3・14開業 北陸新幹線試乗会ルポ 優雅に駆け抜ける雪原 日本海

【首都圏】
3・14開業 北陸新幹線試乗会ルポ 優雅に駆け抜ける雪原 日本海
東京新聞2015年2月10日



画像

北陸新幹線のグランクラス車内

 東京と北陸が1本でつながる春が、もうすぐやってくる。3月14日に開業する北陸新幹線。今月5日に長野-金沢間で初めて開かれた報道機関向けの試乗会に記者も参加した。流線形の車体が雪原や日本海沿いの街並みを駆け抜けた。 (横井武昭)

 アイボリーホワイトの車体に、空の青と伝統工芸を表した銅色のラインが映える。新型車両E7系は午前十時四十二分、長野駅を出発した。滑らかに加速。最高時速は二百六十キロだが、大きな揺れは感じない。

 車内は落ち着いた「和」の雰囲気。座席や床は格子柄で、背もたれに枕がつく。電源コンセントが全席にあり、出張客がパソコンを使う際に便利だ。電動車いすに対応した広い多機能トイレも備わる。

 最上級車両の「グランクラス」に移ると、本革張りの電動式シートが手元のスイッチ一つで四五度まで後ろに倒れる。ゆりかごに包まれたような優雅な気持ちになる。開業すれば専任のアテンダントが無料の飲み物や軽食を提供する。
 真っ白な雪原が車窓を流れていく。陽光に輝く一面の銀世界がまぶしい。一方でトンネルも多く、長野-金沢の区間の約四割を占める。その暗闇を抜けると、糸魚川駅(新潟県)付近で家並みの向こうに青い日本海が広がった。雪を頂いた雄大な北アルプスも見え、十一時五十分、新幹線は金沢駅に滑り込んだ。

 駅には金沢の文化を感じられる試みがあふれる。ホームの柱六十本は二万枚以上の金箔(きんぱく)で彩られ、トイレの入り口には加賀友禅。辻昭夫駅長は「兼六園に金沢21世紀美術館、近江町市場と、金沢には見どころ、味どころがたくさんある。ぜひおいでください」。カバーのかかった改札機が出番の春を待っている。

「旅と鉄道 2015年 03月号」(朝日新聞出版 1,000円税込)


画像



旅と鉄道 2015年 03月号 [雑誌]
朝日新聞出版
2015-01-21

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 旅と鉄道 2015年 03月号 [雑誌] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



旅と鉄道 2015年 03月号 [雑誌]
楽天ブックス
朝日新聞出版発売日:2015年01月21日 予約締切日:2015年01月17日 A4変 16061


楽天市場 by 旅と鉄道 2015年 03月号 [雑誌] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


発売日: 2015年01月21日
出版社: 朝日新聞出版
サイズ: A4変
楽天ブックス雑誌コード: 16061
JANコード: 4910160610352

鉄道の旅をいっそう楽しむための専門情報誌

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0