お金投げ厄落とし 富岡・北向観音 群馬

【群馬】
お金投げ厄落とし 富岡・北向観音
東京新聞2013年1月14日



画像


 厄よけの観音様として親しまれる富岡市大島地区の「北向観音」で十三日、例祭が開かれ、未明から大勢の参拝客が訪れにぎわった。

 同観音は八一四年、弘法大師が東国巡礼の折、信州で得た神木を使い彫った仏像一体を同所に北向きに安置し、約二百五十年後、源頼義が御堂を建てたとされる。以来、地区住民によって厄よけの観音様として守られているという。

 参拝者は、本殿下の高さ約二十メートルの崖上から自分の歳の分だけお金を投げて厄を落とした。崖下で子どもたちがお金を拾い、帰る前に使ってしまうのが習わしという。 (樋口聡)



"お金投げ厄落とし 富岡・北向観音 群馬" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント