防潮の壁となる。


 今回の植樹は4ヘクタール、3万本を予定。個人または9人以下のグループは26日、10人以上の団体は25日か27日。いずれも10時と13時。植樹後に「クラフト体験」「環境ミニツアー」「組みひも体験」も開催。植樹できる機会は残り少ない。次代につなぐ緑と風の道を作りに行こう。 (文と写真 村手久枝)


◇参加募集は20日まで(消印有効)。往復はがきかウェブで(1)代表者名か団体名、住所、電話番号(2)人数(3)希望日時を記入。応募多数の場合抽選。


〒163 8001 新宿区西新宿2の8の1 東京都港湾局海上公園課協働推進担当。(電)03・5320・5590

"【限定 要チェック!】 東京港の森 あなたの手で 「海の森」植樹まつり" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント