【タレントが通う店やってる店】 木村カエラや多くの芸能人をトリコにする「鳥小屋 本店」(中目黒)

【タレントが通う店やってる店】
木村カエラや多くの芸能人をトリコにする「鳥小屋 本店」(中目黒)の絶品モツ鍋

【芸能】
日刊ゲンダイ2013年6月8日 掲載

http://gendai.net/articles/view/geino/142813

スタンダードな醤油味のシンプルなスープ


画像


<新鮮なモツとキャベツがどっさり>

 先月、夫で俳優の瑛太との間に第2子を授かったことを発表した木村カエラ(28)。本業の歌手活動でも移籍先のレコード会社でプライベートレーベルを設立することが決定。来年のデビュー10周年に向け、公私ともに絶好調だ。

 そんなカエラの行きつけは、中目黒にある博多モツ鍋の店「鳥小屋 本店」。場所は中目黒駅から徒歩3分ほどの路地裏。もともとガード下にあった店が3年前に移転したもので、この地で30年にわたり愛されてきた店だ。

 店名が“鳥小屋”というだけに、元は焼き鳥がメーンの大衆居酒屋だったのだそう。それが今から20年ほど前に牛モツを使った鍋を始めたところ評判となり、いつしか鍋が看板メニューに。関東のモツ鍋ブームの先駆けともいえる存在だ。


画像


 一口にモツ鍋といっても、店ごとに個性があるが、この店のモツ鍋は当初から変わらないスタンダードな醤油味のみ。素材も徹底してこだわり抜いているという。
「モツは国産の新鮮なものだけを使用。野菜もたっぷり使います。スープをあえてシンプルにすることで、素材の持ち味を存分に生かせるようにしているんです」(店のスタッフ)
「もつ鍋」(1人前997円)を初めてオーダーした客がまず驚くのはそのボリュームだ。「こんなにたくさんの具が収まるのだろうか?」と、見ている方が不安になるほどキャベツがどっさりと山盛り! じっくりと火を通すうちに、次第に野菜がしんなりとスープに馴染んで、具材がギッシリと詰まった鍋が完成する。

 スープを口に含むと何ともやさしい口当たり! それでいてキャベツの甘味とモツのうま味がギュギュッと凝縮され、コクのある味わいがじわじわと染み渡る。モツはプリプリッとした食感が心地よく、噛むほどにうま味を実感! ついつい箸が止まらなくなる逸品だ。

 ガード下の頃から芸能界の常連は多く、店内には優に300枚はあろうかというサインが壁一面に飾られている。鍋は1人前からオーダー可能なので、気軽に立ち寄ってみたい。


画像


◆鳥小屋 本店
住所 東京都目黒区上目黒2-14-1
TEL 03-3710-6760
営業時間 [月~土]17:00~27:00 [日・祝]17:00~25:00




"【タレントが通う店やってる店】 木村カエラや多くの芸能人をトリコにする「鳥小屋 本店」(中目黒)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント