【ザッツエンターテインメント】 東京の真実に迫った「新・東京ガイド」本特集 (後半)

ザッツエンターテインメント
東京の真実に迫った「新・東京ガイド」本特集
日刊ゲンダイ2015年4月5日

http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/book/158665

 2020年五輪に向けて、東京は猛スピードで変わろうとしている。しかし、最新技術を駆使し、汚濁を排除し、美しさと機能性と安全性を誇るだけが東京ではない。知られざるディープスポット、忘れてはいけない負の遺産、受け継がれる街の伝統……。そんな東京の真実に迫ったガイド本を紹介しよう。

「東京異景散歩」(辰巳出版 1400円+税)


画像


「東京異景散歩 昭和20~30年代の東京の闇を歩く!」(タツミムック)(辰巳出版 1,512円税込)


画像






東京異景散歩 昭和20?30年代の東京の闇を歩く!
楽天ブックス
昭和20?30年代の東京の闇を歩く! タツミムック 辰巳出版発行年月:2015年02月 予約締切日:


楽天市場 by 東京異景散歩 昭和20?30年代の東京の闇を歩く! の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


発売日: 2015年02月
出版社: 辰巳出版
サイズ: ムックその他
ページ数: 111p
ISBNコード: 9784777814428

◎終戦から東京オリンピックまで、昭和20-30年代の東京の闇を歩く!

【本書のポイント】
■昭和20-30年代を中心に「風俗」「事件」「闇市」「軍事遺産」など、ジャンルごとに構成。
■当時の状況から現在まで、その土地の歴史と変遷をビジュアル中心に紹介。
現在の写真はすべて撮り下ろし、また昭和20-30年代の写真も多数掲載。
■巻末には、場所ごとの詳細な散歩マップあり!

【目次】
●第1章 風俗<赤線>
吉原/新宿/洲崎/福生/玉ノ井・鳩の街/品川/千住/亀戸・東京パレス

●第2章 事件<事件現場・刑務所>
帝銀事件/下山事件/三鷹事件/血のメーデー事件/荒川放水路バラバラ殺人事件
BOACスチュワーデス殺人事件/草加次郎事件/吉展ちゃん誘拐殺人事件/力道山刺殺事件
小菅刑務所/巣鴨プリズン/中野刑務所

●第3章 生活<ヤミ市>
アメヤ横丁/新橋/池袋/渋谷/新宿・吉祥寺・立石/蒲田/赤羽・王子

●第4章 戦争<軍事遺産>
近衛師団司令部庁舎・近衛機関砲第一大隊高射機関砲台/陸軍軍医学校・陸軍戸山学校
東京第一陸軍造兵廠/陸軍燃料廠・在日米軍府中基地/大沢1号掩体壕/日立航空機立川工場変電所
陸軍成増飛行場・グラントハイツ/代々木練兵場・ワシントンハイツ/帝国ホテル/連合国最高司令官総司令部(第一生命館)

 栄枯盛衰を繰り返してきた東京の「闇」に着目したムック本。吉原や新宿などの赤線地帯の変遷、世間を揺るがせた昭和の大事件や未解決事件の現場など、過去と現在の姿を写真で見せていく。力道山刺殺事件の現場は後に大火災を起こしたホテルニュージャパンの地下で、いわくつきの地であったことを思い出させる。高層ビルが屹立し、過去の憂いを微塵も見せない場所もあるが、独特の昭和感を残す場所もある。闇市は横町へと変貌したが、匂いと空気感は健在だ。決して忘れてはいけない東京の姿もあるのだと教えてくれる。


「大東京 達人たちの散歩術」辛酸なめ子他著(洋泉社 1300円+税)


画像


「大東京達人たちの散歩術」(洋泉社mook)(洋泉社 1,404円税込)


画像



大東京達人たちの散歩術 (洋泉社MOOK)
洋泉社
2014-12-25

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 大東京達人たちの散歩術 (洋泉社MOOK) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



大東京達人たちの散歩術
楽天ブックス
洋泉社mook 洋泉社発行年月:2014年12月 ページ数:174p サイズ:ムックその他 ISBN


楽天市場 by 大東京達人たちの散歩術 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


発売日: 2014年12月
出版社: 洋泉社
サイズ: ムックその他
ページ数: 174p
ISBNコード: 9784800305756

内容詳細

同じ時間に同じ場所を歩いても、ワクワク、ドキドキで興味津々の
人がいるかと思えば、なんだか汚いし、危なそう……と敬遠して、
足早に通り過ぎ帰路につく人もいる。
同じ街を歩いていても人によって愉しかったり、つまらなかったり。
散歩が面白いのは、散歩者が自由気ままに街を彷徨いながら自分と向き合えるからに違いない。
実際、街は見つめる側の視線によって、実にさまざまな顔を見せる。
桜の花の季節、開花を気に留めながら歩いていると、
普段何気なく歩いている街のあちらこちらに桜があり、驚かされることがある。
流行のブーツを誰もが履いているように思えるのも同じことだろう。
そう、見慣れた街も見方を変えれば見知らぬ街になる。見知らぬ街は、
「新発見」の連続だ! 書を捨て街に出よう。

 至極私的な趣の東京散歩ガイド本。執筆陣はコラムニストやイラストレーターらマニアックな面々。漫画、写真エッセー、イラストルポと体裁もバラバラだが、その「ごった煮感」が逆に面白い。下関マグロがつづる暗渠の川筋をたどる緑道散歩、元オリコン編集長でロッカーのイノマーが下北沢界隈をゆるゆるパトロール。辛酸なめ子は女性に人気のスピリチュアルスポットを独自の視点で解説・紹介。極めつきは浅羽通明の掃苔(墓参り)散歩。誰もが知っている偉人ではなく、偏屈や不運の才人奇人の墓参りが主軸。ニッチな散歩指南である。