女性が先に定員オーバー!? 「鉄コン」大人気のヒミツ…『THE 鉄コン!in秩父』

女性が先に定員オーバー!? 「鉄コン」大人気のヒミツ
日刊ゲンダイ2014年1月31日 掲載

http://gendai.net/articles/view/life/147631


画像

次回は3月27日、レッドアロー号で(提供写真)

 町おこしと婚活合コンを合体させた“街コン”ブームが花盛り。ネットで検索すると、単なる飲み会イベント的なものも含めると毎週のように各地で開催されている。これで商店街に活気が戻り、結婚したい男女の婚活も成就すれば一石二鳥だ。

 で、通常は嫁探しに躍起の男たちがわれ先にと殺到するわけだが、ある街コンで異変が起きた。
「前回の募集では女性が先に定員に達し、キャンセル待ち状態でした」(担当者)という。

 注目の街コンの舞台は地方都市にあらず。意外や鉄道(臨時列車)の中。近畿日本ツーリストが2年前から西武や東武、小田急の特急車両を使って実施している通称“鉄コン”がそれだ。

 始発駅から参加者が“カップル状態”で乗り込み、途中で席替え。目的地で観光や昼食を楽しんだあと、帰りの車内で再びカップリングが行われる――形式だ。

「先週末から募集が始まった『THE 鉄コン!in秩父』は、6回目の“鉄コン”です。前回は女性枠がパ~ッと埋まってキャンセル待ちが出ました。男性と出会うチャンスがふんだんにある点と、ほかの街コンに比べてコストパフォーマンスがいい点が女性に支持される理由だと思います」(近畿日本ツーリスト株式会社ECC営業本部第1営業支店・亀井真一氏)

 通常の街コンはコンパ(飲み会)形式で2~3時間。参加費は5000~6000円だ。対して、「THE 鉄コン!in秩父」は、男性1万2000円、女性9800円。一見、高額だが、朝9時過ぎから夕方6時過ぎまでほぼ9時間、日帰り旅行感覚で合コンができるのだから、女も男も費用対効果はいいはず。

■電車内はラブラブシートでCPは高い

 参加者のメリットは、これだけじゃない。

「車内では男女が隣同士で座ります。しかも、事前アンケートを取り、“同じ趣味”や“希望する相手の年代”に極力配慮して席決めをする予定です。乗車時間は往復で約4時間。この間に2~3回は席替えをします。また、秩父到着後は、立食パーティーとフリータイムもあり、出会いもジックリ話すチャンスも多い。男性陣にも魅力があるはずです」(前出の亀井氏)

 いわば、朝の通勤電車で隣の席の女の子と新宿までの30分間フリーで話ができるようなもの。オジサン世代には懐かしい“合ハイ(合同ハイキング)”感覚といった方が分かりやすいか。いずれにしろ、電車内では強制的にラブラブシート状態。草食系男子諸君もチャンスあり、だ。

 なお、断っておくが、名前が「鉄コン」だからといって、参加者が鉄道大好きの“鉄男”や“鉄子”が集まっているわけではないので、鉄道知識がなくてもヘッチャラだ。

※募集中の「鉄コン」は3月22日(土)、西武鉄道のレッドアロー号を利用して実施。年齢は20~40代の独身男女。定員は男女それぞれ150人。同性2人で申し込むこと。
○(問)(電話)03・6891・9301

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック