鹿島神宮 水中鳥居で国内最大級 「一之鳥居」の竣工祭   (東京新聞2013年6月2日 茨城)

【茨城】
鹿島神宮 水中鳥居で国内最大級 「一之鳥居」の竣工祭
東京新聞2013年6月2日



画像

水上に完成した一之鳥居に向かって鏑矢(かぶらや)が放たれた神事=いずれも鹿嶋市で


 鹿嶋市の鰐川(わにがわ)の水中に完成した鹿島神宮「一之鳥居」の竣工(しゅんこう)祭は一日、河岸で開かれ、関係者や住民ら約三千人が喜びを分かち合った。

 鹿島則良宮司はあいさつで、編さんから千三百年を迎える「常陸国風土記」にある、鹿島は神様の住むところという記述に言及。「鹿島の入り口に昔の通り、鳥居ができたのを一番喜んでいるのは、鹿島の神様だと思う」と語り、「鹿島のシンボルとして大切にしていきたい」と述べた。

 水中の鳥居としては国内最大となった一之鳥居。四月十八日に着工し、約一カ月で建てられた。耐候性鋼板製で、数百年の耐久性があるという。

 会場では神事の後、もちまきや踊りのステージがあったほか、食事も振る舞われ、にぎわった。(柴田久美子)

"鹿島神宮 水中鳥居で国内最大級 「一之鳥居」の竣工祭   (東京新聞2013年6月2日 茨城)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント