【新書あらかると】 「金沢謎解き街歩き・金沢を歩き解く!」 能登印刷出版部著(実業之日本社)

新書あらかると
「伝統と革新の町・金沢を歩き解く!」 能登印刷出版部著(実業之日本社 800円+税)
日刊ゲンダイ2015年5月21日

http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/book/159969


画像


「金沢謎解き街歩き 伝統と革新の町・金沢を歩き解く!」(じっぴコンパクト新書)能登印刷株式会社著(実業之日本社 864円税込)


画像



金沢謎解き街歩き (じっぴコンパクト新書)
実業之日本社
能登印刷出版部

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 金沢謎解き街歩き (じっぴコンパクト新書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



金沢謎解き街歩き [ 能登印刷株式会社 ]
楽天ブックス
伝統と革新の町・金沢を歩き解く! じっぴコンパクト新書 能登印刷株式会社 実業之日本社発行年月:20


楽天市場 by 金沢謎解き街歩き [ 能登印刷株式会社 ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


発売日: 2015年03月
著者/編集: 能登印刷株式会社
出版社: 実業之日本社
サイズ: 新書
ページ数: 211p
ISBNコード: 9784408008707

【内容情報】
加賀百万石の城下町・金沢。その街の至るところに残る数々の謎。「天下の書府」といわれ、文化・芸能に秀でた才能を次々に輩出してきたその背景には何があるのか。言わずと知れた兼六園などの有名観光地はもちろん、普段は見落としがちな何気ない街の風景にも、意外な真実が隠れていたりする。金沢に住んでいる人も、これから行くという人も、街を歩く前に本書を一読してほしい。きっと、金沢という街の奥深さに魅了されるはずだ。

【目次】
第1章 これだけ知っていると、金沢の街歩きが楽しくなる
第2章 名所・旧跡の謎を読み解く
第3章 人気スポットの不思議を解き明かす
第4章 歴史・文化・風習の謎に迫る
第5章 加賀百万石の食彩探訪
第6章 歴史を変えた!?人物・事件の謎を解く

 北陸新幹線の開通で身近になった金沢の魅力を伝える面白ガイドブック。

 日本三大名園のひとつ兼六園の有名な「徽軫灯籠」。片脚は霞ケ池の水中にあって2メートル、陸に置かれたもう一脚は80センチとその不均衡が美しさを際立たせているのだが、江戸時代には実は両脚とも同じ長さで池につかっていたという。その他、金沢城の石垣に残るさまざまな刻印の正体をはじめ、加賀藩13代藩主前田斉泰が、天下に得がたいと五人扶持を与えた「五人扶持の松」、さらに金沢が発祥だといわれるパチンコの名称など。歴史や名所、風習、そしてグルメまで。知られざる謎を解き明かしながら、金沢の街を歩く。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0