「日本の山 究極の絶景ガイド」西田省三写真・文(山と溪谷社 1944円税込)

「日本の山 究極の絶景ガイド」西田省三写真・文(山と溪谷社 1944円税込)
日刊ゲンダイ2015年1月9日

http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/book/156260


画像


「日本の山究極の絶景ガイド」 西田省三著(山と渓谷社 1,944円税込)


画像


登山者ならば一度は観ておきたい、登山者だからこそ出会うことのできる
究極の山の絶景を、全国から厳選して30景選出。
その風景に出会うためのコースガイドを、掲載しています。
雑誌『山と溪谷』に2013年から2014年にかけて連載されていた巻頭人気企画を
再編集したものに、連載にはなかった6景・コースを加えています。
四季折々にその山のベストシーズンに即して紹介しているので、
季節ごとの登山計画に役立ちます。

紹介コース

【夏の絶景】
北海道大雪山・神遊びの庭のお花畑とトムラウシ山
北アルプス・南岳から望む大キレットと穂高連峰
北アルプス・大喰岳直下から遠望する槍ヶ岳
北アルプス・白馬鑓ヶ岳から見る白馬連峰
北アルプス・黒部五郎岳の圏谷
南アルプス・上河内岳から望む南アルプス
北アルプス・涸沢カールと奥穂高岳、涸沢岳
栃木県群馬県・前白根山から望む奥白根山
新潟県長野県・晩夏の苗場高層湿原

【秋の絶景】
北アルプス・双六台地から槍・穂高連峰
白山・大汝峰から望む剣ヶ峰と御前峰
北アルプス・池ノ平の紅葉と剱岳
四国山地・剣山直下から望む次郎
群馬県長野県・草すべりから見るカラマツの黄葉と浅間山
北アルプス・焼岳から見る穂高連峰
北アルプス・剱御前から見る新雪の剱岳
中央アルプス・中岳付近から見る新雪の宝剣岳西面
丹沢・塔ノ岳から見る秦野・小田原の夜景

【冬の絶景】
北海道大雪山・姿見の池から見る冬の旭岳
青森県八甲田山・八甲田樹氷原
北アルプス・小遠見山から鹿島槍ヶ岳と五竜岳
福島県・裏磐梯磐梯山北面
八ヶ岳・阿弥陀岳から望む赤岳
群馬県・剣ヶ峰山から望む武尊山

【春の絶景】
尾瀬・至仏山から望む尾瀬ヶ原と燧ヶ岳
群馬県・さくらの里から望む妙義山
飯豊連峰・石転び沢出合から望む大雪渓
奥秩父・笛吹川東沢の名瀑・両門ノ滝
東京都・神津島天上山の裏砂漠
九州九重連山・山肌を彩るミヤマキリシマ





日本の山究極の絶景ガイド [ 西田省三 ]
楽天ブックス
西田省三 山と渓谷社絶景 山と溪谷 春夏秋冬 北海道 大雪山 トムラウシ山 北アルプス 南岳 穂高連


楽天市場 by 日本の山究極の絶景ガイド [ 西田省三 ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


発売日: 2015年01月
著者/編集: 西田省三
出版社: 山と渓谷社
サイズ: 単行本
ページ数: 135p
ISBNコード: 9784635183055

【内容情報】
山岳写真家が厳選した一生に一度は歩いて訪れたい四季折々の「山の絶景」を収録!

【目次】
夏の絶景
神遊びの庭のお花畑とトムラウシ山ー北海道大雪山
南岳から望む大キレットと穂高連峰ー北アルプス ほか
秋の絶景
双六台地から望む槍・穂高連峰ー北アルプス
大汝峰から望む剣ヶ峰と御前峰ー白山 ほか
冬の絶景
姿見の池から見る冬の旭岳ー北海道大雪山
八甲田樹氷原ー青森県八甲田山 ほか
春の絶景
至仏山から望む尾瀬ヶ原と燧ヶ岳ー尾瀬
さくらの里から望む妙義山ー群馬県 ほか

【著者情報】
西田省三(ニシダショウゾウ)
1978年、千葉県生まれ。山岳写真家

 いまや世代や性別を超えて国民的ブームの様相を呈している山登り。本書は、新年を迎え、今年の山行計画を練っている人にお薦めのビジュアルガイドブック。山頂を極めるのを目的とした山登りとは一線を画し、のんびりと風景を楽しむ山登りの魅力を伝える。

 山での花との出合いを求める人に、とにかく迷わずここを歩いてほしいと著者イチオシの山は、北海道大雪山系の白雲岳を経由して化雲岳へと至るコース。

 目的地の化雲岳から南に10分ほど歩いたヒサゴ沼分岐の手前にはチングルマが敷き詰められたように咲く「神遊びの庭」と呼ばれるお花畑が広がり、奥に名峰トムラウシ山を望む。果てしなく広がる天界の壮大な景観と、お花畑、そして名峰の三拍子そろったこの場所では、他の追随を許さぬ自然が織りなす奇跡のような風景と一体になれる。

 紅葉の絶景地としてお薦めなのは、北アルプスの「池ノ平」。池ノ平山からのびる尾根は錦秋に彩られ、その向こうに日本を代表する岩の殿堂・剱岳の荒々しい八ツ峰の鋭峰群が構える。その美と雄のコンビネーションは、有名な「涸沢カール」に勝るとも劣らぬが、たどり着くための距離が長く、4日の行程が必要だ。

「妙義山」では桜と山との夢のようなコラボレーションを楽しめる。妙義山直下に、山そのものの地形を生かした南斜面一帯に約5000本もの桜が植えられた「さくらの里」があり、園地から奇岩の山を見上げるのもよし、山からピンク色のじゅうたんのような里を眺めるのもよい。

 その他、「至仏山から望む尾瀬ケ原と燧ケ岳」や、奥秩父・笛吹川上流にある美しい滝「両門ノ滝」を目指す沢登り、八甲田山の山腹に広がる圧巻の「樹氷原」、そしてちょっと趣を変えて丹沢「塔ノ岳」から眺める秦野・小田原の夜景など、四季それぞれ定番から穴場まで全国30カ所を紹介。どれも山を愛する人なら一生に一度は訪ねてみたいところばかり。ページをめくれば、山への思いが一層募ることだろう。