【親子でぶらり 学べるスポット】  SLや電車の秘密に迫ろう 東武博物館(東京都墨田区)

【親子でぶらり 学べるスポット】
SLや電車の秘密に迫ろう 東武博物館(東京都墨田区)
東京新聞2016年6月16日

http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokyoguide/info/burari/CK2016061602000185.html


画像

展示されたSLでは車輪が動く様子が間近で見られる

 入り口を入ってすぐに目に入るのが東武鉄道の出発点となった5号蒸気機関車の雄姿だ。1899(明治32)年、北千住と久喜の間で営業を始めた当時に復元された姿を眺めていると、運転席に人が座り、汽笛とともに車輪が動きだした。

 「SLの展示は数多くありますが、車軸から動力が伝えられた車輪がどうやって動くのか、間近で見られるのは珍しいと思います」。案内してくれた業務担当課長補佐の葛西達雄さんは話す。ショーは11時、13時40分、14時40分、16時の4回。

 同鉄道初の電気機関車ED101形や初の電車デハ1形5号、デラックスロマンスカー「けごん」の先頭部など、同鉄道を代表する実物車両が展示される一方、人気の高い運転シミュレーションでは、フルハイビジョンの迫力映像が導入されている。

 「50050系と80000系。実際の運転士の練習用にもできるものを使用しています」(葛西さん)というから本格的だ。また、実際にジオラマの中を走る電車の運転シミュレーションもあり、子どもたちの歓声が上がる。

 1日5回(10時半、11時25分、13時15分、14時15分、15時半)稼働する東武沿線を模したパノラマなどの展示に加えて、鉄道ファンにも人気なのが、博物館のある東向島駅に停車している実物車両を下から見ることができるウォッチングプロムナードだ。停車中の電車のブレーキが外れる様子など、日頃目にできない動きをよく観察しよう。
 ところで、展示車両の中に貨車も含まれるのには訳がある。「鉄道会社の名称は2通りあります。○○鉄道と○○電鉄。違いは過去に貨物輸送を行ったかどうかなんですよ」と葛西さん。ご存じでしたか? (仁)

◆ひとこと
 「夏休みには工作教室などいろんなイベントも予定しています。ぜひどうぞ」と葛西さん。


画像


 ★東武博物館 東京都墨田区東向島4の28の16、東武スカイツリーライン東向島駅すぐ。東武鉄道の主力車両の実物や部品などを展示。向島周辺の文化と歴史紹介も。入館料大人200円、4歳から中学生100円。原則月曜休館。(電)03・3614・8811

●足を延ばせば…

 ★向島百花園 墨田区東向島3、東武スカイツリーライン東向島駅徒歩8分。19世紀初め、民営の花園として造園された。四季折々の花が咲き、芭蕉(ばしょう)などの句碑や石柱も随所に立っている。夏の風物詩となっている「大輪朝顔展」は7月31日~8月7日に開催される。入園料一般150円、65歳以上70円。都内在学在住の中学生と小学生以下無料。年末年始のみ休園。(電)03・3611・8705

 ★郵政博物館 墨田区押上1の1の2、東京スカイツリータウン・ソラマチ9階。東武スカイツリーライン押上駅すぐ。日本最大の約33万点の切手展示をはじめ、郵政、通信に関する資料を展示。体験・体感型のコンテンツも。入館料大人300円、小中高生150円。不定休。(電)03・6240・4311

Editors' Choice
超望遠もおまかせ!ソニーの高画質デジカメ
文・LockUP
朝日新聞デジタル2016年6月6日

http://www.asahi.com/and_bazaar/articles/SDI2016060383701.html?iref=andb_pc_top_main1

ソニー Cyber-shot DSC-RX10M3

画像


 1.0型センサーの高画質と望遠対応で人気のソニー・サイバーショットRX10シリーズに、待望のニューモデルが登場。こちらの「DSC-RX10M3」は、24-200mm(35mm判換算)だった前モデルを大きくしのぐ24-600mm/F2.4-4.0(35mm判換算)の大口径高倍率ズームレンズを搭載。9枚羽根円形絞りと専用設計のZEISSバリオ・ゾナーT*レンズの組み合わせで、超望遠でも美しいボケ味が楽しめるカメラに進化した。

 こだわりの撮像素子も1.0型のままパワーアップし、信号処理のスピードが大幅に向上。最大960fps(40倍)のスーパースローモーション動画や最高1/32000秒の電子シャッターなど、プロの期待にも応える性能を備えている。さらに超望遠モデルでありながら、約0.09秒の高速AFを実現。スポーツや野鳥撮影など、一瞬のシャッターチャンスが重要なシーンでも活躍するだろう。

 「レンズ交換無しに、1台でオールマイティーに撮影を楽しみたい」というハイアマチュアの声にもしっかり応える、ハイスペックなカメラに仕上がった。

ソニー Cyber-shot DSC-RX10M3


画像



画像



画像






ソニー Cyber-shot DSC-RX10M3 《納期約1ヶ月》
カメラのキタムラ
【製品特徴】■RXシリーズ初、24-600mm(光学25倍)の高倍率ZEISSバリオ・ゾナーT*レン


楽天市場 by ソニー Cyber-shot DSC-RX10M3 《納期約1ヶ月》 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


【製品特徴】
■RXシリーズ初、24-600mm(光学25倍)の高倍率ZEISSバリオ・ゾナーT*レンズを搭載。風景などの広角撮影から、スポーツや
 野鳥などの超望遠撮影まで、あらゆるシーンを1台でカバー
■メモリー一体1.0型積層型CMOSセンサーとBIONZ Xで高画質と高速読み出しを実現
■600mmまでの幅広い撮影領域で実現する、プロ仕様の4K動画とスーパースローモーション
■ファストインテリジェントAFを搭載することにより、600mmまでの望遠レンズ搭載モデルでありながら、約0.09秒の高速AFを実現
■スマートフォンやタブレットに専用アプリをインストールすれば、静止画や動画を転送可能。NFC対応ならワンタッチで接続可能

【製品仕様】
●有効画素数:約2010万画素
●ズーム倍率:光学 25倍、デジタル 100倍
●焦点距離(35mm換算):24~600mm
●記録メディア:メモリースティック デュオ/PRO デュオ/PRO デュオ(High Speed)/PRO-HG デュオ、SD/SDHC/SDXCメモリーカード
●液晶モニター:3.0型 約122.9万ドット
●動画記録サイズ:4K(3840×2160)、フルハイビジョン(1920×1080)他
●質量:約1095g(電池及びメモリーカード含む)
●電池:NP-FW50(付属 撮影可能枚数目安 液晶モニター使用時:約420枚 ファインダー使用時:約370枚)

【付属品】
リチャージャブルバッテリーパックNP-FW50、ACアダプター、マイクロUSBケーブル、ショルダーストラップ、レンズキャップ、シューキャップ、
レンズフード、アイピースカップ、取扱説明書 他

※詳しくはメーカーサイトをご確認下さい。

sony`サイバーショット`ソニーCyber-shotDSC-RX10M3`RX10III`RX103`
http://www.sony.jp/cyber-shot/products/DSC-RX10M3/

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0