【書評】  若山牧水への旅 前山 光則 著 (弦書房・1944円)  

【書評】
若山牧水への旅 前山 光則 著 (弦書房・1944円)
東京新聞2014年10月26日

http://www.tokyo-np.co.jp/article/book/shohyo/list/CK2014102602000173.html


画像


◆放浪の歌の水源探る

「若山牧水へのたび ふるさとの鐘」前山光則著(弦書房 1,944円税込)


画像



若山牧水への旅《ふるさとの鐘 》
弦書房
前山 光則

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 若山牧水への旅《ふるさとの鐘 》 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



若山牧水へのたび [ 前山光則 ]
楽天ブックス
ふるさとの鐘 前山光則 弦書房発行年月:2014年09月 ページ数:240p サイズ:単行本 ISB


楽天市場 by 若山牧水へのたび [ 前山光則 ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


・発売日:2014年09月
・著者/編集:前山光則
・出版社:弦書房
・サイズ:単行本
・ページ数:240p
・ISBNコード:9784863291058

【内容情報】
「ふるさと」とは何か。牧水の歌に込められた“ふるさと”がもつ奥深い意味をさぐる評伝。牧水の主要短歌143首収録。

【目次】
第1章 牧水と風土」
第2章 若山家物語
第3章 男子誕生
第4章 牧水の原風景
第5章 ワンダーランド坪谷
第6章 ふるさとの年中行事
第7章 延岡時代
第8章 水源への「あくがれ」
第9章 牧水への旅

【著者情報】
前山光則(マエヤマミツノリ)
1947年、熊本県人吉市生まれ。1972年、法政大学第二文学部日本文学科卒。元高校教師

[評者]正津勉=詩人

 牧水は国民歌人だ。四十四歳で亡くなるまで総歌数は九千を超えるとか。「白鳥はかなしからずや空の青うみのあをにも染まずただよふ」など、人口に膾炙(かいしゃ)した名歌は数多い。牧水はまた旅の歌人だ。若い日には海に憧れて、年を経ては山に遊んだ。海の歌も宜(よろ)しく、山の歌も宜しい。なかで生涯にわたって愛したのが渓谷を訪ねる旅であった。代表的なのは、三十七歳の時、秋の利根川水源を探った『みなかみ紀行』である。

 牧水の生涯を描き作品を引きながら、本書の主題は牧水がなにゆえに渓谷を愛したか、その足跡をたどることにある。著者はそれには「ふるさと」が関わっているという。牧水は明治十八(一八八五)年、宮崎県日向市東郷町坪谷(つぼや)生まれ。「坪谷村は山と山の間に挟まれた細長い峡谷である」(『おもひでの記』)という。渓谷愛好の源に日向の渓の自然児をみるのだ。そこでどれほど牧水少年が楽しく感受性豊かに育ったことだろう。

 熊本県八代市在住の著者は一著をまとめるに牧水の作品や郷土資料にあたり、現地へ度々出向いて調査し続けた。その探索の旅は丹念を極める。『みなかみ紀行』を歩いて、「源流部へのあくがれ、それは己の原風景を旅することでもあった」と述べる。そんな「ふるさと」を想(おも)う旅から多くの名歌が生まれた。放浪の歌の水源をたどった評伝である。

 まえやま・みつのり 1947年生まれ。文筆家。著書『山頭火を読む』など。

◆もう1冊 
 伊藤一彦編『若山牧水歌集』(岩波文庫)。『海の声』『みなかみ』『渓谷集』などの十五歌集から約千七百首を選出。


若山牧水歌集 (岩波文庫)
岩波書店

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 若山牧水歌集 (岩波文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



若山牧水歌集 [ 若山牧水 ]
楽天ブックス
岩波文庫 若山牧水 伊藤一彦(歌人) 岩波書店発行年月:2004年12月 ページ数:361p サイズ


楽天市場 by 若山牧水歌集 [ 若山牧水 ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0