【ザッツエンターテインメント 】 東京の真実に迫った「新・東京ガイド」本特集

ザッツエンターテインメント
東京の真実に迫った「新・東京ガイド」本特集
日刊ゲンダイ2015年4月5日

http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/book/158665

 2020年五輪に向けて、東京は猛スピードで変わろうとしている。しかし、最新技術を駆使し、汚濁を排除し、美しさと機能性と安全性を誇るだけが東京ではない。知られざるディープスポット、忘れてはいけない負の遺産、受け継がれる街の伝統……。そんな東京の真実に迫ったガイド本を紹介しよう。

「死ぬまでに東京でやりたい50のこと」(青月社 1200円+税)


画像


 大手旅行会社や観光ガイド本が絶対に紹介しない、へんちくりんなスポットやイベントを紹介するウェブサイトがある。「東京別視点ガイド」だ。この中から選りすぐりのへんちくりんスポットを再取材・再構成したのが「死ぬまでに東京でやりたい50のこと」(青月社 1200円+税)である。

「死ぬまでに東京でやりたい50のこと」 松澤茂信著(青月社 1,296円税込)


画像


死ぬまでに東京でやりたい50のこと
株式会社青月社
2015-02-28
松澤 茂信

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 死ぬまでに東京でやりたい50のこと の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



死ぬまでに東京でやりたい50のこと [ 松澤茂信 ]
楽天ブックス
松澤茂信 青月社発行年月:2015年02月 ページ数:127p サイズ:単行本 ISBN:97848


楽天市場 by 死ぬまでに東京でやりたい50のこと [ 松澤茂信 ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


発売日: 2015年02月
著者/編集: 松澤茂信
出版社: 青月社
サイズ: 単行本
ページ数: 127p
ISBNコード: 9784810912821

【内容情報】
東京のガイド本ですが、スカイツリーもディズニーランドも載っていません。誰もができるわけではない、あるいは、誰もやりたがらない…そんな体験の数々を、編集長自ら体当たりで取材する人気サイト「東京別視点ガイド」がついに書籍化。

【目次】
第1章 「驚きのTOKYOグルメ」
第2章 「いつもの街で変わった遊び」
第3章 「東京の秘境を旅する」
第4章 「名物店長と戯れる」
第5章 「誰もやらないからやってみる」
第6章 「神秘に触れる」
第7章 「すごい体験」

【著者情報】
松澤茂信(マツザワシゲノブ)
1982年、東京都生まれ。観光情報サイト「東京別視点ガイド」編集長。大手旅行ガイドがあまり積極的に手をつけない、店やイベントを紹介している。

 著者は同サイト編集長の松澤茂信氏。れっきとした東京ガイド本だが、スカイツリーもディズニーランドも載っていない。1章「驚きのTOKYOグルメ」では、水色のラーメンやコーヒーラーメンなど食欲をそぐ珍料理の店を紹介。エイの刺し身を発酵させたホンオフェを紹介するにあたっては「小便器を鼻に詰め込まれたのかと思った」と解説。味の問題ではない。キテレツが選考基準である。

 4章「名物店長と戯れる」では、飲食店のサービス精神の意味を改めて考えさせられるような、珍妙な店ばかり掲載。店主のパフォーマンスが度を越えて面倒くさそうな居酒屋「かがや」(新橋)、店長が毒蝮三太夫ばりに罵倒してくるというトルコ料理屋「ZAKURO」(日暮里)など。正直、今すぐ行きたいとは思えないのだが、話のタネになることは間違いない。

「1日で富士山を5回登頂する」「漫画家になる」「ウソ発見器を作る」「ヨガで空を飛ぶ」など、一見「何それ?」と思うような項目も。著者のちゃめっ気が表れていて、思わず興味をそそられる。

 体験型の面白スポットも含め、著者のへんちくりんアンテナは東京都内にくまなく張り巡らされている。バイブレーターを吟味できるバイブバー(渋谷)、10円で眼鏡が買える店(池袋)、頭上から生首が降ってくるお化け屋敷居酒屋(赤羽)、米一粒大のミニチュア寿司を出す寿司屋(浅草)……これらもリアルな東京の姿である(世界に誇れるかどうかはわからないが、珍しくて面白いことだけは確かだ)。

 紹介する珍スポット&イベントは合計50。著者が愛と自信と脱力感をもって事細かに解説。「読んで終わりにするよりも、現場を実際訪ねたほうが5億倍は面白い!」とのこと。話がまったく合わない部下、刺激と新奇性ばかりを欲しがる上司、取引先の外国人を連れて、ぜひへんちくりんスポットへ行ってみてほしい。


「大江戸今昔マップ」かみゆ歴史編集部・編集(KADOKAWA 2000円+税)


画像


「大江戸今昔マップ新版 東京を、江戸の古地図で歩く」 かみゆ編(KADOKAWA 2,160円税込)


画像


新版 大江戸今昔マップ (教養・雑学)
KADOKAWA/中経出版
かみゆ歴史編集部

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 新版 大江戸今昔マップ (教養・雑学) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



大江戸今昔マップ新版 [ かみゆ ]
楽天ブックス
東京を、江戸の古地図で歩く かみゆ KADOKAWA発行年月:2014年07月12日 ページ数:14


楽天市場 by 大江戸今昔マップ新版 [ かみゆ ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


発売日: 2014年07月12日頃
著者/編集: かみゆ
出版社: KADOKAWA
サイズ: 単行本
ページ数: 143p
ISBNコード: 9784046002891

【内容情報】
切絵図をもとに現代を歩けます。地図を重ねてあるので比べるのに便利です。余白に自分だけの発見を書き込めます。江戸時代の流れがわかる大江戸歴史年表付き。史跡名、駅名からの検索が可能です。

【目次】
御曲輪内 大名小路絵図
麹町永田町 外桜田絵図
東都 番町大絵図
飯田町駿河台 小川町絵図
日本橋北内神田両国浜町明細絵図
八町堀霊岸嶋 日本橋南之絵図
京橋南築地鉄炮洲絵図
芝口南西久保 愛宕下之図
芝三田二本榎 高輪辺絵図
白金絵図〔ほか〕

 江戸時代、庶民に人気のあった「切り絵図」。神社・仏閣から料理屋まで、江戸市中を細かに記した、いわばガイドマップである。この切り絵図に現代の地図を重ね合わせられるよう、薄紙を差し込んで編集したのが本書。緻密かつ彩色豊かに描かれた江戸の町並みと、平成の今を重ねて見ると、思わぬ発見も。史跡・名跡巡りで楽しみの幅も広がる。江戸と平成で、大通りや街のつくりがさほど変わっていないと気づくはず。作家・宮部みゆきも「江戸時代の感覚と息遣いが伝わってくる」と推薦。時代小説愛読者も納得の地図本だ。