【神奈川】  絶滅危惧種・ホトケドジョウを守れ 川崎市が奥の池を初の「かいぼり」で浄化

【神奈川】
絶滅危惧種・ホトケドジョウを守れ 川崎市が奥の池を初の「かいぼり」で浄化
東京新聞2015年2月19日



画像

多摩区の生田緑地「奥の池」で生息しているとみられる、絶滅危惧種のホトケドジョウ(市提供)

 川崎市は多摩区生田緑地にある「奥の池」で、池の水を抜いて池底の泥を取り除く「かいぼり」を二十八日から始める。湧き水がたまる面積約八百四十平方メートルの池には、絶滅危惧種ホトケドジョウなどが生息しているが、近年水質の悪化が見られる。初日は水が抜けるにつれて姿を現す生き物たちの保護作業が見学できる。 (山本哲正)

 奥の池は「生きている化石」と呼ばれるメタセコイアの林に囲まれ、新緑や紅葉など四季折々に違う表情を見せる生田緑地を代表する景観の一つ。ただ、近年はアオコが頻繁に発生して見た目に水質が悪く、市民からも「生き物が減ってきているようだ」との声があり、初めてかいぼりをすることに。水はせんを抜いて下水道へ流すという。

 生き物の保護は、自然保護団体「生田緑地の谷戸とホトケドジョウを守る会」が中心で、ホトケドジョウのほかモツゴ、スジエビ、カワニナなどをかいぼり期間中は「かわさき宙(そら)と緑の科学館」で飼育。アメリカザリガニなど在来種を脅かす外来種の駆除もする。三月二~二十日に泥の除去を進め、自然に湧き水がたまるのを待って生き物を戻す計画だ。

 市生田緑地整備事務所は「水質をよくして、本来の多様な生き物がすめる池を取り戻したい」と期待している。





川魚 生体 ナガレホトケドジョウ 【ネットファームジャパン】
ネットファームジャパン

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 川魚 生体 ナガレホトケドジョウ 【ネットファームジャパン】 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



(淡水魚)ホトケドジョウ(5匹)
charm 楽天市場店
お得な5匹売りです。若干のヒレかけが御座います、ご了承の上お買い求め下さい。こちらは養殖品となります


楽天市場 by (淡水魚)ホトケドジョウ(5匹) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



(淡水魚)ホトケドジョウ(3匹)
charm 楽天市場店
お得な3匹売りです。若干のヒレかけが御座います、ご了承の上お買い求め下さい。ホトケドジョウ販売名ホト


楽天市場 by (淡水魚)ホトケドジョウ(3匹) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



(淡水魚)ホトケドジョウ(1匹)
charm 楽天市場店
若干のヒレかけが御座います、ご了承の上お買い求め下さい。ホトケドジョウ販売名ホトケドジョウ学名(※)


楽天市場 by (淡水魚)ホトケドジョウ(1匹) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル