JR、「瑞風」山陽山陰5コース 立ち寄り駅も発表

【話題のニュース】
JR、「瑞風」山陽山陰5コース 立ち寄り駅も発表
東京新聞2015年6月18日 20時57分

http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2015061801001866.html

 JR西日本は18日、2017年春に運行を始める豪華寝台列車「トワイライトエクスプレス 瑞風」を、山陽・山陰をめぐる全5コースにすると発表した。車窓の景色やディナーを楽しむだけでなく、旅程に観光地への立ち寄りも加えた。


画像





 宮島口と尾道の2駅に停車する「山陽(上り)」など1泊2日の4コースと、岡山、松江または宍道、東浜の3駅に止まる2泊3日の「山陽・山陰(周遊)」コース。出発駅は周遊と下りが京都か大阪で、上りが下関。

 立ち寄りは5コースで計11駅。観光地までの交通手段など詳細は未定で、JR西の真鍋精志社長は「地域の方と一体となって用意していきたい」と説明した。
(共同)

2015年6月18日列車の運行
TWILIGHT EXPRESS 瑞風で探訪する美しい日本について

https://www.westjr.co.jp/press/article/2015/06/page_7249.html

夏の夜空をキレイに残そう 星空AF搭載のLUMIX G7 登場
(更新 dot.asahi.com2015/6/ 4 19:37)

http://dot.asahi.com/asahicameranet/info/productnews/2015060400138.html

画像
DMC-G7 高倍率ズームレンズキット








画像
DMC-G7 背面モニター可動イメージ


画像
DMC-G7 ボディ





パナソニック LUMIX DMC-G7-K ボディ ブラック 《6月25日発売予定》
カメラのキタムラ
【製品特徴】■空間認識技術(DFD〈DepthFrom Defocus〉テクノロジー)と精度の高いコ


楽天市場 by パナソニック LUMIX DMC-G7-K ボディ ブラック 《6月25日発売予定》 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


 パナソニックは、デジタル一眼カメラ「LUMIX G7(DMC-G7)」を、2015年6月25日に発売する。

 同製品は、撮像素子に1600万画素の4/3型Live MOSセンサーと、画像処理エンジンに4つのCPUを搭載したヴィーナスエンジンを搭載。同画像処理エンジンによって、ノイズリダクション性能および色再現性、さらに回折補正機能も搭載したことで、解像感が向上しているという。

 ISO感度設定範囲は、ISO200~ISO25600(1/3EVステップ)まで設定可能。拡張ISO感度機能を使えば、ISO100相当での撮影もできる。また、フル画素で約8コマ/秒(AF追従で約6コマ/秒)という連写性能も備えている。

 49点AFシステムを採用。顔(最大15人検知)・瞳認識AFをはじめ、-4EVまで対応し、低照度の環境下でも正確なピント合わせができるという[ローライトAF]、微小なコントラストを検出することで、星にピントを合わせができる[星空AF]が機能する。

 有機ELディスプレーを採用した約236万ドットのライブビューファインダーを搭載。同ファインダーにはアイセンサーを内蔵しており、アイセンサーAF機能も備えている。

 背面モニターには、左右に180度、上下に270度可動する3.0型(約104万ドット)のフリーアングルモニターを搭載。静電容量方式のタッチパネルで、タッチAF・AE、タッチシャッター、瞳AF時には、手前の瞳、奥の瞳にタッチでフォーカス位置の切り替えなどができる。

 秒間30コマ連写を長時続けられるという撮影機能[4K PHOTO]を搭載。

 同機能では、シャッターボタンを押している間だけ連写する、スポーツや飛行機、鉄道撮影などに適した[4K連写]モードや、シャッターボタンを押してスタート(S)、もう一度押すと撮影をストップ(S)させる[4K連写(S/S)] モード、シャッターボタンを押した前後約1秒を連写撮影して、肉眼ではとらえきれない一瞬を記録するのに適したモード[4Kプリ連写]という、3つの撮影モードを使い分けられる。


 Wi-Fi対応の無線LAN機能を内蔵しており、スマートフォン向け専用アプリ『Panasonic Image App』を介した“スマホ連携(画像転送・リモート操作[ジャンプスナップ対応]、GPSジオタギング、ショートムービー作成)”もできる


 また、3840×2160/30pでの4K画質および1920×1080/60p(AVCHD Progressive)でのフルHD動画撮影にも対応。動画撮影中には、タッチ操作を活かした[ピント送り]をはじめ、映像を演出する[フェードイン/アウト]機能、そして[ピーキング][ゼブラパターン表示]といったサポート機能が動作する。


 すでに予約の受け付けを開始している家電量販店での価格は以下のとおり。

ボディ(DMC-G7):9万180円

高倍率ズームレンズキット(DMC-G7H) 12万9600円
LUMIX G VARIO 14-140mm / F3.5-F5.6 ASPH. / POWER O.I.S.同梱