【限定 要チェック!】 歴史ある庭で 学び初め 都立庭園「お正月開園」

【限定 要チェック!】
歴史ある庭で 学び初め 都立庭園「お正月開園」
日刊ゲンダイ2013年12月27日

http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokyoguide/info/check/CK2013122702000176.html


画像

獅子舞も庭園に映える=北区西ケ原の旧古河庭園で(東京都公園協会提供)

 東京の文化財件数は、国指定だけでも2874件で全国1位。その中には庭園もある。かつては将軍家や大名、財閥の名士たちが所有した歴史ある9カ所が都立庭園として管理されている。このうち向島百花園を除く8カ所が1月2日から「お正月開園」を実施。2日と3日には新春ならではの催しで、来園者をもてなしてくれる。

 昨年は2日間で1万人もが来園した「浜離宮恩賜庭園」の恒例行事は「放鷹(ほうよう)術」の実演。将軍家の御鷹場(おたかば)だった場所にふさわしい。隣接する電通ビル屋上から舞い降りる“オオタカの急降下”が見どころ。女性の鷹匠(たかじょう)に注目も集まる。

 「旧芝離宮恩賜庭園」では伝統芸能の「初春三番叟(さんばそう)」を披露。

 金閣寺や銀閣寺と同じく「特別史跡・特別名勝」に指定されている国宝級の庭園「小石川後楽園」では神田囃子(ばやし)と獅子舞が見られる。

 ジョサイア・コンドル設計の洋館が有名な「旧岩崎邸庭園」では今夏、修復工事が完了したばかりの撞球(どうきゅう)(ビリヤード)室を特別公開(5日まで)。洋館内でミニコンサートも行われる。

 その他、六義園、清澄庭園、旧古河庭園、殿ケ谷戸庭園でもそれぞれに、獅子舞や雅楽演奏、羽根つきやこま回しなどの正月遊びを楽しむ企画などを予定している。

 期間中は「和装特典」もあり。各園先着30人に非売品の特製ぽち袋を進呈。着物に限らず作務衣(さむえ)でもOKだ。全園、立派な門松や正月飾りが施され、記念撮影場所には事欠かない。東京の歴史と庭園の奥深さで“学び初め”。にわか仕込み…になりますが。(村手久枝)


【浜離宮恩賜庭園】中央区浜離宮庭園1の1。
【旧芝離宮恩賜庭園】港区海岸1の4の1。
【小石川後楽園】文京区後楽1の6の6。
【旧岩崎邸庭園】台東区池之端1の3の45。
入園料は150~400円。9~17時(入園は16時半まで)。(電)03・3232・3038東京都公園協会

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック