鈴なりダイコン、寒風の中「修行」 京都・八幡の円福寺

鈴なりダイコン、寒風の中「修行」 京都・八幡の円福寺
朝日新聞デジタル2014年12月19日00時30分 小山琢

http://www.asahi.com/articles/ASGDL5HG3GDLPLZB017.html



【動画】修行僧によってイチョウの大木にかけられたダイコン=小山琢撮影


画像


画像

イチョウの木に大根を干す修行僧ら=18日午後、京都府八幡市、戸村登撮影

 京都府八幡市の禅寺・円福寺で18日、高さ約15メートルのイチョウの大木にダイコンを干す作業が始まった。

 修行僧らが隣接する大阪府枚方市などを托鉢(たくはつ)して歩き、集めた約1500本。時折雪の舞う中、はしごをかけて木に登った修行僧が、数本まとめてひもで束ねたダイコンをロープで引き上げ、白い息を吐きながら枝にかけていった。

 来年1月半ばごろまで寒風にさらしたあと、1年以上漬け込んでたくあんにし、精進料理にそえるなどするという。(小山琢)