「とことん自転車」鶴見辰吾著(小学館 720円+税)

「とことん自転車」鶴見辰吾著(小学館 720円+税)
日刊ゲンダイ2015年5月14日

http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/book/159739


画像


「とことん自転車」(小学館新書) 鶴見辰吾著(小学館 777円税込)


画像



とことん自転車 (小学館新書)
小学館
鶴見 辰吾

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by とことん自転車 (小学館新書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



とことん自転車 [ 鶴見辰吾 ]
楽天ブックス
小学館新書 鶴見辰吾 小学館発行年月:2015年02月 ページ数:205p サイズ:新書 ISBN:


楽天市場 by とことん自転車 [ 鶴見辰吾 ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


発売日: 2015年02月
著者/編集: 鶴見辰吾
出版社: 小学館
サイズ: 新書
ページ数: 205p
ISBNコード: 9784098252381
注記: 『気がつけば100km走ってたー二代目自転車名人鶴見辰吾の自転車本』加筆・修正・改題書

【内容情報】
芸能界でも一、二を争う自転車好きとして知られる鶴見辰吾氏。自らの体験を通じて、自転車を始めれば「無理なくやせられる、体力がつく、元気になる、気力が充実する、仲間ができる…」と数々の効用があることを力説する。「二代目自転車名人」として、いまでも自転車の啓蒙活動に奔走する鶴見氏が、自転車の楽しさや安全に走るノウハウ、自転車への想いを熱く綴った。大ヒット作『気がつけば100km走ってた』を、新書の読者向けにブラッシュアップ!

【目次】
第1章 自転車って、おもしろい!!
第2章 気楽に楽しむ自転車ライフ
第3章 もっともっと遠くへ!
第4章 鶴見流・今日から使える自転車の小技集
第5章 自転車で広がった友だちの輪
第6章 ロードレースに挑戦だ!

【著者情報】
鶴見辰吾(ツルミシンゴ)
1964年、東京生まれ。1977年にテレビドラマ『竹の子すくすく』でデビュー。TBS『3年B組金八先生』などで人気に火がつき、以来、テレビ、映画、舞台等で幅広く活躍中

 自転車活用推進研究会から「2代目自転車名人」を拝命するほど自転車にのめり込む著者が、自らの体験を振り返りながら、その楽しさをつづったエッセー。

 自転車に乗ろうと思ったきっかけは、体形と体力の維持だった。昔買ったマウンテンバイクを引っ張り出して近所で乗ってみると、今まで気づかなかった町の魅力を再発見。さらに行動半径が広がると共にロードバイクを手に入れ、撮影現場にも自転車で行くようになり、4年後には車を手放す。自転車がもたらしてくれる効能から、レースやイベントで地方や海外に行く楽しさ、そして全国のお勧め絶景コースまで。自転車の魅力とノウハウを語り尽くす。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0