安い移動手段がこんなに! 「夏レジャー」得する節約ワザ

安い移動手段がこんなに! 「夏レジャー」得する節約ワザ
日刊ゲンダイ2014年7月6日

http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/151635


画像

海路をのんびりもあり(オーシャン東九フェリー)

 もうすぐ夏休み。家族旅行を計画している向きもあろうが、悩みの種が移動費。電車にしろ、飛行機にしろ、家族まとめてとなると結構な額に。今回は、少しでも安くイケる旅の移動手段を紹介。多少不便なところもあるだろうが、それを楽しむのも旅の醍醐味ってことで……。

■ローカル空港発着

 LCCの普及で飛行機旅をチョイスする機会も増えた。しかし、成田は遠いし、羽田は混雑する。マイカーで行こうにも駐車場代が高い。

 その点、4年前に開港した「茨城空港」は、東京からの距離が約80キロ、時間にして約85分と、成田空港(約70キロ・70分)と大して変わらない。東京駅からは片道500円で乗れる直通バスが出ているし(航空機利用者に限る)、駐車場は何日止めても無料だ。

「空港の会員(IBRマイエアポートクラブ)になると、片道1回の利用で1ポイントがたまり、10ポイントたまると1万円分のキャッシュバックと茨城県の特産品プレゼントが受けられます。県外利用者なら、空港内各テナントで使える2000円相当分のクーポンが毎月抽選で300人に当たります」(空港関係者)

集客に必死ということだが、これほどオトクなら、利用しない手はない。路線もLCCが国内6便(札幌・神戸・福岡・名古屋・米子・那覇)、国外1便(上海)と充実。空旅は茨城スタートを考えてみよう。

■長距離フェリー移動

 時間はかかるが安く行けるというと長距離フェリー。東京からは、伊豆諸島を除けば、徳島(経由)北九州行きの「オーシャン東九フェリー」が唯一ある。乗り場は有明で、毎日運航。

 徳島まで約18時間かかるが、運賃は2等大人1人1万800円と格安(子供は半額)。徳島へはLCCが飛んでいないから、最も安いアクセス方法だ。

 自動車の運搬料は1台2万260円~。自転車は1台2900円で、宅配便より安い。数日かけて四国ドライブやサイクリング旅にはもってこい。

■夜釣りもカーシェア

 手軽に借りられてガソリン代も保険代も不要なカーシェア。利用が減る夜間は、各社お得な「夜間パック」を用意している。

「タイムズカープラス」は、夕方6時~12時の6時間か、夜12時~朝9時の9時間が2060円。夕方6時から翌朝9時まで通して借りても2580円だ。

「オリックスカーシェア」は、夜8時~翌9時の最大13時間が2500円。ちなみに会員で、月の利用が3万円を超えた翌月は、この夜間パックが何度でも無料になる。

 いずれも1キロ15~16円の距離料金や月会費等はかかるが、一般的なレンタカーの深夜料金よりは確実に安い。花火大会や夜釣りなど、近距離での夜遊びに重宝しそう。

■55歳以上1000円

 インターネットを賢く使う手もある。

 長距離バスの「ウィラーエクスプレス」は、55歳以上なら全国どの路線でも片道1000円で乗れる「おとなの自由旅」キャンペーンを実施中だ(7月30日まで)。ただしネット予約の場合で、電話申し込みは1500円となる。

「ウィラーエクスプレス」HP

 JR東日本の「えきねっとトクだ値」は、ネット会員限定の予約サービス。新幹線や特急列車のチケットが、最大40%も割引になるから見逃せない。

「えきねっとトクだ値」公式サイト