上野東京ライン来月開業 ギュッとポスターに 芸大生・栗原さん作成

【社会】
上野東京ライン来月開業 ギュッとポスターに 芸大生・栗原さん作成 
東京新聞2015年2月7日 夕刊

http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2015020702000248.html


画像

ポスターを作った栗原さん=東京都台東区の東京芸大で

 JR常磐線をこよなく愛する学生が、JR上野駅と東京駅を結ぶ「上野東京ライン」が3月に開業するのを前に記念のポスターを作った。東京芸大美術学部デザイン科3年の栗原あずささん(21)=千葉県我孫子市。「都心が近く、自然も楽しめて生活しやすい。開業でもっと便利になる」と沿線の魅力を語る。 (三輪喜人)

 沿線主要駅で目につく「TOKYO UENO」の真っ赤な文字が印象的なポスター。今月一日からはJR上野駅中央改札に同じデザインの大型ペナントが登場した。

 東京駅丸の内駅舎から左下に延びる線路の先には、上野をイメージさせるパンダや、東京スカイツリーが描かれている。

 「公共性が高いポスターなので、誰が見ても分かりやすくインパクトがあるようにした。常磐線や上野のイメージにあるレトロで下町風な雰囲気も出したかった」と栗原さん。自らの持ち味である「ほんわかとしたタッチ」は封印。色の数を少なくし、木版画のように仕上げた。

 駅に張るポスターは大型のため、細部までこだわった。よく見ると左下には茨城県の牛久大仏も描かれている。「その左に、水戸芸術館のタワーがあります」

 高校時代は我孫子市の自宅から茨城県取手市の高校まで常磐線を利用し通学した。「利根川を渡ると風景が変わるのが楽しかった。帰宅時、川を渡るときの夕焼けは忘れられない」と振り返る。

 栗原さんは「上野東京ライン」の開業を「上野より北に気軽に足を延ばせるようになるし、東海道新幹線も乗りやすくなる」と歓迎。ポスターについて「上野と東京がつながったんだと、見た人の印象に残ればうれしい」と話した。
 ポスター制作は、台東区や取手市など沿線八自治体と東京芸大、JRが参加して常磐線を盛り上げようと二〇〇六年に発足した「JOBANアートライン協議会」が企画。七、八両日に上野駅で忘れ物の傘に絵を描くイベントを開くなど、今後開業をPRしていく。

 <上野東京ライン> 上野-東京間をつなぐJRの新たな路線。北関東からは上野止まりだった常磐、宇都宮、高崎の3線が東海道線と結ばれ、東京や品川まで乗り換えなしで行ける。並行する山手線、京浜東北線の混雑緩和が期待される。

「旅と鉄道 2015年 03月号」(朝日新聞出版 1,000円税込)


画像



旅と鉄道 2015年 03月号 [雑誌]
朝日新聞出版
2015-01-21

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 旅と鉄道 2015年 03月号 [雑誌] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



旅と鉄道 2015年 03月号 [雑誌]
楽天ブックス
朝日新聞出版発売日:2015年01月21日 予約締切日:2015年01月17日 A4変 16061


楽天市場 by 旅と鉄道 2015年 03月号 [雑誌] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


発売日: 2015年01月21日
出版社: 朝日新聞出版
サイズ: A4変
楽天ブックス雑誌コード: 16061
JANコード: 4910160610352

鉄道の旅をいっそう楽しむための専門情報誌

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0