東金の佐久間さん 伝えて5年目 農作業の喜び、次世代に

【千葉】
東金の佐久間さん 伝えて5年目 農作業の喜び、次世代に
東京新聞2012年12月23日



画像

農園の一角に持ち込んだ手製のかまに芋を並べる留学生たち=東金市で


 農作業で得られる喜びを若い人たちに伝えていこうと、定年間近に切り開いた農園を、野菜や果樹の栽培・収穫体験に提供している男性が東金市に住んでいる。県立特別支援学校元教諭の佐久間治行さん(62)。行政や組織の支援はなく、志と個人的なつてが頼りだが、活動は来年で五年目に入る。 (堀場達)

 十一月下旬、同市幸田の畑で、市内にキャンパスを置く城西国際大学の学生たちが歓声を上げた。

 約二十五アールの畑で作業にいそしんだ学生四人は、いずれも中国からの留学生。引率してきた東金日中友好協会会長の吉田重一さん(74)や佐久間さんが「サツマイモを抜いて、こちらに持ってきて」と農作業用一輪車への積み込みを指示したり、話し掛けたりする。

 「この前、韓国の人が芋づるがほしいってもらいに来た。日本でも料理に使う地域があるんだよ」「そこのジャガイモも持って帰らない?」

 佐久間さんは、市内で外国人に日本語を教えているボランティア、児童養護施設や障害者の支援団体などに農作業体験を呼び掛け、春に野菜の苗を植え付けた人を秋の「収穫祭」に招待している。今年の収穫祭はいったん雨で順延したため、近在で都合のついた少人数の参加のみとなったが、佐久間さんも留学生たちも笑顔で作業を進めた。

 収穫祭に欠かせない「ごちそう」も用意されていた。畑の脇の木立に置かれたドラム缶製のかまで、さつま汁が湯気を上げ、別のかまに敷き詰めた石の上に、留学生が掘ったばかりのサツマイモを並べた。

 上海生まれの朱〓逸さん(22)は「(石焼き芋は)中国にもあるけど、自分で作るのは初めて。都市部では農業に触れる機会が少なくなり、こうした体験は楽しい」とにっこり。十年前まで実家が農業を営んでいたという王寒笑さん(22)は「野菜は出荷したり、貯蔵したりだったので、採ったばかりのものが口にできるのはすごくいい」と話した。

  ◇   ◇

 佐久間さんが、約四十アールの耕作放棄地を畑として整地し、十種類ほどの果樹を植栽したのは二〇〇八年。翌年から農作業体験への参加を呼び掛け始めた。教諭時代や地域活動などで縁のできた人々が主な協力者だが、活動の輪は少しずつ広がり、昨秋の収穫祭は七十人ほどが楽しんだ。

 大原町(現いすみ市)の農家で生まれ育った佐久間さん。「勤めを終えたら農業に取り組もう」と若いころから決めていた。理由は「恩返し」。「昭和三十~四十年代の農家は経済的に豊かではない。少ない蓄えの中から学費を出してくれた」

 「祖父母は戦前、米国に渡り、農業で身を立てた。外国で世話になったから、今度は私にできることを」とも。留学生やアジア各国から滞日中の若者へ、積極的に声掛けしているのはそのためだ。

 「自分で育てたものを自分で調理して食べる。その魅力を伝えたい。それを知った子が将来も農業に関わっていったら」。こんな夢を抱いている。



ロイヤルイン菊水・東金
楽天トラベル
ビジネスに観光にゴルフに。お車で縦横無尽!アクセス抜群で駐車場完備の便利なホテルです。皆様のお越しを


楽天市場 by ロイヤルイン菊水・東金 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル





ホテル東金ヒルズ(BBHホテルグループ)
楽天トラベル
東金バイパス(126号線沿い)の便利な立地。設備も充実し、長期滞在も快適にお過ごし頂けます。


楽天市場 by ホテル東金ヒルズ(BBHホテルグループ) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル







千葉県の山 (分県登山ガイド)
山と溪谷社
中西 俊明

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 千葉県の山 (分県登山ガイド) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

千葉県の山 (新・分県登山ガイド)
山と溪谷社
中西 俊明

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 千葉県の山 (新・分県登山ガイド) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

"東金の佐久間さん 伝えて5年目 農作業の喜び、次世代に" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント