知らない街を歩いてみたい

アクセスカウンタ

zoom RSS 【書評】   家康、江戸を建てる 門井慶喜 著 (祥伝社 ・ 1944円)

<<   作成日時 : 2016/03/28 07:53   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

【書評】
家康、江戸を建てる 門井慶喜 著 (祥伝社 ・ 1944円)
東京新聞2016年3月27日

http://www.tokyo-np.co.jp/article/book/shohyo/list/CK2016032702000184.html


画像


◆大事業に技術者の力

「家康、江戸を建てる」門井慶喜著(祥伝社  定価1,800円+税)


画像



家康、江戸を建てる
祥伝社
門井慶喜

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 家康、江戸を建てる の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


登録情報
単行本: 400ページ
出版社: 祥伝社 (2016/2/9)
言語: 日本語
ISBN-10: 4396634862
ISBN-13: 978-4396634865
発売日: 2016/2/9
商品パッケージの寸法: 19.2 x 12.8 x 3 cm

内容
「北条家の旧領関東二百四十万石を差し上げよう」天正十八年、落ちゆく小田原城を眺めながら、関白・豊臣秀吉は徳川家康に囁いた。その真意は、水びたしの低湿地ばかりが広がる土地と、豊饒な現在の所領、駿河、遠江、三河、甲斐、信濃との交換であった。愚弄するかのような要求に家臣団が激怒する中、なぜか家康はその国替え要求を受け入れた…。ピンチをチャンスに変えた究極の天下人の、面目躍如の挑戦を描く快作誕生!

著者略歴
門井/慶喜
1971年、群馬県生まれ。同志社大学文学部卒(日本史専攻)。2003年に「キッドナッパーズ」で第42回オール讀物推理小説新人賞を受賞

[評者]森彰英=ジャーナリスト

 天正十八年(一五九〇)夏、小田原攻めの陣中で、徳川家康が豊臣秀吉から北条家の旧領地関東八カ国を譲り受ける場面から始まる。物語は歴史小説の造りだが、読み進むうちに壮大なプロジェクトをテーマにしたノンフィクションにも思えてくる。利根川の流れを東にねじ曲げて肥沃(ひよく)な大地を創出する(「流れを変える」)、吹立御用(ふきたてごよう)(貨幣鋳造)という仕事を通して描かれる江戸と上方の通貨戦争(「金貨(きん)を延べる」)、武蔵野の浄水を江戸市内に取り入れる(「飲み水を引く」)、江戸城石垣の造成競争(「石垣を積む」)という四つの大事業がそれに携わった技術エリートたちの生きざまと仕事ぶりを通じて描かれる。彼らはとても江戸人と思えない。いま地球的規模で活躍する先端技術者たちが現場でアクシデントと闘う姿と重なり合うからだ。

 著者の懇切な手引きで、読者は関東平野を歩き回り、工事現場を仮想体験できる。その場所が現代のどこかも的確に示されるから、リアリティ充分だ。最終章「天守を起こす」では、大坂城の天守閣が黒壁なのに対してなぜ江戸城は白壁かという問題をめぐり、江戸普請のオーナーである家康・秀忠父子が対立する場面がスリリングだ。末尾七行がその結論だが、実は著者が本書を書いた意図の集約ではないか。未読の方のお楽しみのために、引用は差し控えよう。

<かどい・よしのぶ> 1971年生まれ。作家。著書『新選組颯爽録』など。

◆もう1冊 
 鈴木理生(まさお)著『江戸はこうして造られた』(ちくま学芸文庫)。家康の江戸入りから百万都市になるまでの百年を描く。





江戸はこうして造られた [ 鈴木理生 ]
楽天ブックス
ちくま学芸文庫 鈴木理生 筑摩書房発行年月:2000年01月06日 予約締切日:1999年12月30


楽天市場 by 江戸はこうして造られた [ 鈴木理生 ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
【書評】   家康、江戸を建てる 門井慶喜 著 (祥伝社 ・ 1944円)  知らない街を歩いてみたい/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる