来年は「2017」m・雲取山の年 登山家ら注目「歴史上一度きり」

【社会】
来年は「2017」m・雲取山の年 登山家ら注目「歴史上一度きり」
東京新聞2016年12月27日 朝刊

http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201612/CK2016122702000134.html?ref=rank


画像

東京都最高峰でもある雲取山。後方は都心方面=東京、埼玉、山梨の都県境で、本社ヘリ「まなづる」から(安江実撮影)

 東京、埼玉、山梨の三都県にまたがる雲取山(二、〇一七メートル)。標高と重なる二〇一七年の年明けが近づくにつれ、登山愛好家らの注目が高まっている。 (加藤健太)

 三都県の山岳連盟は山頂に一年間限定の記念碑を設置、元旦の日の出の時間に合わせて除幕式を行う予定。都は、今年から八月十一日が「山の日」に制定されたのを記念して、新しい山頂標識を建てたほか、来年三月に都心部で開く雲取山関連のイベントを準備中という。

 東京都側のふもとの奥多摩観光協会によると、今年は紅葉が終わっても例年になく客足が引かず、JR奥多摩駅から登山口への路線バスに臨時便が出ることもあった。年賀状の写真を撮るために登る人もおり、青梅署に提出された登山届は十月以降、昨年の実績を上回っている。


画像


 年明けを山で迎えようという人たちで、山小屋「雲取山荘」の三十一日の宿泊予約(定員二百人)も今月上旬には埋まった。観光協会も「歴史上で一度きりの機会」とPRに意気込む。

 協会所属の案内役で来年は年男という矢作佑允(ゆうすけ)さん(35)は「最近は、登山客から『西暦と標高が一致する』『来年は雲取の年』とかいう言葉をよく聞く」と話した。

 雲取山は日本百名山の一つで、東京都最高峰でもある。矢作さんは「都心から近いが、本格的な登山ができる」と話しており、登山の際は十分な計画と装備が必要だ。

パナソニック LUMIX DMC-FZH1 《2016年11月17日発売》

画像


画像


画像




価格: ¥ 155,400 通常配送無料
「予約商品の価格保証」対象商品。



パナソニック LUMIX DMC-FZH1 《2016年11月17日発売》
カメラのキタムラ
【製品特徴】■高画質な写真・動画撮影を可能にする光学20倍 LEICA DC VARIO-ELMAR


楽天市場 by パナソニック LUMIX DMC-FZH1 《2016年11月17日発売》 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

商品番号 4549077767684
価格 155,400円 (税込) 送料無料


【製品特徴】
■高画質な写真・動画撮影を可能にする光学20倍 LEICA DC VARIO-ELMARITレンズ搭載
■スムーズなフレーミングを実現するインナーズーム構造採用
■ノイズを抑え、ボケ味を活かす大型1.0型20.1M高感度MOSセンサー搭載
■秒間30コマ連写で決定的瞬間を残す「4K フォト」モードで決定的瞬間を写真に残す
■撮影後に好きなフォーカスポイントの写真を選べる「フォーカスセレクト」、ピントの合った位置を広げた写真を作れる「フォーカス合成」搭載
■4K動画撮影や高ビットレート記録対応、システム周波数切換、4:2:2 10bit映像の出力など、映像制作現場で存分に活用できる性能を装備
■パスワードなしでスマートフォンと接続できるWi-Fi対応

【製品仕様】
●有効画素数:約2010万画素
●ズーム倍率:光学 20倍、デジタル 4倍
●焦点距離(35mm換算):24~480mm
●記録メディア:SD/SDHC/SDXCメモリーカード
●液晶モニター:3.0型 約104万ドット
●動画記録サイズ:4K(3840×2160)、フルハイビジョン(1920×1080)他
●スマホ接続:Wi-Fi
●質量:約966g(電池及びメモリーカード含む)
●電池:バッテリーパック(付属 撮影可能枚数目安:約350枚)

【付属品】
バッテリーパック、バッテリーチャージャー、ホットシューカバー、レンズフード、レンズキャップ、レンズキャップひも、USB接続ケーブル、ショルダーストラップ

※詳しくはメーカーサイトをご確認下さい。

パナソニックLUMIXDMC-FZH1
http://panasonic.jp/dc/compact/fzh1/

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)