39カ国の家庭料理を自宅で再現。居ながらにして“食”の世界旅行

出版HOT NEWS
39カ国の家庭料理を自宅で再現。居ながらにして“食”の世界旅行
日刊ゲンダイ2015年5月22日

http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/book/160006


画像


「食べる世界地図」 ミーナ・ホランド著, 清水由貴子訳(エクスナレッジ 2,376円税込)


画像


食べる世界地図
エクスナレッジ
2015-04-17
ミーナ・ホランド

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 食べる世界地図 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



食べる世界地図 [ ミーナ・ホランド ]
楽天ブックス
ミーナ・ホランド 清水由貴子 エクスナレッジ発行年月:2015年04月 ページ数:431p サイズ:


楽天市場 by 食べる世界地図 [ ミーナ・ホランド ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



発売日: 2015年04月
著者/編集: ミーナ・ホランド, 清水由貴子
出版社: エクスナレッジ
サイズ: 単行本
ページ数: 431p
ISBNコード: 9784767819587

【内容情報】
世界の39の国と地域の料理と、その後ろに隠された歴史と文化。南インドのココナッツ・フィッシュカレー、刺激的なペルーのセビチェ、中東の茄子のペースト、デンマークのドリーム・ケーキ…。名前だけでも食欲を刺激する料理の数々に、塩漬けタラや唐辛子といった多くの国に共通する食材の秘密、移民がもたらす影響と変化。地理と歴史が複雑に絡み合う食文化の世界を読みとく、極上の食辞典。初心者にも作れる、それぞれの地域のレシピも掲載!グルマン世界料理本大賞2015 UK「食の紀行」部門グランプリ受賞!

【目次】
ヨーロッパ
(フランス/スペイン/ポルトガル/イタリア/東ヨーロッパ/ドイツ/スカンジナビア)
中東
(トルコ/レバント地方/イスラエル/イラン)
アジア
(インド/タイ/ベトナム/中国/朝鮮/日本)
アフリカ
(エチオピア/西アフリカ/モロッコ)
南北アメリカ
(カリフォルニア/ルイジアナ/メキシコ/カリブ諸島(ジャマイカ)/ペルー/ブラジル/アルゼンチン)

【著者情報】
ホランド,ミーナ(Holland,Mina)
フードライター。現在、『オブザーバー・フード・マンスリー』紙の外部編集者を務める。世界各国を旅行し、また暮らした経験をもとに世界中の食習慣を探究し続けている。『食べる世界地図』は著書第一作目

清水由貴子(シミズユキコ)
英語・イタリア語翻訳者。上智大学外国語学部卒

 食文化を知ると、その土地の歴史や風俗も見えてくるもの。インターネットで膨大なデータを調べるよりも、名物料理を一品食べる方がその土地を身近に感じることができるだろう。

 ミーナ・ホランド著、清水由貴子訳「食べる世界地図」(エクスナレッジ 2200円+税)では、世界の食習慣を研究しているフードライターの著者が、39の国と地域の料理を文化的背景も交えながら紹介。その土地ならではの家庭料理のレシピも掲載している。

 世界3大料理のひとつであるフランス料理にも、素朴なものがいくつもある。例えばフランス南東部の片隅にあるローヌ・アルプは、プロバンスやブルゴーニュに囲まれ、実にさまざまな食材が集まる地域。人々はAOC(特定地域製品を保護するための政府による認証)に認定された地元食材に誇りを持ち、特に高級食材であるブレス鶏は多くのシェフに愛されている。

 とはいえ、家庭料理でこのような高級食材が使われているわけではない。ローヌ・アルプの味を体験したいなら、サボワ風グラタンがおすすめだ。ニンニクとバターを塗りつけた耐熱皿にスライスしたジャガイモを重ね、チキンブイヨンを流し込んだらグリュイエールチーズとナツメグをのせてオーブンで焼き上げる。ロースト料理やサラダとの相性がいいという。

 北欧のスカンディナビアには素晴らしい家庭料理が数多くあり、近年イギリスなどではスカンディナビア料理に注目が集まっているという。料理の主役はマス、タラ、サケなどの魚なので、日本人にも馴染みやすい。サケを白ワインや各種のハーブに漬けたグラブラックスというマリネは、パンにのせて食べると抜群のおいしさだ。ちなみに、翻訳本である本書には日本も掲載されており、出汁のうま味を堪能する家庭料理として、うどんのレシピが載っている。

 遠い異国に思いを馳せつつ、料理を作ってみては。