【書評】 次々と鉄道が消えゆく北海道で生まれた物語『氷の轍』

【書評】次々と鉄道が消えゆく北海道で生まれた物語『氷の轍』
NEWSポストセブン2016.12.23 16:00

http://www.news-postseven.com/archives/20161223_477717.html

 年末年始はじっくりと本を読む良いチャンスだが、本読みの達人が選ぶ書は何か。評論家の川本三郎氏は、地方の衰退を読み解く書として『氷の轍』(桜木紫乃・著/小学館/1600円+税)を推す。川本氏が同書を解説する。

 * * *
 景気の悪い話になってしまうのをお許しいただきたい。鉄道好きにとって2016年の悲しいニュースのひとつは、北海道の留萌本線の廃止だった。終着駅の増毛駅は高倉健主演の『駅 STATION』の舞台になったことで知られる。その鉄道が廃線になってしまった。

 JR北海道はついに経営困難を公表した。2017年はやはり高倉健主演の『鉄道員(ぽっぽや)』の舞台となった幾寅駅(根室本線)もなくなるかもしれない。かつて鉄道王国といわれた北海道から次々に鉄道が消えてゆく。地方の衰退の象徴なのだろう。

 にもかかわらず、いや、だからこそというべきか、その困難な現実、厳しい風土のなかから力強い小説が生まれている。桜木紫乃の『氷の轍』はそのひとつ。釧路の海岸で男性の死体が発見される。若い女性刑事がベテラン刑事と共に事件を追う。

 被害者は札幌に住む八十歳の元タクシーの運転手と分かる。アパートで一人暮しをしていた。独居高齢者というのが現代をよくあらわしている。現在、一人暮しの老人は六百万人を超える。ミステリはつねに時代を反映する。

 二人の刑事は事件を追って釧路から青森、八戸へと被害者が住んだ町を辿る。二人が見る町はかつての活気がない。そこに社会の底辺に生きてきた人間たちの悲しみが潜んでいる。東京のような大都市に住んでいると見えない日本の貧しい暮しが浮かびあがってくる。暗い過去のなかに事件の鍵がある。

 桜木紫乃は釧路の出身。いまも北海道に住む。次第にさびれてゆく町の風景を見つめている。そこから引き締まった文体で、悲しい物語を作り出している。釧路駅の駅裏に残る廃墟のようになった飲食街、独居老人が住む札幌の「カンカンアパート」、八戸の場末に建つうらぶれたストリップ小屋。こうした痛めつけられた風景をきちんと見すえるところから新しい言葉が生まれてくる。

※週刊ポスト2017年1月1・6日号

「氷の轍」 桜木 紫乃著(小学館 1,728円税込)


画像


【内容情報】(出版社より)
シンジツ一人ハ堪ヘガタシ。

二人デ居タレドマダ淋シ、
一人ニナツタラナホ淋シ、
シンジツ二人ハ遣瀬ナシ、
シンジツ一人ハ堪ヘガタシ。
(北原白秋「他ト我」より)

北海道釧路市の千代ノ浦海岸で男性の他殺死体が発見された。被害者は札幌市の元タクシー乗務員滝川信夫、八十歳。北海道警釧路方面本部刑事第一課の大門真由は、滝川の自宅で北原白秋の詩集『白金之独楽』を発見する。滝川は青森市出身。八戸市の歓楽街で働いた後、札幌に移住した。生涯独身で、身寄りもなかったという。真由は、最後の最後に「ひとり」が苦しく心細くなった滝川の縋ろうとした縁を、わずかな糸から紐解いてゆく。

北海道警釧路方面本部。新たな刑事の名は、大門真由。

【編集担当からのおすすめ情報】
ロングセラー文庫『凍原 北海道警釧路方面本部刑事第一課・松崎比呂』以来となる、北海道警釧路方面本部の女性刑事を主人公とした長編ミステリー!

氷の轍
小学館
桜木 紫乃

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 氷の轍 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



氷の轍 [ 桜木 紫乃 ]
楽天ブックス
桜木 紫乃 小学館BKSCPN_【bookーfestivalーthr】 発行年月:2016年09月2


楽天市場 by 氷の轍 [ 桜木 紫乃 ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


商品基本情報
発売日: 2016年09月27日
著者/編集: 桜木 紫乃
出版社: 小学館
サイズ: 単行本
ページ数: 352p
ISBNコード: 9784093864503

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
北海道釧路市の千代ノ浦海岸で男性の他殺死体が発見された。被害者は札幌市の元タクシー乗務員滝川信夫、八十歳。北海道警釧路方面本部刑事第一課の大門真由は、滝川の自宅で北原白秋の詩集『白金之獨樂』を発見する。滝川は青森市出身。八戸市の歓楽街で働いた後、札幌に移住した。生涯独身で、身寄りもなかったという。真由は、最後の最後に「ひとり」が苦しく心細くなった滝川の縋ろうとした縁を、わずかな糸から紐解いてゆく。

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
桜木紫乃(サクラギシノ)
1965年北海道生まれ。2002年「雪虫」で第82回オール讀物新人賞を受賞。07年同作を収録した初の短編集『氷平線』が新聞書評等で絶賛される。13年『LOVE LESS(ラブレス)』で第19回島清恋愛文学賞を受賞。同年『ホテルローヤル』で第149回直木三十五賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

電子書籍


氷の轍【電子書籍】[ 桜木紫乃 ]
楽天Kobo電子書籍ストア
シンジツ一人ハ堪ヘガタシ。<BR><BR>二人デ居タレドマダ淋シ、<BR>一人ニナツタラナホ淋シ、<


楽天市場 by 氷の轍【電子書籍】[ 桜木紫乃 ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0