【書評】 現代の東京のうしろに見え隠れする貧富の差の大きさ  『地図と愉しむ東京歴史散歩』

【書評】現代の東京のうしろに見え隠れする貧富の差の大きさ
NEWSポストセブン2015.12.08 07:00

http://www.news-postseven.com/archives/20151208_368690.html

【書評】『カラー版 地図と愉しむ東京歴史散歩 お屋敷のすべて篇』竹内正浩著/中公新書/1000円+税

「地図と愉しむ東京歴史散歩(お屋敷のすべて篇) カラー版」(中公新書) 竹内正浩著(中央公論新社 1,080円税込)


画像


カラー版 地図と愉しむ東京歴史散歩 お屋敷のすべて篇 (中公新書)
中央公論新社
竹内 正浩

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by カラー版 地図と愉しむ東京歴史散歩 お屋敷のすべて篇 (中公新書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



地図と愉しむ東京歴史散歩(お屋敷のすべて篇) [ 竹内正浩 ]
楽天ブックス
カラー版 中公新書 竹内正浩 中央公論新社発行年月:2015年10月 ページ数:215p サイズ:新


楽天市場 by 地図と愉しむ東京歴史散歩(お屋敷のすべて篇) [ 竹内正浩 ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


基本情報
発売日: 2015年10月
著者/編集: 竹内正浩
出版社: 中央公論新社
サイズ: 新書
ページ数: 215p
ISBNコード: 9784121023469

【内容情報】
大名屋敷をひきついだ華族たちの邸宅は、経済危機、震災や空襲によって、多くが消えていった。跡地の多くは学校や大使館、企業迎賓館、ホテル、高級住宅地やマンションへと変わった。だが、宏壮な豪邸の面影を残すものも現存する。本書は、華麗のお屋敷をはじめ、歴代総理の私邸、川辺に存在した邸宅、住宅開発の変遷までを徹底収録。巻末に明治二十年と大正五年の全国・全華族のお屋敷リスト(のべ一五〇〇家)も付す。

【目次】
1 華族住所録を読み解くー華族邸跡を歩く
華族の変遷
華族邸を歩く
2 川の手別邸物語
遊園
別邸
3 明治~平成、歴代総理のお屋敷事情
4 新興のお屋敷町を歩く
実業家の館
ブランドを売る
大衆の時代到来

【著者情報】
竹内正浩(タケウチマサヒロ)
1963年、愛知県生まれ。文筆家。地図や近現代史研究をライフワークとする。

【評者】川本三郎(評論家)

「お屋敷」という言葉は現在の東京ではもう死語だろう。土地代は高いし、相続税の問題もある。よほどの大金持ちでなければ、屋敷に住むのは難しい。それに対し、昔の東京にはお屋敷が数多くあった。豪邸が並ぶ「お屋敷町」があった。格差社会が当り前だったから、貧民街とお屋敷町が共存していた。

 著者は、古い地図を手がかりに明治から大正、昭和にかけて、東京にいかに豪華な屋敷が多かったかを辿ってゆく。皇居に近い高台の番町をはじめ駿河台、麻布、赤坂、青山などには庶民にはとても手の届かない宏壮な屋敷が並んだ。

 戦前には華族制度があり、屋敷の多くは爵位を持つ華族の私邸だった。さらに政治家、実業家(財閥)、軍人らが豪邸を競った。西洋の城のような鍋島邸(永田町)。ベランダのついた洋館、細川邸(目白台)。一万五千坪もあったという山県有朋邸(目白)。写真付きで次々に紹介される豪邸には目を見張る。同時にウサギ小屋に住む人間としては、昔の東京はいかに貧富の差が大きかったかと考えざるを得ない。

 戦後、華族制度が廃止されるとお屋敷は次第に消えてゆく。広大な屋敷は手離され、学校、ホテル、大使館などに変わる。旧制度の解体は、お屋敷の消滅になる。

 明治の元勲、山県有朋は本宅の他に、別宅、別荘を各所に構えたが、戦後の首相、福田赳夫は別荘を持たないと公言した。その後の橋本龍太郎はマンション住まいだった。もうお屋敷の時代ではない。

 山県有朋の屋敷は、ホテル椿山荘東京になった。また、中国大使館は後藤新平の屋敷があったところ。フランス大使館は尾張徳川家の屋敷だったところ。消えてしまったとはいえ、現代の東京のうしろに、かつてのお屋敷が見え隠れしている。

 著者は鉄道、地理に詳しく、これまでも資料を駆使した東京本の労作を書き続けている。本書も実に丹念な仕事。資料を読み込み、さらに現地をきちんと歩いている。

※週刊ポスト2015年12月18日号

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0