銀座ミツバチプロジェクト 仕掛け人が奮闘記出版

【東京】
銀座ミツバチプロジェクト 仕掛け人が奮闘記出版
東京新聞2012年11月11日



画像

ミツバチプロジェクトで広がったビルの屋上ガーデンに立つ高安さん=中央区で


 銀座のビル屋上で養蜂し、自然との共生を考えてもらおうと活動する「銀座ミツバチプロジェクト」を率いるNPO法人理事長高安和夫さん(46)が、六年間の活動をまとめた「銀座ミツバチ奮闘記」(清水弘文堂書房)を出版した。高安さんは「情報や文化の発信地の銀座で、食べ物や自然への関心を持つ人がゆるやかにつながれたのが良かった」と活動を振り返る。 (小林由比)

「銀座ミツバチ奮闘記 都市と地域の絆づくり」(Asahi eco books)高安和夫著(アサヒビール、清水弘文堂書房
  1,680円)



画像






銀座ミツバチ奮闘記 [ 高安和夫 ]
楽天ブックス
都市と地域の絆づくり Asahi eco books 高安和夫 アサヒビール 清水弘文堂書房発行年月


楽天市場 by 銀座ミツバチ奮闘記 [ 高安和夫 ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


商品情報
・発売日: 2012年10月
・サイズ: 単行本
・ページ数: 188p
・ISBNコード: 9784879506108

【目次】
第1章 「農」の魅力を銀座から
なぜ銀座でミツバチなのか
銀座ミツバチプロジェクト誕生 ほか
第2章 点の活動が線でつながり面になる
銀座食学塾と米つくり隊
銀座にミツバチがやって来た ほか
第3章 日本再生、農の力で日本を元気に!
あなたの「おいしい!」で被災地域を応援
みつばちの里づくり ほか
第4章 ミツバチからのメッセージ
「いのちをつなぐ」を発信する
スローフードの世界大会「テッラ・マードレ」 ほか

【著者情報】
高安和夫(タカヤスカズオ)
農業生産法人有限会社アグリクリエイト取締役東京支社長。特定非営利活動法人銀座ミツバチプロジェクト理事長。1965(昭和40)年、千葉県生まれ。89(平成元)年、國學院大学法学部法律学科卒業。ナショナル住宅千葉パナホーム株式会社を経て、99年、農業生産法人(有)アグリクリエイトへ入社。2003年8月、取締役東京支社長就任。04年10月、「銀座食学塾」を設立し、代表世話人として2か月に1度シンポジウム・交流会を開催。05年4月、「銀座食学塾米作り隊」結成。06年3月、「銀座ミツバチプロジェクト」を田中淳夫氏と共同で立ち上げる。07年2月、特定非営利活動法人の認証を受け、NPO法人銀座ミツバチプロジェクト理事長に就任。ファーム・エイド銀座実行委員長として、2008年から現在まで毎年開催する。08年10月、「銀座農業塾」を開講し、塾長として次世代の農業の担い手を育成する。

 高安さんは一九九九年に農業生産法人アグリクリエイトに転職し、二〇〇三年東京支社長に就いた。直後から会社のある銀座で農業の勉強会などを開くうち、「実際に何か作りたい」と思うようになり、選んだのがミツバチだった。

 盛岡市の養蜂家のアドバイスを受け、紙パルプ会館専務の田中淳夫さんと二人で屋上での養蜂をスタート。最初の年からハチミツが採れ、それを使ったカクテルやケーキも注目された。「皇居や日比谷公園、浜離宮公園などに近く、銀座はハチたちが蜜を集めてくるのにいい場所だった」

 さらに銀座の中でも、ハチがあちこちに行き来するよう、ビルの屋上に畑を作る動きが拡大。地元で共感を呼び、クラブのママやシェフが農園作りに参加するなど、地域の人の輪も広がった。

 茨城県などで農薬をなるべく使わない、ミツバチが生きられる農業も目指す。生産したコメなどを都会の消費者に買い支えてもらう「みつばちの里づくり」にも力を入れている。「震災後、経済効率性ではなく支え合う社会を願う人が増えている。ミツバチを介して、都会と地域の生産者がつながり、生き物との共生にも目を向けてもらえたら」と話す。書籍は千六百八十円(税込み)。




 






銀座ミツバチ物語 [ 田中淳夫 ]
楽天ブックス
美味しい景観づくりのススメ 田中淳夫 時事通信出版局 時事通信社発行年月:2009年04月 ページ数

楽天市場 by 銀座ミツバチ物語 [ 田中淳夫 ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

"銀座ミツバチプロジェクト 仕掛け人が奮闘記出版" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント