【出版HOT NEWS】 「雨降り」「昼飯」「浮気」など全国の“珍地名”を紹介 「ふらり珍地名の旅」

出版HOT NEWS
「雨降り」「昼飯」「浮気」など全国の“珍地名”を紹介
日刊ゲンダイ2015年4月10日

http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/book/158815/1


画像


 東京都の西多摩郡、奥多摩駅からバスで30分ほどの山奥には、非常に珍しい地名がある。その名は「雨降り」。かつてこの地には雨が降らず、雨乞いのために滝にお札を漬けたところ雨が降り出し、その滝を「雨降り滝」と呼んだことに由来しているという。このように、日本各地には数多くのおもしろ地名が存在する。

 今尾恵介著「ふらり珍地名の旅」(筑摩書房 1500円+税)では、珍地名の場所に赴き、地元民にも話を聞きながら、地名の謎に迫っている。

「ふらり珍地名の旅」 今尾恵介著(筑摩書房 1,620円税込)


画像



ふらり珍地名の旅 (単行本)
筑摩書房
今尾 恵介

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ふらり珍地名の旅 (単行本) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



ふらり珍地名の旅 [ 今尾恵介 ]
楽天ブックス
今尾恵介 筑摩書房発行年月:2015年02月19日 ページ数:216, サイズ:単行本 ISBN:9


楽天市場 by ふらり珍地名の旅 [ 今尾恵介 ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


発売日: 2015年02月19日頃
著者/編集: 今尾恵介
出版社: 筑摩書房
サイズ: 単行本
ページ数: 216,
ISBNコード: 9784480878823

【内容情報】
この地名が気になる!あなたもふらりとご近所の「珍地名」を訪ねてみませんか?行ってみてはじめてわかった、おもしろ地名の謎。

【目次】
珍のつく地名は珍しいー音羽珍事町(京都市山科区)
ある晴れた日に雨降りへー雨降り(東京都西多摩郡奥多摩町)
三浦半島で「海外旅行」-海外(神奈川県三浦市)
「駅」で始まる駅の町ー駅部田(三重県松阪市)
昼飯町で昼飯をー昼飯(岐阜県大垣市)
四つの「同音異字地名」の謎ーかぎあな・鍵穴・桑木穴・香木穴(静岡県富士市・静岡市)
四五〇年前へタイムトリップー前後(愛知県豊明市)
古代の鉱山町ー採銅所(福岡県田川郡香春町)
隠れキリシタンの里ー掻懐(大分県臼杵市)
雪の日の夕方訪ねた「未明」-未明(島根県安来市)〔ほか〕

【著者情報】
今尾恵介(イマオケイスケ)
1959年横浜市生まれ。音楽出版社勤務を経てフリーハンド地図制作者およびフリーライターとして独立、イラストマップ作成や地図・鉄道関連の著作に携わってきた。

 愛知県豊明市、名古屋鉄道名古屋本線の駅名にもある珍地名が、「前後」だ。この辺りは1560年に桶狭間の戦いがあった場所。戦の際に、敗れた兵の首が前後至るところに転がっていたためにこの地名となったと伝えられている。

 岐阜県大垣市の旧中山道には、「昼飯」という地名がある。信州善光寺本尊が難波から信濃へ移る際に奉持者が昼食をとった場所、あるいは弘法大師が昼食をとった場所などの説があるという。大きな街道ならではの地名だ。

 滋賀県守山市には、何とも穏やかでない地名がある。それは「浮気」。東海道本線の守山駅前に位置しており、通りを進んでいくと浮気交差点に差し掛かり、浮気郵便局、浮気保育園、そして浮気自治会館などが見えてくる。“浮気を自治”とは意外性があるが、実はこの地名は“うわき”ではなく“ふけ”と読む。

 かつてこの地には益須川の伏流水が泉を湧かせており、水蒸気が光に映えて漂う美しいさまが「紫気天に浮かびて雲間に動かず」とうたわれていたという。

“ふけ”とは水の豊かな場所という意味を持ち、浮気の文字は後に当て字で付けられたと考えられるという。

 全国の珍地名は、地図をじっくりと見れば誰でも見つけることができる。珍地名を巡る旅というのもおもしろそうだ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0