【親子でぶらり 学べるスポット】 何だろう、この静けさは 三渓園(横浜市) (東京新聞 3月20日)

【親子でぶらり 学べるスポット】
何だろう、この静けさは 三渓園(横浜市)

東京新聞2014年3月20日

http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokyoguide/info/burari/CK2014032002000187.html


画像

サクラの開花に合わせてライトアップされる=三渓園提供

 このコーナーで首都圏のさまざまな庭園を訪れた。その中でも不思議な静けさを感じる。

 「なぜでしょうね」。広報担当の吉川利一さんに尋ねると、明確な答えが返ってきた。「周りを小高い丘に囲まれて、出入り口付近を除くとコンクリートの建物が全く見えない。そのせいじゃないでしょうか」

 明治から大正にかけて製糸、生糸貿易で財をなした横浜の実業家、原三渓(本名・富太郎)が個人で造りあげた17万5千平方メートルの庭園だ。

 三渓が私庭としていた内苑と、明治39年から一般公開されている外苑からなり、三渓没後も含めて、京都、奈良などから移築された室町時代以降の歴史的な建物17棟がたたずむ。うち10棟が国指定の重要文化財だ。

 「羅列的に建物を並べるのではなく、周囲の自然と調和させています。だから昔からそこにあるかのように感じられます」と吉川さん。「奈良の古美術商などを通じて、自らの美意識や価値観に適(かな)った素材を探したようです」とも。

 昭和35年には御母衣(みぼろ)ダムの底に沈む運命になった旧矢箆原(やのはら)家住宅の寄贈を受けた。「飛騨の三長者といわれた矢箆原家の内部までご覧になれます。現存する合掌造りでは最大級です」という。囲炉裏(いろり)に火がくべられ、小学生らの歴史教育にも一役買っている。

 建物を取り巻く自然も豊富だ。この季節はまだ冬鳥の姿がみられる。まもなく開花を迎えるサクラは園内に約300本植えられている。

 「丘に囲まれているためか在来種のカントウタンポポが残っています。一般的になったセイヨウタンポポは入り込んでいません」と吉川さん。違いを比べてみるのもよさそうだ。 (仁)

 ★三渓園 横浜市中区本牧三之谷58の1、JR根岸駅からバス本牧下車徒歩10分。横浜駅などからもバス便。入園料大人500円、小学生200円。65歳以上の横浜市在住者無料。12月29~31日休園。3月29日~4月6日には開園時間を20時半まで延長、ライトアップを行い夜桜も見られる。(電)045・621・0634

◆ひとこと
 「あんまり期待しないで来てみたら、(いい意味で)裏切られたという感想をよくいただくんですよ。リピーターの方も増えています」と吉川さん。


画像


●足を延ばせば…
 ★馬の博物館 横浜市中区根岸台1の3、JR根岸駅徒歩15分。洋式競馬発祥を記念した根岸競馬記念公苑内にある。馬や競馬に関する資料1万5000点を所蔵。併設のポニーセンターではサラブレッドやポニーのほか、日本の在来馬も飼育。乗馬デー(4月は6、20日)にはポニーや馬の体験乗馬も。入館料大人100円、小中高生30円。原則月曜休館。4月22~25日臨時休館。(電)045・662・7581

 ★横浜市八聖殿郷土資料館 横浜市中区本牧元町76の1、JR根岸駅からバス本牧市民公園前下車7分。法隆寺夢殿を模した八聖殿は昭和8年完成。幕末から明治にかけての本牧・根岸の写真や農具、漁具などを展示している。入館無料。原則第3水曜、年末年始休館。(電)045・622・2624



渓谷を描く (水墨画競作シリーズ)[本/雑誌] (単行本・ムック) / 日貿出版社/編 根岸嘉一郎/〔ほか〕描法指導
CD&DVD NEOWING
★書籍商品の購入に関するご注意コチラ↓より、初回盤・特典の詳細、在庫情報・出荷状況をご確認ください。

楽天市場 by 渓谷を描く (水墨画競作シリーズ)[本/雑誌] (単行本・ムック) / 日貿出版社/編 根岸嘉一郎/〔ほか〕描法指導 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

【2500円以上送料無料】渓谷を描く/日貿出版社/根岸嘉一郎
オンライン書店boox
著者日貿出版社(編) 根岸嘉一郎(ほか)出版社日貿出版社発行年月2013年08月ISBN978481

楽天市場 by 【2500円以上送料無料】渓谷を描く/日貿出版社/根岸嘉一郎 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

【1000円以上送料無料】渓谷を描く/日貿出版社/根岸嘉一郎
オンライン書店 BOOKFAN
著者日貿出版社(編) 根岸嘉一郎(ほか)出版社日貿出版社発行年月2013年08月ISBN978481

楽天市場 by 【1000円以上送料無料】渓谷を描く/日貿出版社/根岸嘉一郎 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック