【東京】 高尾山の夏2014(4) 滝に打たれリフレッシュ (東京新聞2014年8月19日)

【東京】
高尾山の夏2014(4) 滝に打たれリフレッシュ
東京新聞2014年8月19日

http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokyo/20140819/CK2014081902000120.html


画像

般若心経を唱えながら琵琶滝に打たれる桑名主管=八王子市で

 「エイッ」。白い行衣(ぎょうい)姿の僧侶は、鋭い気合の声を発し、滝が打ちつける岩に座った。右足を組み、両手で印を結ぶ。「仏説摩訶(まか)般若波羅…」
 滝の音と一体となって響く般若心経は、七メートルの落差により生じる水圧で体内から押し出され、口からほとばしるようだ。
 記者も行衣を着た。肩を打つ水は重く、冷たい。止まりそうになる呼吸を助けるためにも、大きな声を出す必要がある。般若心経を知らない修行者は、「南無大聖(なむだいしょう)不動明王」を唱える。「南無」とは、滝にまつられた本尊への帰依を誓う言葉だ。不規則なリズムで水に打たれ、南無大聖不動明王を繰り返すと、頭の中に雑念の入り込む余地はない。
 山で厳しい修行を重ね、無我のなかから悟りを開く修験道。高尾山では数知れぬ行者が滝に打たれてきた。現在も琵琶滝と蛇滝に水行道場があり、僧侶や一般信徒が水行に励む。初心者向けには月三回の指導日があり、夏場は三十人の定員がいっぱいになるほどの盛況ぶり。
 「修行の目的は人それぞれですが、何かに行き詰まり、打開のきっかけを求めて来る人が多い」。琵琶滝で水行を指導する桑名善光主管(37)はそう感じている。働く女性が門をたたくケースも増えており、「仕事で心にたまったものを吐き出してリフレッシュし、すがすがしい気持ちで日常に戻ってもらえれば」と願っている。


るるぶ高尾山 (国内シリーズ)
ジェイティビィパブリッシング
2013-02-15

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by るるぶ高尾山 (国内シリーズ) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



まるごと!高尾山こだわりガイド
メイツ出版
スタジオパラム

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by まるごと!高尾山こだわりガイド の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



高尾山・景信山・陣馬山登山詳細図2013改訂版ー82コース高尾山1:5000拡大図付きー
吉備人出版
作成・解説:守屋益男(日本勤労者山岳連盟顧問)・守屋二郎

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 高尾山・景信山・陣馬山登山詳細図2013改訂版ー82コース高尾山1:5000拡大図付きー の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル









ぼくは高尾山の森林保護員 (〈私の大学〉テキスト版)
こぶし書房
宮入芳雄

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ぼくは高尾山の森林保護員 (〈私の大学〉テキスト版) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル