東京新聞2012年11月29日 祭り

【祭り】
小栗判官まつり(茨城)
東京新聞2012年11月29日


 ★古河提灯竿(ちょうちんさお)もみまつり(茨城) 12月1日。今年で152回目。長さ20メートル近い竹竿に付けた提灯を激しくぶつけ合い、その灯を消し合う。古河市のJR古河駅西口おまつり特設会場。JR同駅下車すぐ。(電)0280・91・1811市観光協会

 ★小栗(おぐり)判官まつり(茨城) 

画像


2日、9時から。伝説の主人公小栗判官や照手姫などに扮(ふん)した総勢約200人が、武者行列を行い戦国絵巻を再現する。県指定無形民俗文化財「小栗太々(だいだい)神楽」の披露も。筑西市の新治小学校、JR新治駅前通りほか。JR水戸線同駅徒歩約10分。(電)0296・20・1160市観光課

 ★鷲宮神社大酉(おおとり)祭(埼玉) 2日。12月の初酉の日に行う酉の市。福をかき取る景気のよい縁起物が社殿の前に並び、商売繁盛を願う人々が集う。国指定重要無形民俗文化財の「土師一流催馬楽神楽」の奉納も。久喜市鷲宮の同神社。東武伊勢崎線鷲宮駅徒歩約7分。(電)0480・58・0434同神社

 ★秩父夜祭(埼玉) 2、3日。国指定重要有形民俗文化財の笠鉾(かさほこ)2台と屋台4台を市内で引き回す。3日の夜には、秩父神社~お旅所へ6台が連なって巡行、花火の打ち上げも。秩父市の中心市街地。秩父鉄道秩父駅徒歩約5分。(電)0494・25・5209市観光課

 ★ししきりまち(千葉) 5日、15時から。鳥獣から農作物を守り、五穀豊穣(ほうじょう)を祈願する。社家(しゃけ)と呼ばれる、神事に立ち会う家が鶏肉を切り奉納する。さらにこの肉を食べると風邪をひかないなどとされ、参拝者がこれを奪い合う。君津市清和市場の諏訪神社。館山自動車道君津ICから約25分。(電)0439・56・1325市観光課

 ★秋葉山火防祭(神奈川) 6日。山伏が天下泰平の祈願や山伏問答の後、火渡りを行う。参拝者も参加できる。小田原市板橋の秋葉山量覚院。箱根登山鉄道箱根板橋駅徒歩約7分。(電)0465・22・6025同院

"東京新聞2012年11月29日 祭り" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント