八ツ場ダムに沈む川原湯温泉駅、ファンらが別れ惜しむ (朝日新聞デジタル2014年9月25日)

八ツ場ダムに沈む川原湯温泉駅、ファンらが別れ惜しむ
朝日新聞デジタル2014年9月25日03時35分

http://www.asahi.com/articles/ASG9S4RRTG9SUHNB00G.html



【動画】八ツ場ダムに沈む川原湯温泉駅 最後の日=関田航撮影


画像

運行最終日を迎え、鉄道ファンなどでにぎわうJR川原湯温泉駅。奥はダム湖の両岸を結ぶ八ツ場大橋=24日午後2時17分、群馬県長野原町、関田航撮影


画像

運行最終日、鉄道ファンなどでにぎわうJR川原湯温泉駅。奥はダム湖の両岸を結ぶ八ツ場大橋=24日午後4時30分、群馬県長野原町、関田航撮影


画像

運行最終日となったJR川原湯温泉駅では、ホームに降りて写真を撮る人の姿もあった。奥はダム湖の両岸を結ぶ八ツ場大橋=24日午後5時31分、群馬県長野原町、関田航撮影


画像

運行最終日、JR川原湯温泉駅には、多くの人たちが訪れた=24日午後0時13分、群馬県長野原町、関田航撮影


画像

切符などを買う人でにぎわうJR川原湯温泉駅=24日午後0時33分、群馬県長野原町、関田航撮影


画像

運行最終日となったJR川原湯温泉駅では、JR職員によって構内の展示物が撤去された=24日午後0時19分、群馬県長野原町、関田航撮影

 八ツ場ダム(群馬県長野原町)建設に伴って付け替えられるJR吾妻(あがつま)線のうち、水没予定区域周辺の10・4キロの運行が24日に最終日を迎えた。

 この日は、区間内の川原湯温泉駅の現駅舎も役目を終えた。鉄道ファンらがカメラを向け、木造駅舎との別れを惜しんだ。列車から降りてきた高校3年の久保田有希さん(18)は「幼い頃からずっと見てきた駅がなくなるのは寂しい」と話した。同駅から上り約2キロにあり、「日本一短い鉄道トンネル」とされる樽沢(たるさわ)トンネルを列車が通るのも最後となった。

 JR東日本によると、駅舎は1943年建設で46年に開業。川原湯温泉の玄関口として親しまれてきた。ダムが完成すると、駅は湖面の下約80メートルに沈む。新駅は高台に完成しており、10月1日から水没予定地を避ける新ルートで運行が再開される。その間に付け替え作業が行われ、運休区間には代替バスが運行される。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0