【書評】 地図入門 今尾 恵介 著(講談社選書メチエ・1728円) (東京新聞2015年5月24日)

【書評】
地図入門 今尾 恵介 著 (講談社選書メチエ・1728円)
東京新聞2015年5月24日

http://www.tokyo-np.co.jp/article/book/shohyo/list/CK2015052402000186.html


画像


◆記号の裏に人を読む

「地図入門」 (講談社選書メチエ) 今尾恵介著(講談社 1,728円税込)


画像



地図入門 (講談社選書メチエ)
講談社
今尾 恵介

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 地図入門 (講談社選書メチエ) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



地図入門 [ 今尾恵介 ]
楽天ブックス
講談社選書メチエ 今尾恵介 講談社発行年月:2015年04月11日 予約締切日:2015年04月10


楽天市場 by 地図入門 [ 今尾恵介 ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


発売日: 2015年04月11日頃
著者/編集: 今尾恵介
出版社: 講談社
サイズ: 全集・双書
ページ数: 242p
ISBNコード: 9784062586016

【内容情報】(出版社より)
地図とは地形や道路、建物などの現実を記号化すること。そのためには、さまざまな省略があります。地図の制作者はどのように現実を記号化するのでしょうか。「総描」「転位」とはどのような作業なのか?また、基準を決めるのも重要です。たとえば、海抜0メートルの決め方とは? 地形図と海図の基準の違いとは?日本の近代以降の地図を中心に、読み方から楽しみ方まで紹介する入門書の登場です。

【内容情報】
地形や道路、建物などの現実を記号化する特有の技法がある。それを知ることで、地図の声を聴く。「総描」「転位」とは何か?等高線からどのように地形を想像するか?地形図と海図の「0メートル」の違いとは?無断転載を防ぐトラップ「幽霊道路」とは?近現代日本の地図を中心に、読み方から楽しみ方まで紹介。

【目次】
第1章 地図とは何かー地形図、土地条件図、住宅地図、海図
地図の種類ー一般図と主題図
地形図ー風景の見える地図
陸軍と田んぼの記号 ほか
第2章 風景を記号化するー地図記号
この世を抽象化するための記号
お役所の記号が多い日本の地形図
地形図の植生記号 ほか
第3章 地図の縮尺と高さ
縮尺とは何か
大縮尺と小縮尺
メートル法 ほか
第4章 地図と地名のはなし
日本の行政区分と地名階層
住所表示の特例
大正期の帝国図における町村名と居住地名 ほか
第5章 地図と政治
戦争と地図
戦時改描と立川
いろいろな改描の実際 ほか
第6章 地形を味わう
地図で観察する川
大井川下流部「越すに越されぬ…」
大井川中流部は嵌入蛇行「鵜山の七曲り」 ほか

【著者情報】
今尾恵介(イマオケイスケ)
1959年、神奈川県横浜市生まれ。音楽出版社勤務を経て、1991年にフリーランサーとして独立。以後、地図・地名・鉄道関係の単行本の執筆を精力的に手がける。現在は地図研究家。(財)日本地図センター客員研究員、(財)地図情報センター評議員、日本地図学会「地図と地名」専門部会主査

電子書籍


地図入門 (講談社選書メチエ)
講談社
2015-05-22
今尾恵介

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 地図入門 (講談社選書メチエ) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



地図入門【電子書籍】[ 今尾恵介 ]
楽天Kobo電子書籍ストア
地図とは地形や道路、建物などの現実を記号化すること。そのためには、さまざまな省略があります。地図の制


楽天市場 by 地図入門【電子書籍】[ 今尾恵介 ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


【評者】芳賀啓=東京経済大客員教授

 地図に関しては「作る」「使う」「読む」の三つの立場がある。著者の今尾さんも評者も日本地図学会の評議員だが、そこでは国土地理院や測量・地図会社などの「作る」立場の人が多く、次に学校の先生つまり教育の場で「使う」人が多い。つまりプロである。これに対して「読む」をメインとする素人もいるが、どちらかというと少数である。今尾さんは「地図を読む」人の代表で、それも今や少数派の紙の地形図を読むことを本領とする。「小中学生の頃からヒマさえあれば地図を眺め」てきた著者は、「私は基本的に地形図マニアである」と言う。

 地形ブームを反映してか、全六章のうち最後の「地形を味わう」の章に多くページが割かれている。しかし、本書はよくある地形トリビア本ではない。第五章「地図と政治」では旧参謀本部地図の「戦時改描」の愚かさを指摘し、やや長いあとがきのサブタイトルを「地図に騙(だま)されないために」とし、昨今のひとりよがりな「記号化」への誘惑を牽制(けんせい)する。

 地図はたしかにさまざまな記号で作られていると言える。しかしその背後に横たわる現実の地形と人間へのヒューマンな眼差(まなざ)しこそ、この著者を今日価値あらしめている特長であろう。ただし、第三章で「波食台」が「岩石の屑(くず)が海底に堆積して」できたとするのは誤り。波食台は侵食地形です。

 いまお・けいすけ 1959年生まれ。地図研究家。著書『地図を探偵する』など。

◆もう1冊 
 堀淳一著『地図のたのしみ・新装新版』(河出書房新社)。内外の地図の魅力、地図の旅や鉄道図を解説した名著。


地図のたのしみ (KAWADEルネサンス)
河出書房新社
堀 淳一

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 地図のたのしみ (KAWADEルネサンス) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



地図のたのしみ新装新版 [ 堀淳一 ]
楽天ブックス
堀淳一 河出書房新社発行年月:2012年03月 予約締切日:2012年03月22日 ページ数:275


楽天市場 by 地図のたのしみ新装新版 [ 堀淳一 ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル