テリー伊藤さん 青春記した1冊 「オレとテレビと片腕少女」     東京新聞2016年12月10日

【首都圏】
テリー伊藤さん 青春記した1冊 「オレとテレビと片腕少女」
東京新聞2016年12月10日

http://www.tokyo-np.co.jp/article/metropolitan/list/201612/CK2016121002000172.html


画像


 本紙TOKYO発面の「東京どんぶらこ」で、東京の街についてのエッセーを執筆している演出家のテリー伊藤さん(66)が、初の自伝的ノンフィクション「オレとテレビと片腕少女」(千六百二十円、KADOKAWA)を著した。

 終戦から四年後の一九四九年、東京都中央区築地の卵焼き店の四男に生まれたテリーさん。著書では、小学生時代から、番組制作会社の社員となるまでの自分史をまとめた。

 学生運動で左目が斜視になる大けがをした際の苦悩や、すし店の修業での挫折、表題にある片腕の少女をはじめ、人生に影響を与えた数々の女性とのエピソードなど、青春時代を振り返っている。

 テリーさんは「なんとかテレビの世界に潜り込み、今度は曲がりなりにも退散しないですんだのは、まさに、この本の中に登場する人たちと出会うことができたから」と感謝の言葉をつづっている。 (井上幸一)

「オレとテレビと片腕少女」 テリー 伊藤著(KADOKAWA 1,620円税込)


画像


【内容情報】(出版社より)
この本は、オレ、つまり、テリー伊藤が初めて明かす、自伝的ノンフィクションです。
最初の舞台は、オレを生み育てた街、築地。小学2年生のとき、初めてテレビが伊藤家にやってきた日からオレの心に住み続けたテレビという愛しき怪物。
築地小学校の伊藤輝夫君が大人になってテレビの国に飛び込むまでの間に、オレの人生を変えた人たちとの出会いがあった。
昭和24年生まれのオレは「戦争を知らない子供たち」だけれど、まだ東京の街のあちこちに戦争の傷跡が残っているなかで育った。
戦後10年がたち、20年がたち、復興と経済成長が進み「もはや戦後ではない」と言われるようになっていったとはいえ、だれもが大なり小なり不幸を抱えて生きていた昭和という時代。
でもそれは、みんなが明日を信じて生きていた時代だった。 <中略>
オレは、この本を、40年前に出会った1人の女性、渋谷のファッションヘルスで働いていた片腕の美少女、マリンちゃんに捧げたい。
彼女こそ、オレの人生をもっとも大きく変えてくれた天使なのだ。 (「プロローグ」より)

プロローグ 『オレとテレビと片腕少女』って、どんな本なの? という質問への短い答え 
第1章 船上生活の美少女チヨちゃん      
第2章 スーパースターとマドンナと兵隊   
第3章 築地にテレビがやってきた!    
第4章 月光仮面にあこがれて           
第5章 オヤジ、テレビの中に入る!     
第6章 泥棒中学生の事件簿          
第7章 学生運動と白衣の天使         
第8章 口紅少女とテレビの国への旅立ち    
第9章 小悪魔サーヤに気をつけろ!      
第10章 片腕少女が教えてくれたこと     
エピローグ あの人はいま

オレとテレビと片腕少女
KADOKAWA
2016-10-29
テリー 伊藤

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by オレとテレビと片腕少女 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



オレとテレビと片腕少女 [ テリー 伊藤 ]
楽天ブックス
テリー 伊藤 KADOKAWA発行年月:2016年10月29日 予約締切日:2016年10月27日


楽天市場 by オレとテレビと片腕少女 [ テリー 伊藤 ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


商品基本情報
発売日: 2016年10月29日
著者/編集: テリー 伊藤
出版社: KADOKAWA
サイズ: 単行本
ページ数: 272p
ISBNコード: 9784041043189

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
オレは築地の玉子焼屋の四男坊で、テレビと女の子が大好きだったー昭和の郷愁が胸に迫る青春ノンフィクション。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 船上生活の美少女チヨちゃん
第2章 スーパースターとマドンナと兵隊
第3章 築地にテレビがやってきた!
第4章 月光仮面にあこがれて
第5章 オヤジ、テレビの中に入る!
第6章 泥棒中学生の事件簿
第7章 学生運動と白衣の天使
第8章 口紅少女とテレビの国への旅立ち
第9章 小悪魔サーヤに気をつけろ!
第10章 片腕少女が教えてくれたこと

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
テリー伊藤(テリーイトウ)
1949年12月27日生まれ、東京都中央区築地出身。「天才・たけしの元気が出るテレビ!!」「ねるとん紅鯨団」「浅草橋ヤング洋品店」などのテレビ番組の企画・総合演出を担当し、注目を集める。現在は演出業のほか、プロデューサー、タレントとしてマルチに活躍中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)