「広重『名所江戸百景』の旅」安村敏信監修(平凡社 1300円+税)

「広重『名所江戸百景』の旅」安村敏信監修(平凡社 1300円+税)
日刊ゲンダイ2015年2月6日

http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/book/156986


画像


『広重「名所江戸百景」の旅 あの名作はどこから描かれたのか?』(別冊太陽) 安村敏信著(平凡社 1,404円税込)


画像






【新品】【本】広重「名所江戸百景」の旅 あの名作はどこから描かれたのか? 安村敏信/監修
ドラマ楽天市場店
商品情報商品名【新品】【本】広重「名所江戸百景」の旅 あの名作はどこから描かれたのか? 安村敏信/監


楽天市場 by 【新品】【本】広重「名所江戸百景」の旅 あの名作はどこから描かれたのか? 安村敏信/監修 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


発売日: 2014年11月14日頃
著者/編集: 安村敏信
出版社: 平凡社
サイズ: ムックその他
ページ数: 112p
ISBNコード: 9784582945683

江戸を代表する浮世絵師広重の傑作「名所江戸百景」全119点が描かれた舞台を、写真と地図で解説、超有名浮世絵シリーズの新たな楽しみ方を提案する一冊。

 歌川広重の遺作にして最高傑作として知られ、かのゴッホやモネら西洋の巨匠たちにも影響を与えた「名所江戸百景」全119作品を解説したアートムック。

 浮世絵は、地方の人が江戸土産として買うもので、江戸名所と銘打つならば本来は「ここに行ってきた」と自慢できるような名所の「押さえどころ」が描かれなければならない。ところが、広重が描くと、日本橋も橋の欄干の一部と棒手振りが担ぐ桶の中のカツオの図になってしまう。題名に「日本橋江戸ばし」とあっても、それが日本橋とは分からない風景だが、江戸っ子には擬宝珠のかたちからすぐにそれと分かり、橋のたもとにある魚河岸から仕入れた初ガツオを売りに行くところだと絵の背景まで察していたはずだという。

 花見も桜の名所として知られている道灌山から少し離れた「日暮里諏訪の台」を描いてみたり、名所とは名ばかりで、江戸っ子たちにも知られていない場所も描かれており、このシリーズは江戸の新しい魅力を江戸っ子たちに向けて発信する意図があったようだと監修者の安村氏は推測する。

 一方で、修復された浅草寺五重塔九輪が風景に入る「浅草金龍山」や、山王祭の開催を祝うような「糀町一丁目山王祭ねり込」のような画題もあり、前年の「安政の大地震」からの復興を祝うために描かれたという説もあるそうだ。

 その他、突然の夕立に見舞われた隅田川の情景を描いた有名な「大はしあたけの夕立」や「両国花火」など、緻密な構成で静謐な世界を描き出した作品があるかと思えば、大胆にクローズアップした鯉のぼり(「水道橋駿河台」)や馬の後ろ姿(「四ッ谷内藤新宿」)の背景に名所を描いた作品、イヌワシの視点から眺めた「深川洲崎十万坪」など、どれも還暦を迎えてから取り掛かったとは思えない斬新さにあふれている。

 広重が描いたそれぞれの場所の現在の写真やデータも紹介され、東京散策のお供にもお勧め。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0