「定食と古本 ゴールド」今柊二著(本の雑誌社 1,575円)

「定食と古本ゴールド」今柊二著(本の雑誌社 1575円)
日刊ゲンダイ2014年3月15日 掲載

http://gendai.net/articles/view/book/148737

「定食と古本 ゴールド」今柊二著(本の雑誌社 1,575円)


画像


定食と古本ゴールド
本の雑誌社
今 柊二

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 定食と古本ゴールド の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



定食と古本ゴールド [ 今柊二 ]
楽天ブックス
今柊二 本の雑誌社発行年月:2014年02月 ページ数:254p サイズ:単行本 ISBN:9784


楽天市場 by 定食と古本ゴールド [ 今柊二 ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


・発売日:2014年02月
・著者/編集:今柊二
・出版社:本の雑誌社
・サイズ:単行本
・ページ数:254p
・ISBNコード:9784860112530

内容紹介
餃子セットでシアワセな 金星3つ!

とんかつ、ニラレバ、ハンバーグ、からあげ、焼き飯、ラーメンライス!
ガッツリランチと掘り出し本の大盛りエッセイ第2弾

ゴハンと古本の素晴らしい合奏なのだ

◎漬物食べれば〈野菜補給〉は、足りている。
◎同じハンバーグでも〈和風おろし〉なら大丈夫。
◎ラーメンライスって〈定食〉の仲間でいいんじゃない?
◎半ライスは〈おかわり〉のうちに入らない。

すべてのそんな〈胃袋〉へ!

 ある土曜の午後、大森駅で降りて「東京からくり堂」に向かう。以前、訪ねたときには定休日だったのでリベンジ訪問だ。店先の均一コーナーを物色後、店内に入ると食、文学、旅行などの「香ばしいコーナー」が充実している。
 食のコーナーで見つけた戦前戦後の食を記した薄井恭一著「随筆味めぐり」を購入。書店のすぐそばの食堂「太郎」を目指すが、こちらは今日が定休日だったので、中華料理店「大興苑」の今週の定食「エビ・豆腐うま煮」に舌鼓を打つ……。
 その他、大阪や名古屋から沼津など各地方都市、そしてソウルやホノルルまで。
 定食と古書を巡る街歩きエッセー。


定食と古本
本の雑誌社
今 柊二

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 定食と古本 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



定食と文学
本の雑誌社
今 柊二

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 定食と文学 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



定食ニッポン
竹書房
今 柊二

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 定食ニッポン の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック