【週替わりランチ】 キッチンカー 屋台のランチ  Mr.Chicken鶏飯店

【週替わりランチ】
キッチンカー 屋台のランチ  Mr.Chicken鶏飯店(シンガポールチキンライス・ホワイト)
東京新聞2014年1月10日

http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokyoguide/gourmet/lunch/CK2014011002000194.html


画像


◆脱ケチャップ、本場の味届ける

 「日本人の“チキンライス”のイメージを、ケチャップライスから、これに変えたい」-代表の加藤大夢(だいむ)さん(33)には大きな夢がある。

 シンガポールをはじめ、東南アジアにおける“チキンライス”は、ゆで鶏を、そのゆでたスープで炊いた米にのせたもの。現地では非常にポピュラーな庶民の味だ。

 加藤さんは、商社マンの父の赴任に伴って高校3年生まで9年間をシンガポールで過ごした。チキンライスには愛着がある。同じ夢を持つ親友が現地の有名店で修業。2011年、共同で移動販売店を開業した。「現地の味を再現して、本物を届けます」

 ネギやショウガ、ニンニクなどと煮込んだ鶏肉はもちろん、そこから染み出たうま味たっぷりのスープで炊いたジャスミンライス(高級タイ米)もおいしい。王道のゆで鶏は「ホワイト」(650円)、揚げ鶏の「ブラウン」(700円)もある。中華風しょうゆベースの「ダークソース」と「チリソース」を加えて、味を変えながら食べるのも楽しい。

 徐々にファンを増やし、一昨年、原宿に常設店もオープンした。一歩ずつ着実に夢に近づいている。(さりあ)

◆出没先は

◇田町、青山、有楽町、新橋、神田など。毎日2台が稼働中。原宿の店は渋谷区神宮前1の15の4。(電)03・5772・1931

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック