【週末ぶらり旅】 マツタケ食べ放題で観光振興~ブータン首相の秘策  (朝日新聞デジタル7月10日)

週末ぶらり旅
マツタケ食べ放題で観光振興~ブータン首相の秘策

朝日新聞デジタル2014年7月10日

http://www.asahi.com/shopping/travel/SDI201407080385.html

 ヒマラヤの王国ブータンから6月29日、ツェリン・トプゲー首相が来日し、安倍晋三首相との首脳会談で両国の技術・経済協力関係の強化を求めた。ブータンは中国、インドの2大国と国境を接しておりインドとの政治的、経済的な関係が一番強いが、日本との経済関係も意外に深い。日本は第4位の輸出相手国であり、主要産業である観光業でも訪問者数第3位となっている。「輸出」と「観光」、この2つを結びつける秘策としてトプゲー首相が計画しているのが「マツタケ観光」の振興だ。

ブータンはマツタケの産地


画像

マツタケフェスティバルで販売されていたウラ産マツタケ


画像

日本ブータン友好協会の榎泰邦会長と握手するトプゲー首相


画像

マツタケの代表的産地ウラ。標高3000m以上の高地にある集落の周りは牧草地で、その周囲は針葉樹の森が広がる

 マツタケの主産地である中国産と比べると総量が少ないためあまり知られていないが、ブータン産マツタケは1990年代から日本国内で流通しており、実はブータンの対日輸出のかなりの部分を占めている。森林に富むブータンには多彩なキノコ類が自生し、ブータン人は昔から「森の恵み」として利用してきた。その中でマツタケはブータン人にとって「あまりおいしくないキノコ」とされ、人気がない。日本で高価であることがわかり、輸出が軌道に乗った現在は、現金収入が得られる重要な産業として位置づけられ、産地ではシーズン中はみな山に入るため、村に人がいなくなるほどだという。

 ブータンのマツタケシーズンは雨期の夏で、日本より早い。この時期にブータンを訪れる日本人旅行者は、旅行会社の手配でマツタケパーティーを開いたり土産に持ち帰るのが恒例となっている。日本国内で「マツタケ食べ放題」というメニューがあったらどんな価格設定になるのだろうか。ブータンでは時期や品質にもよるが、1キロあたり1500円程度から手に入る。日本では輸入品は輸送コストなどが上乗せされるため高値になるが、ブータンでのマツタケ食べ放題は「夢の話」ではない。

マツタケを観光の起爆剤に


画像

フェスティバルでは伝統芸能が披露され、農村の生活文化を体験できる


画像

マツタケフェスティバルで振る舞われた伝統的キノコスープ

 2011年の国王来日により日本でブータンブームが起こり、12年には日本人がブータンを訪問した外国人旅行者数のトップとなった。13年は米国や成長著しい中国に抜かれて第3位にとどまったが、それでも重要な相手国である。経済規模で言えば、日本人観光客の落とす外貨はマツタケ輸出より大きい。

 マツタケの主産地である中部のウラでは、日本人観光客の増加も期待して、毎年夏に「マツタケフェスティバル」を開催している。伝統的な仮面舞踊や民謡のほか、森林保護官や村人の案内で森でマツタケを探す「マツタケ採り体験」なども企画されている。ブータンは国土の大半を自然林が覆っているが、マツタケが採れるのは放牧地や入会地などのいわば「里山」が中心だ。つまりマツタケは現地の人の生活と結びついて存在している。マツタケフェスティバルが単なる食の祭典ではなく、農村の生活や文化を体験するエコツーリズムの視点から企画されているところが、GNH(国民総幸福量)政策をかかげるブータンらしい。

 安倍首相との首脳会談でトプゲー首相から、今後の日本人観光客の増加を期待する旨の発言があった。現在ブータンと日本の間に直行便はなく国内の交通機関が発達していないため、首都ティンプーからウラまで車で丸1日かかる。首脳会談の翌日に開かれた日本ブータン友好協会の歓迎会でトプゲー首相は、現在ウラで2日間の日程で開催されているこのマツタケフェスティバルを他の産地にも広げ期間も6週間に延長し、日本人観光客が旅行日程を組みやすくする計画があることを示した。西部の産地であるハやゲネカは、国際空港のあるパロやティンプーから日帰りできる距離なので、通常の観光コースのオプションとしてマツタケ産地の訪問が可能になるだろう。

 トプゲー首相のおすすめマツタケ料理は「バター炒め」。日本人観光客向けのてこ入れに力を入れる首相の「マツタケ観光」プロモーションが注目される。

文と写真 ジュラ・高橋洋(『地球の歩き方 ブータン』執筆・編集、日本ブータン協会理事)

ぶらり

ブータン旅行のガイドブック

画像


「地球の歩き方(D 31(2014~2015年) ブータン」ダイヤモンド・ビッグ社編(ダイヤモンド社 1,944円税込)


画像


手付かずのヒマラヤの大自然、自給自足の素朴な暮らしとあたたかい笑顔に、幸福の国を実感!ブータン最高の仏教聖地・タクツァン僧院を巡り、トレッキングに挑戦。美しい棚田の景観やチベット文化の伝統に触れ、郷土料理に舌鼓。見どころ、レストラン、ショッピング、ホテルから、文化・宗教・暮らしまで網羅した最強ガイド


D31 地球の歩き方 ブータン 2014~2015 (ガイドブック)
ダイヤモンド社
地球の歩き方編集室

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by D31 地球の歩き方 ブータン 2014~2015 (ガイドブック) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



地球の歩き方 D31
ぐるぐる王国 楽天市場店
地球の歩き方編集室/編集本詳しい納期他、ご注文時はご利用案内・返品のページをご確認ください出版社名ダ


楽天市場 by 地球の歩き方 D31 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


・発売日:2014年03月上旬
・著者/編集:ダイヤモンド・ビッグ社
・出版社:ダイヤモンド・ビッグ社 , ダイヤモンド社
・サイズ:全集・双書
・ページ数:303p
・ISBNコード:9784478045305

【内容情報】
タクツァン僧院、ブムタンの谷、ヒマラヤの聖地を巡る。伝統文化からトレッキングまで「幸福の国」のすべて。

【目次】
特集
ヒマラヤの自然が呼んでいる!ブータンの自然環境
今も日常生活の中に生きるブータンの伝統文化
西部地区
中部地区
東部地区
旅の準備と技術
龍国読本


ブータン旅行のガイドブック
紹介スポットに旅する

楽天トラベルの「羽田空港からバンコクへの格安航空券」の検索はこちら
楽天トラベルの「バンコク・スワナプーム空港のトランジットホテル」の検索はこちら
楽天トラベルの「成田/羽田空港へのリムジンバス」の検索はこちら
楽天トラベルの「経由地タイのお得な旅情報」の検索はこちら

ブータンへのアクセス
 日本からの直行便はないため、タイ経由でバンコク~パロ便に乗り継ぐのが一般的。羽田発の深夜便なら同日中にブータンに入国できる。ビザの申請はブータン国内の旅行会社を通してのみ可能であるため、現地旅行会社に直接、あるいは取り扱いのある日本の旅行会社を通して現地での宿泊、移動、食事などの手配と共に依頼する。マツタケフェスティバルが開催されるウラは中部随一の観光地ジャカルに近く、車で1時間半ほど。パロ国際空港からジャカルのバッパラタン(ブムタン)空港まで国内線も飛んでいるが、便数は限られている。2014年のマツタケフェスティバルは8月23、24日開催の予定。