【新書あらかると】  「内房線の猫たち 異説里見八犬伝」西村京太郎著(講談社 800円+税)

新書あらかると
「内房線の猫たち 異説里見八犬伝」西村京太郎著(講談社 800円+税)
日刊ゲンダイ2015年10月22日

http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/book/167153

「内房線の猫たち 異説里見八犬伝」 (講談社ノベルス) 西村京太郎著(講談社 864円税込)


画像


【内容情報】(出版社より)
里見家家臣の末裔と複雑に絡み合う戦時中の重大事とは?

猫姓の子孫たちが「里見埋蔵金」探しに挑んだ先はーー

「人生を楽しみたければ、電話したまえ」
ーー猫田は留置所で出会った小笠原に連絡し、千葉県館山に向かう。
『南総里見八犬伝』の里見家家臣の末裔であると知らされた猫田は、
深夜に駐車場を走るSLを見るが、誰もがそれを否定する。
その謎を解くために鉄道連隊のあった津田沼に赴くと、
そこで知り合った小田島も、路上を走るSLを見たという。
本当にSLは走ったのか? 里見家再興を望む子孫たちと関わりが? 
そして最後に十津川警部は……


内房線の猫たち 異説里見八犬伝 (講談社ノベルス)
講談社
西村 京太郎

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 内房線の猫たち 異説里見八犬伝 (講談社ノベルス) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



内房線の猫たち 異説里見八犬伝 [ 西村京太郎 ]
楽天ブックス
異説里見八犬伝 講談社ノベルス 西村京太郎 講談社発行年月:2015年10月08日 予約締切日:20


楽天市場 by 内房線の猫たち 異説里見八犬伝 [ 西村京太郎 ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


商品基本情報
発売日: 2015年10月08日頃
著者/編集: 西村京太郎
出版社: 講談社
サイズ: 新書
ページ数: 163p
ISBNコード: 9784062990561

【内容情報】
「人生を楽しみたければ、電話したまえ」-猫田は留置所で出会った小笠原に連絡し、千葉県館山に向かう。『南総里見八犬伝』の里見家家臣の末裔であると知らされた猫田は、深夜に駐車場を走るSLを見るが、誰もがそれを否定する。その謎を解くために鉄道連隊のあった津田沼に赴くと、そこで知り合った小田島も、路上を走るSLを見たという。本当にSLは走ったのか?里見家再興を望む子孫たちと関わりが?そして最後に十津川警部は…

【著者情報】
西村京太郎(ニシムラキョウタロウ)
1930年東京生まれ。’65年、『天使の傷痕』で江戸川乱歩賞を受賞。’81年には、『終着駅殺人事件』で日本推理作家協会賞に輝く。2004年に第8回日本ミステリー文学大賞、2010年に第45回長谷川伸賞を受賞した。

 酒とケンカに明け暮れる28歳の猫田は、留置場で知り合った小笠原に誘われ、千葉県の館山を訪ねる。小笠原によると、滝沢馬琴の「南総里見八犬伝」のモデルになった里見家の忠臣の名前には、実は犬ではなく猫の文字が入っており、猫田はその末裔だというのだ。親に捨てられ施設で育った猫田は、その話に興味をそそられる。小笠原に連れられていった里見家の菩提寺の住職から見せてもらった資料にも、猫がつく名字が並んでいた。その深夜、ホテルで目覚めた猫田は窓の外を走る蒸気機関車を目撃する。不審を抱く猫田は、戦時中に鉄道連隊があった津田沼に足を運び、小田島という老人と知り合う。

 人気の十津川警部シリーズ最新刊。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0