40年間レンズで追い続けた 秩父の山塊 北本の高橋さん 写真集  (東京新聞2013年12月25日)

【埼玉】
40年間レンズで追い続けた 秩父の山塊 北本の高橋さん 写真集
東京新聞2013年12月25日

http://www.tokyo-np.co.jp/article/saitama/20131225/CK2013122502000152.html

写真集を手に「秩父の山の魅力をもっと知ってほしい」と語る高橋さん=北本市で


画像


 北本市の塾講師高橋正(ただし)さん(57)が、高校時代から四十年間にわたり撮影した山々の姿を収めた写真集「秩父・奥秩父の山塊(さんかい)」が、幹書房(さいたま市浦和区)から出版された。「美しい姿の山が身近にあることを多くの人に知ってほしい」と話す高橋さんは、来春以降の閉校が決まった秩父市の小中学校の子どもたち全員に写真集を贈った。 (谷岡聖史)

「秩父・奥秩父の山塊 写真集」高橋正著(幹書房 3,675円)


画像



秩父・奥秩父の山塊
幹書房
高橋正

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 秩父・奥秩父の山塊 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



秩父・奥秩父の山塊 [ 高橋正 ]
楽天ブックス
写真集 高橋正 幹書房発行年月:2013年10月 ページ数:160p サイズ:単行本 ISBN:97


楽天市場 by 秩父・奥秩父の山塊 [ 高橋正 ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


・発売日:2013年10月
・著者/編集:高橋正
・出版社:幹書房
・サイズ:単行本
・ページ数:160p
・ISBNコード:9784906799299

秩父盆地を取り囲む山々を踏破し、四季折々に移り行く情景を活写!

【著者情報】
高橋正(タカハシタダシ)
1956年2月、生まれる。埼玉県比企郡小川町に育つ。1958年埼玉県浦和市(現さいたま市南区)に転居する。1993年埼玉県北本市に転居する。現在、山と星の同人「アルプ」会員

 約三十年前の武甲山(ぶこうさん)(秩父市、横瀬町)、山歩きの愛好者以外にはほとんど知られていない陣見山(じんみやま)(長瀞町など)…。写真集(A4変型判、百六十ページ)には、一九七三年~今年七月に撮影された百九十三点が並ぶ。

 高橋さんが目指したのは、秩父のすべての山を体系的に紹介することだ。写真集に掲載した約三分の一の山は地元でしか知られていないといい、「人里に近い山まで網羅した写真集は初めてだろう」と話す。「奥秩父は絶好の展望台なんです」と、奥秩父から望む富士山や南アルプスの写真なども収録した。

 秩父に通い始めたのは、浦和西高校一年のときだ。大学卒業後に大手光学機器メーカーで技術者として働いたが、「元気なうちに好きなことをやりたい」と五十歳で退社。撮影が終わっていなかった山も次々とカメラに収め、十月に念願の写真集を出版した。

 四十年間で何度も通い、愛着を込めて「奥秩父の本家本元」と呼んでいたのが旧大滝村(秩父市)だ。
 出版が近づいてきたころ、来年三月に大滝小学校が、二〇一五年三月に大滝中学校が閉校になると知った。「何かできないだろうか」と考えた高橋さんは、今月十七日に両校を訪問した。

 計二十人の児童と生徒に一冊ずつ手渡すと、その場で開いて夢中で見てくれる子もいた。「こんなにいい山があるんだと、地元の子どもたちに知ってもらえたのがうれしいです」

 「秩父・奥秩父の山塊」は三千六百七十五円。問い合わせは幹書房=電048(833)6999=へ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック