【新書あらかると】  「テツに学ぶ楽しい鉄道旅入門」野田隆著(ポプラ社 780円+税)

新書あらかると
「テツに学ぶ楽しい鉄道旅入門」野田隆著(ポプラ社 780円+税)
日刊ゲンダイ2016年5月19日

http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/book/181584


画像


「テツに学ぶ楽しい鉄道旅入門」(ポプラ新書) 野田隆著(ポプラ社 842円税込)


画像


記録、収集、会社運営妄想……。テツたちの悲哀と情熱を通して、もうひとつの旅、人生を感じるエッセイ。

【内容情報】(出版社より)
絶景、グルメもひと味違う!?
こだわり鉄道旅の究極のカタチ
新幹線開業やローカル観光列車の増加など、旅の変化に合わせ、独自の進化を続ける鉄道マニア=テツたち。こだわりすぎて一見不可解・不自由に見える彼らの行動は、極めることの楽しさ、わが道を貫くたくましさに満ちている。絶景、グルメもひと味違う、旅と人生を謳歌するためのヒント。

【目次】
第1章 こだわりと忍耐の「撮り鉄」たち
1 鉄道写真家のあくなき執念
2 出発進行! 運転台にのめり込む人々
3 音にとりつかれて……
4 煙を堪能、楽園求めてどこまでも
第2章 旅情か全線完乗か、「乗り鉄」たち
1 旅好きから、「乗り鉄」への変貌
2 記録派、「乗り潰し」という仕事
3 数字の羅列は美しい
4 駅に着いたらお仕事開始!
5 廃線跡ロマンティック
6 ママ鉄、呑み鉄、読み鉄
7 割引切符の達人たち
第3章 「収集鉄」たち、その愛着の理由
1 切符は旅の原点だ!
2 制服・部品コレクターの素顔
3 駅弁への異常な愛情
4 頭脳派たちの秘かな愉しみ
第4章 夢はやっぱり運転士!? 「模型鉄」たち
1 もっとも優雅で高貴な模型趣味
2 正確さをモットーに、模型製作派
3 わが家の居間に線路を敷く、運転派
4 貨物の謎に挑む人々
5 鉄道を走らせるのはオレだ!

【著者略歴】
野田 隆(のだ・たかし)
1952年名古屋市生まれ。早稲田大学大学院修了(国際法)。都立高校に勤務のかたわら、ヨーロッパや日本の鉄道旅行を中心とした著作を発表し、2010年3月に早期退職後、フリーとして活動。日本旅行作家協会理事、総合情報サイトAll About「鉄道」ガイド。『一度は乗りたい絶景路線』『にっぽん鉄道100景』(ともに平凡社新書)、『定年からの鉄道旅行のススメ』(洋泉社新書)、『出張ついでのローカル線』(メディアファクトリー新書)など著書多数。


(092)テツに学ぶ楽しい鉄道旅入門 (ポプラ新書)
ポプラ社
野田 隆

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by (092)テツに学ぶ楽しい鉄道旅入門 (ポプラ新書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



テツに学ぶ楽しい鉄道旅入門 [ 野田隆 ]
楽天ブックス
ポプラ新書 野田隆 ポプラ社発行年月:2016年04月01日 ページ数:213p サイズ:新書 IS


楽天市場 by テツに学ぶ楽しい鉄道旅入門 [ 野田隆 ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


基本情報
発売日: 2016年04月01日頃
著者/編集: 野田隆
出版社: ポプラ社
サイズ: 新書
ページ数: 213p
ISBNコード: 9784591149973
注記: 『素晴らしき哉、鉄道人生』加筆・修正・改題書

【内容情報】
記録、収集、会社運営まで。あなたの旅が深まる、鉄道趣味の数々。新幹線開業やローカル観光列車の増加など、旅の変化に合わせ、独自の進化を続ける鉄道マニア=テツたち。こだわりすぎて一見不可解・不自由に見える彼らの行動は、極めることの楽しさ、わが道を貫くたくましさに満ちている。絶景、グルメもひと味違う、旅と人生を謳歌するヒント満載。

【目次】
第1章 こだわりと忍耐の撮り鉄たち
鉄道写真家のあくなき執念
出発進行!運転台にのめり込む人々 ほか
第2章 旅情か全線完乗か、乗り鉄たち
旅好きから、「乗り鉄」への変貌
記録派、「乗り潰し」という仕事 ほか
第3章 収集鉄たち、その愛着の理由
切符は旅の原点だ!
制服・部品コレクターの素顔 ほか
第4章 夢はやっぱり運転士!?模型鉄たち
もっとも優雅で高貴な模型趣味
正確さをモットーに、模型製作派 ほか

【著者情報】
野田隆(ノダタカシ)
1952年名古屋市生まれ。早稲田大学大学院修了(国際法)。都立高校に勤務のかたわら、ヨーロッパや日本の鉄道旅行を中心とした著作を発表し、2010年3月に早期退職後、フリーとして活動。日本旅行作家協会理事、総合情報サイトAll About「鉄道」ガイド

 こだわりぶりで他の趣味を圧倒する鉄道ファン=テツの思考法や、行動様式に人生と旅の楽しみ方を学ぶ鉄道エッセー。

 ひと口にテツといっても、その興味の対象は千差万別。乗ることに生きがいを感じ全国の鉄道路線すべてに乗る「完乗」を目指す人、鉄道車両の写真やビデオを撮ることに夢中になっている「撮り鉄」、切符や関連グッズのコレクションに邁進する人、鉄道模型作りや収集に命をかける人など。鉄道はあくまでも移動の手段だったのに、列車に乗ること自体が目的になり、やがて「完乗」を目指すようになっていく。

 一般の人がテツになるまでの過程や、一見不可解に見える彼らのこだわりや楽しみ方を解説しながら、究めることの楽しさを伝える。