【親子でぶらり 学べるスポット】  来た、見た、変わった 日本科学未来館(東京都江東区)

【親子でぶらり 学べるスポット】
来た、見た、変わった 日本科学未来館(東京都江東区)

東京新聞2014年2月6日

http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokyoguide/info/burari/CK2014020602000163.html


画像

ひときわ目を引く有機ELパネルを使用した世界初の地球ディスプレーの「ジオ・コスモス」

 二足歩行ロボットASIMO(アシモ)が登場すると、家族連れや子どもたちから大きな拍手が。人気者を前に子どもたちは真剣に見入り、お母さんたちは携帯電話やスマホを取り出す。自己紹介の後、科学コミュニケーターに「走ることができる?」と聞かれると、見事に走り、「片足で立つこともできます」と言って片足立ちを。サッカーボールを蹴る際には、子どもに「ちゃんと取ってね」と念を押し、ダンスを披露して盛んな拍手を浴びた。

 「科学館というと、どうしても堅苦しいイメージがあるが、感覚的に楽しんでもらいたい」と話すのは、科学コミュニケーターの田端萌子さん。1階から5階の吹き抜けの空間に浮かぶシンボル展示「ジオ・コスモス」は、1千万画素を超える高解像度で、宇宙に輝く地球の姿を映し出す。「宇宙から見た輝く地球の姿を多くの人と共有したい」という宇宙飛行士の毛利衛館長の願いから生まれた。直径約6メートル、重さ13トンの地球を子どもたちは寝そべったりしながら、リアルタイムで刻々と変化する様子を楽しんでいた。

 ほかにも見どころは満載。常設展示「未来をつくる」では、未来社会を豊かに生き続けるための知を、「世界をさぐる」では、宇宙や地球環境、生命などを大きな視野で考える。

 田端さんは「高校生などを含め親子で語り合う機会になってくれればいい。未来館に来る前と来た後で世の中の見方がひと味違う、そんな体験ができるはず」と話す。 (門)

◆ひとこと
 「子どもだけでなく、保護者も一緒になって楽しんでください。それが一番、子どものためにもなりますよ」と国立科学博物館の小川義和学習企画・調整課長。

 ★日本科学未来館 江東区青海2の3の6、ゆりかもめテレコムセンター駅徒歩4分。5月6日まで企画展「THE 世界一展~極める日本!モノづくり~」を開催中。入館料大人1000円、18歳以下300円。常設展も観覧できる。常設展は入館料大人600円、18歳以下200円。原則火曜日休館(祝日や春、夏、冬休みは開館、2月11日は開館)。(電)03・3570・9151


画像


●足を延ばせば…
 ★東京都虹の下水道館 江東区有明2の3の5、有明水再生センター内。ゆりかもめお台場海浜公園駅徒歩8分。下水道に関する一般展示のほか、土日祝日や学校の長期休暇(夏休みなど)には、下水道にかかわる「お仕事体験」(小学生以上、約1時間)や有明水再生センターの「ガイドツアー」など豊富なプログラム。入館無料。原則月曜休館。(電)03・5564・2458

 ★船の科学館 品川区東八潮3の1、ゆりかもめ船の科学館駅下車すぐ。初代の南極観測船「宗谷」を展示。元乗組員らによるボランティアガイド(4~11月ごろ)も。リニューアル準備のため本館展示休止中。資料の一部は別館で展示されている。観覧無料で、協力金を受け付ける。原則月曜休館。(電)03・5500・1111


Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D ダブルズームキット
EF-S18-55mm/EF-S55-250mm付属
EOS60D-WKIT



画像





参考価格: ¥ 168,000
価格: ¥ 74,800 Amazon プライム対象商品です。
OFF: ¥ 93,200 (55%)





当店通常価格 74,000円 (税込 77,700 円) 送料込

商品紹介
EOS 60D本体、EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS、EF-S55-250mm F4-5.6 ISのWズームレンズキット

商品の説明
交換レンズ「EF-S18-55mm F3.5-5.6 ISまたはEF-S18-55mm F3.5-5.6 IS II」及び「EF-S55-250mm F4-5.6 ISまたはEF-S55-250mm F4-5.6 IS II」付属のダブルズームキット
◆約1800万画素CMOSセンサー&映像エンジンDIGIC 4
◆全域で低ノイズ、常用ISO感度100~6400(ISO感度拡張:12800)
◆ワイド3型・バリアングルクリアビュー液晶モニター
◆全記録画質を通じて最高約5.3コマ/秒の高速連写性能
◆高速・高精度に合焦。オールクロス9点AFセンサー
◆雰囲気を選ぶだけでこだわり写真。表現セレクト機能
◆マルチアスペクト機能搭載、ライブビュー撮影機能
◆先進機能を凝縮。フルハイビジョン動画撮影機能
◆撮った写真をアートに表現。アートフィルター機能
◆サイズや色彩、効果を選んで現像。カメラ内RAW現像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック