【新書あらかると】  「思い立ったが絶景」吉田友和著(朝日新聞出版 880円+税)

新書あらかると
「思い立ったが絶景」吉田友和著(朝日新聞出版 880円+税)
日刊ゲンダイ2016年6月16日

http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/book/183583


画像


「思い立ったが絶景 世界168名所を旅してわかったリアルベスト」(朝日新書) 吉田友和著(朝日新聞出版 950円税込)


画像


「読んで、実際に行ってみる」新しい絶景本。『3日もあれば海外旅行』(光文社新書)の著者が、働きながら低コストで絶景にいくためのヒントを提案。実際に行ったからこそわかる本当にいい絶景をあますところなく紹介。


思い立ったが絶景 世界168名所を旅してわかったリアルベスト (朝日新書)
朝日新聞出版
2016-03-11
吉田友和

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 思い立ったが絶景 世界168名所を旅してわかったリアルベスト (朝日新書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



思い立ったが絶景 [ 吉田友和 ]
楽天ブックス
世界168名所を旅してわかったリアルベスト 朝日新書 吉田友和 朝日新聞出版BKSCPN_【pand


楽天市場 by 思い立ったが絶景 [ 吉田友和 ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


基本情報
発売日: 2016年03月10日頃
著者/編集: 吉田友和
出版社: 朝日新聞出版
サイズ: 新書
ページ数: 231p
ISBNコード: 9784022736550

【内容情報】
【歴史地理/旅行】「読んで、実際に行ってみる」新しい絶景本。『3日もあれば海外旅行』(光文社新書)の著者が、働きながら低コストで絶景にいくためのヒントを提案。実際に行ったからこそわかる本当にいい絶景・イマイチな絶景もあますところなく紹介。

【内容情報】
有名な絶景は数あれど、写真を見るだけで満足してはいないだろうか。「行きたいなあ」とうずうずしてきたら、それが絶景旅のタイミングだ。本当にすごいところはどこ?限られたお金と時間で楽しむには?読み終えたら、きっと旅の計画を立てたくなる。

【目次】
序章 旅人と絶景の関係
第1章 人気の絶景スポットには共通点があった
第2章 行ってみて本当に良かった絶景・ベスト20
第3章 絶景旅行を計画する
第4章 中国・黄龍を見に行く
第5章 九寨溝を見に行く

【著者情報】
吉田友和(ヨシダトモカズ)
1976年千葉県生まれ。旅行作家。出版社勤務を経て、夫婦の世界一周旅行の様子を綴った『世界一周デートトモ&エリの607日間ハネムーン』(TOKIMEKIパブリッシング)でデビュー。これまでに世界約90カ国を訪問し、現在もほぼ毎月海外へ出かけている。雑誌等への寄稿および記事監修のほか、編集者として旅行ガイドの制作なども手がける。

 旅の達人による絶景旅のススメ。

 まずは絶景をうたう旅本23冊を徹底分析。取り上げられた670カ所の絶景スポットの中で最も数多くの本に掲載されていたのは「ウユニ塩湖」「カッパドキア」「ギアナ高原」が同数で1位だったという。そうした絶景を解説しながら、もし自分が絶景本を作るなら「ウユニ塩湖」近くの「ラグーナ・コロラダ」や「ラグーナ・ベルデ」という湖も外せないと穴場の見どころも紹介。さらに、世界一周だけで3度もした氏が、これまでの旅から「非日常さ」など5項目を挙げてポイント化した吉田流「行ってみて本当に良かった絶景」20を発表。

 絶景旅行の計画の仕方から自らの体験ルポまで。夏旅計画の参考書にオススメ。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0